2018年11月18日 (日)

旧東ドイツの話を聞きました。

先週の土曜日横浜市内のレストランで旧東ドイツ出身の方を囲み、「旧東ドイツ~遠い国と遠い時代への旅~」という、統一前の東ドイツでの生活についてお話を聞けるイベントがありました。

clip clip clip clip clip

旧東ドイツというと、合唱団好きの自分はドレスデン、ライプツィヒがまず浮かびます。あと、レコードのエテルナというレーベル。ドレスデンは子どもの頃に愛読したエーリヒ・ケストナーの生誕地でもありました。

話し手のMさんは音楽家ではありません。専門は地理学者。幼少からの目標は通訳や翻訳者になりたいという希望だったそうです。

でも通訳になりたいと言ってはいけないのです。語学の先生になりたいという表現が必要だったそうです。なんかわかりますね。その微妙な違い。

ロシア語は義務で、遅くとも小学5年生には始めるそうです。6歳から加入できるピオニール(Pioneers)という青少年少女の組織があり、14歳になると青いシャツを着るのですが、それが子ども心に誇りだったとか。

Mさんから聞いたお話は驚くことが多かったです。学校生活だけでなく話題は多岐に及びました。Stasi(国家保安省)の存在は聞いていても怖かったし、壁崩壊の頃の旧東独は大気汚染がひどく限界に近かったそうです。

プロジェクターを通して映し出された東西ドイツの地図は、黄色からオレンジ、赤、黒といくつかの色で塗り分けられていました。それは大気汚染の状態だったんですね。

工業地帯の写真は煙突から吐き出される煙で向こうも見えないほど。ですが当時からフィルター等で対応していた西側はほとんど汚染されておらず、地図上では黄色い塗り分けの安全圏。東側も北のほうは農業が主体だったので黄色い分布ですが、南に行くほどオレンジから赤が多く、都市部は黒く無理つぶされています。

都市部というのは、・・・ライプツィヒの周辺でした。

ドレスデンのあたりもオレンジから赤色の危険信号。

その環境下に、世界屈指の伝統ある合唱団がいたというのが驚きでした。学校生活そのものは、もしかしたら一般の学校よりも恵まれていたのかもしれませんが(よくわかりません)、空気をさえぎることはできません。

西の列車が通りすぎるとき、空気がひどいと窓を閉めたこともあったとか。

車を買うのにどれくらい時間がかかるかという話もunbelievableでした。日本でも売れ筋は入荷待ちという場合がありますが、待ちのレベルが違った。

注文してから手に入るまで、17~18年だそうです。子どもが生まれたら発注する。その子が運転免許を取れる年齢の頃には納車できるという具合だそうです。

街の風景も、戦後のまま?と勘違いしそうなほど、痛ましい建築物が残されていました。でなければ、味気ない箱みたいな団地に建て替えとか・・・。

それを考えると、ドレスデンの旧市街地が昔の面影を残す形で復元されているのはほっとする現実ですね。今も作業は継続中なのかな。

2014年10月の写真ですが、跡地を発掘しているのがありました。出どこを明記すれば写真利用しても良いそうなので、借りものですが発掘中のドレスデンです。
中心にあるのが複合施設の文化センターで、その手前に土くれたところがありますね。戦災で焼けた建物の基礎部分だそうです。

Image出典「近代建築の楽しみ」  

壁が崩壊して29年たちました。ニュースで見た壁を超えてくる人々の映像は、私にとっては20世紀最大の奇跡に思えました。その後ソ連も崩壊。91年の夏はフランスのサマースクールに遊びに行っていましたが、ドイツから来ていた学生が教室で新聞を広げ、「君はゴルビーを知っているか?」と私に訊いてきました。

「ゴルビーが監禁された。彼を助けたい」・・・と言っていました。今思うと8月のクーデターが起きた時だった。ドイツの学生はゴルバチョフを支持し、当時の揺れていたヨーロッパの情勢に敏感でした。

clip clip clip clip clip

21世紀に生まれた子供たちは、今の時代をしっかり生きています。


Dresdner Kreuzchor

clip clip clip clip clip


Muziekgebouw Eindhoven

| | コメント (0)

2018年11月16日 (金)

フランス映画 Rémi sans Famille*「 家なき子」

今気になっているフランス映画、「家なき子」 。

パリ木のFBに映画のエンドロールに私たちの名前が流れる・・・と書いてあり、どこでどんなふうに歌うのか、主題曲かい?と、わくわくしていました。

で、録音風景なんか公開されていますよ。heart01

素敵な歌です。フランス語の響きがいいなあ。

note cute note cute note cute

ただ、この映画が日本で公開されるかどうか、そこんとこが不明。

「家なき子」といえば、児童文学作品としても珠玉のもの。アニメにもなっている。

でも爆発的にヒットするとは思えないので、東京ならば恵比須とか新宿のちょっと行きづらい単館で上映するのではないかしら?

それでも自分は日本公開前提で、それを待つことにします。

そしてエンドロールでPetits Chanteurs à la Croix de Bois の文字を探して、見つけて、喜ぶ予定でいます。

| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

For the beauty of the earth

パリ木来日公演まで一か月を切りました。

http://billboard-cc.com/classics/pariki/

つい最近アップされたパリ木のコンサート動画を見つけました。録画時間が1時間52分とかで、やけに長いと思ったら、演奏だけじゃなく、開会閉会の挨拶、インタビューや先生方のお話しまで入っていました。インタビューアーが、横顔はとてもイケメンなのですが、どうも口下手みたいなの。お客さんはコンサートの感想をしゃべりたくて仕方ないんですけどね。笑  urlは下記↓

https://www.youtube.com/watch?v=c9rPsdQiDdk

ちょっと冗漫な感じもありここには貼りませんが、そのコンサートのセットリストに「For the Beauty of the Earth」がありました。勿論英語で歌っています。

「La nuit」を歌い終えたあと、カウント52分30秒からですが、ここでこの歌になるんだという印象でした。

今年の卒業式でも、英語で「You raise me up」を歌う場面がありましたね。いよいよパリ木も英語のレパートリーを普通にこなすようになったのかという思い・・・。アンコールで、もう一度「For the Beauty of the Earth」を歌っていました。

日本ツアーはクリスマス・コンサートなので、英語圏のクリスマス・キャロルは、やはり英語で歌うだろうなと思いますが、フランス語の歌も忘れないでね。叶わぬこととはいえ、本当は「C'est l'histoire」「Priere à Marie」など聞きたいです。そして「Musique Universelle」は永遠です。このコンサートでは胸に手をあてて歌っています。

notes shine notes shine notes

「For the Beauty of the Earth」を検索していたら、当たり前ですが結果イギリスに飛んでしまいました。イギリス事情にうといのですが、さわやかなので今日はこの2人で。

BBCラジオ2のYoung choristers of the year 2015で選ばれた聖歌隊員です。
・Angus君(当時11歳  Winchester College Chapel )
・Agathaさん(当時14歳  St Catharine's College Chapel)


CHOR GESANG - Das Musikmagazin

notes shine notes shine notes


CHOR GESANG - Das Musikmagazin

Young choristers of the year は今年もすでに発表されましたが、まだ映像はないようです。

| | コメント (0)

2018年10月28日 (日)

Libera 新宿文化センター 大ホール(10月21日)

先週の日曜日リベラのコンサートに行きました。日曜・月曜と2daysの日程でしたが、今回は私は一度だけにとどまりました。

深い意味はなく、ただチケットの争奪戦がすごかったみたいで、自分はそのへんはカヤの外の人間なのですが、たまたま最前列が取れたので、一日だけでいいことにしようと思ってしまいました。

でも正直、後悔しています。とても素敵なコンサートだったので、新宿文化センターは遠くていやなのですが、全国・・・いや海外から来ていた方もあったようですし、それに比べたら全然です。2日間行けばよかった。

最速の先行販売も知らずにいたので、その日から3日はたっていましたが、試みにチケット販売サイトを開けてみたら、おお!キャンセルが出ていたんですね。

りべコン最前列は、なんとなんと13年ぶりでした。そう・・・初来日以来の快挙。ほぼ奇跡だった感じです。

目の前にはダニエル君がいました。ステージが高いので少し見上げる感じで目を向けると、まつ毛の影が見えるくらいに近く、声も良く聞こえてきました。マイクをつけていますが、肉声として私の耳には届いてきました。(気のせいかもしれないけど・・・)

clover note clover note clover

東京から名古屋、大阪へのJapan tour "Beyond" 2018 は26日で終了しました。

プログラムは

第一部
Joyful Joyful ;ジョイフルジョイフル
The Prayer ;祈り
Ave Maria(Priseman);アヴェ・マリア
Stay with Me ;ステイ・ウィズ・ミー
Ave Maria (Caccini) ;アヴェ・マリア
Amazing Grace ;アメイジング・グレイス
In Paradisum ;楽園にて
For the Future  明日へ (日本語歌詞)
Voca Me ; ヴォーカ・メ
Orinoco Flow ;オリノコ・フロウ

第二部
I am the Day;生まれ来る日
From a Distance ;フロム・ア・ディスタンス
Wayfaring Strenger ;さすらいの旅人
Angel ;天使のくれた奇跡
Sanctus ; サンクトス(パッヘルベルのカノン)
Salve Me ;サルヴァ・メ
Eternal Light ;エターナル・ライト
Nearer, My God, to Thee 主よ、みもとに近づかん
Libera ;リベラ

アンコール
Smile ; スマイル
For the Future  明日へ    共演:アリオサ児童合唱団

これはプログラムを転記したセトリですが、「Nearer, My God, to Thee」はプログラムには記載がありません。最後の曲を紹介したあとに、『その前に少人数で賛美歌を歌います』と紹介され、そんな流れだったと思います。

clover note clover note clover

私はリベラのリアルタイムでの情報に疎く、顔と名前は来日時は人から教わり覚えていますが、次の来日公演までには8割がた忘れています。

今回もコンサート終了後に友人たちから聞いているので、演奏の最中はただ「きれいだな」と思いつつ聴くばかり。誰がソロだったとか、ここではそういった説明はほぼできないんですね。ご了承ください。

一曲目の後に昨年と同様にMCが始まりましたが、まず第一印象が「あっ、太一君が小さくなった」・・・・いや、そんなわけないんですが、それほどまでに太一君によく似た少年がいました。

洸司(コウジ)君だそうです。太一君の弟さんなのね。声も話し方も似ている。

リベラの紹介に始まり、コウジ君とダニエル君は同じ9歳。リベラとして日本の来るのは初めてとのこと。では~から「歌い始めます」という文言も、かつての太一君と同じ言い方でした。文章を考えている人が同じなのかな。

ダニエルのソロは9歳とは思えない音程の確かさで、イギリス的な上品な英語で素敵でした。オケはステージ後方に一列になっていますが、リコーダーの伴奏をする演奏者はステージ右の隅の方に立っていました。

Ave Mariaはただただ、美しかったです。プログラムに書かれてあった順番ではなく、プライズマン作曲のほうが先に歌われました。キーが高いので、ソロは高音が少しきつかったように思われました。それでも繊細なソロは胸にしみました。

Stay with me の時、バックからハイノートなソプラノが聞こえますが、ソリスト君はステージ右奥の端に立って歌っていました。伝統的リベラサウンドは、長く受け継がれているなと実感です。

プライズマン氏はステージの下・・・つまり会場通路から指揮をしますね。ステージでboysがどのようにフォーメイションを変えようと、指揮者とboysが立ち位置で影響を受けあうことはありません。その考え方が一般の合唱団と違います。

カッチーニのアベ・マリアも変わらずに美しかったです。儚さとたおやかさが同時に感じられる不思議感。もともとこの曲が、リベラのCDを買うきっかけでした。

ロッコのソロが素晴しかったです。リベラのメンバーは独特な発声をするように思います。でもロッコはクラシカルな歌声で、ふわっとしたリベラの中では個性的。なんかトーンが哀しげで、それもいいんですね。

彼のことは昨年の来日で知りましたが、このコンサートでソロを聴けて良かったです。

Libera Official    solo:Rocco

日本語の歌詞で歌われた「明日へ for the future」は、メジャー音で始まる旋律だし泣かせるために作ったわけじゃないと思いますが、英語を聴いて理解するより千倍もダイレクトに感じるのは、やはり日本語だからでしょうね。励ましてもらっている気がしてくる。優しく強い曲です。

聞くまではリベラと日本語?という違和感があったのですが、実際に聴いてみるといかほどのためらいもなく泣かされている自分がいました。

第二部では、ムースが登場しました。世界中を旅するマイレージポインターのムースなんですと。そして、From a Distanceが愛らしかったです。

そして何よりうれしかったのは、今回もタイタニックの讃美歌を聴けたことでした。

Nearer, My God, to Thee「主よみもとに近づかん」 は讃美歌320番ですね。コウジ君が最後の曲を紹介したあと、その前に讃美歌を歌いますと紹介して歌ってくれました。

5~6人だったと思いますがしっかり数えたわけではなく、重なって見える向こうにもメンバーがいたかもしれません。ただ少人数だったこと。マーリンやロッコがいたこと。

このためにウォータープルーフのマスカラをしていったようなもので、会場が暗いから泣き顔を見られることもないだろうと思い、存分に泣かせてもらいました。タイタニックまたは、「フランダースの犬」でネロが天に召されるときの讃美歌です。リベラだけが歌ってくれるね。

それからアレックスM君がアルトパートで重唱に参加していましたが、リベラではっきりしたアルトの声を聴くのは、私には珍しかったです。

今回のコンサートは、セトリが良かったのと、アレンジが良かったのと、なんか伝わってくるものが大きかったです。リベラの定番曲の中でも懐かしいなあと思うのが多く、それに新しいCDからの選曲で新鮮味もありました。

相変わらず名前がわからない(というか、覚えない)のと、チケット取りでいささか疲れちゃったのをのぞけば満点星です。来日した翌日の夕刻からのコンサートでしたが、12時半ごろには会場入りしてリハをやっていたようです。それから名古屋、大阪、ファンクラブイベントと、過密スケジュールでしたが、初来日のメンバー君たち日本を楽しんだかな。

サイン会で並んでいるとき、太一君を見かけました。颯爽とした中学生になっていました!

リベラっ子の次の来日を楽しみに待ちます。どうも、ありがとう。heart02

clover note clover note clover


Libera Official

clover note clover note clover

Dsc03825_640x477開演前、調音の響きが緊張感を誘います。

Dsc03835_640x479プログラムのカバーをはずずと裏側に全員が並んだ写真があり、そこにサインしてもらいました。

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

WSK ニューアルバム 「Strauss For Ever」 を聴きました♡

新しいアルバムが届いて、じっくり堪能できました。

_20181007_162206_640x640

これは新しいアルバムのジャケットとなったライナーノートの表紙と、下は1999年これまでのシュトラウス録音では最後となっていたCDです。昔のCDってだいだいこんなふうに、アウガルテンの階段に並んでいるようなのとか公園で撮った記念写真的なのが多かったですね。

ルーカス・ベック氏が公式の写真を撮影するようになってからすごく変わりました。

合唱団という個人が存在しない形から、boysの個性を生かした構図が増え、今回のCDも素敵なデザインです。boys的にもいけてるヤツだと思います。

まずは録音データから。

・ ライナーノートには4人のカペルマイスターの名前が記載されています。
・ ソリストは元ブルックナーコアのRobert君
・ 総指揮は、ゲラルト・ヴィルト氏
・ オーケストラは、サロン・オーケストラ「AltーWien」
・ 録音日は、2018年3月~4月、6月

ライナーノートには録音風景の写真がたくさん掲載されています。ブルックナー、ハイドン、シューベルトの各コアの写真はありますが、モーツァルトコアはなさそうです。この撮影のときに、たまたまいなかったのかもしれないですね。特に記載はないので、全部のコアが参加したことも考えられます。

ソリストはRobert君の名前だけが書かれていました。でもソロの入る曲はいくつかあるので、すべてRobert君なのかどうか、それは不明。

ソプラノソロの声の特徴は、ビブラートがほとんどなく、あくが無く、歌い上げる感じではなく楚々とした品が漂います。でもふわふわした印象ではなく、クリアな歌い方と正確な音程で、清々しい余韻を受けました。

note * maple *note * maple * note

トラック1「休暇旅行で」は、ニューイヤーコンサートのシーンがイメージに浮かびます。元気のいい出だし、このCDへの意気込みを感じますね。

2曲目もポルカ。この「水兵のポルカ」を初演した日本ツアーのブルックナーコア。曲を紹介したのはLeander君でした。海外ツアーのフェリーの上で、カッペを風に飛ばされたことのあるLeander。ハスキーな声を今も覚えています。

歌詞を知りたくて根性で検索していたら、・・・2015年ボミ先生時代のモーコア、アメリカツアーのプログラムがヒットしました。楽しくて♫ Ho pan pan~と、簡単なところだけ一緒に歌っています。

日本でのモーコア・コンサートでも、この曲を歌う時のお気に入り君の表情とか絶対忘れないですね。特に♫ zur Lücke zur Lückeのところ。ピンポイントで語感が好きです。

余談ですが、アメリカツアーでは、「ソーラン節」や「おおシェナンドー」、ヴェルディの「Va, pensiero」 なんかも歌っていました。

さて、軽快な曲が続いたあとに、堂々たる「皇帝円舞曲」が続きます。演奏時間は10分10秒。楽しみにしていた録音でした。

この曲は映画「美しく青きドナウ」(Almost Angels)のほぼ冒頭場面で流れ、オープニング・クレジットの中に64年組のカペルマイスターだったフロシャアウアー先生の名前があります。オールドファンにとって忘れがたい導入シーンですね。

そして現役ファンとしては、昨年のモーツァルトコアの千秋楽。会場の熱気の中で、静かに始まったルイス先生のピアノ前奏。それはツアー最後に聞かせてもらったフル演奏であり、優美なモーコアの合唱を導く最高の演奏でした。

このあとに聴くと、トラック4の「山賊のギャロップ」が短く感じますが、ライナーノートによれば、こうしたテンポの速い曲について、「複雑なルネサンスの曲よりも、歌う上では難しい」とヴィルト先生が述べられています。

コンサートであまりに易々と歌ってしまうので、つい私たちはその難しさを忘れてしまう。テンポの速い曲は子供たちが好きで楽しそうに見えますが、それは練習を重ねた成果なのです。この録音ではアルトを歌う声も聞こえて少年の快活さを感じます。BastianとJitsuhiro君がガッツで歌っていそうだね。

ハイドンらしさいっぱいで好きな動画です。


Wiener Sängerknaben / Vienna Boys Choir (official)

note * maple *note * maple * note

「ウィーンの森の物語」の始まりは実に素敵。オケの演奏の合間に、そっとツィターの音が聞こえてきます。古い録音の「ヨハン大公のヨーデル」を思い出しますね。オーストリアらしさ100%です。それからようやく、いつものリズムで歌が始まりますが、待つ間の気持ちの高まりがいいのね。

優雅に歌う♫Lalala~のメロディ、数名のアンサンブルのような感じもする。デュエットかもしれぬ。ソプラノが少し弱いような気がしました。・・・せっかくの美しい重唱ですが、実はオケの音が少々じゃまな時もあります。
録音風景の写真ではRpbertとJeongmin君が並んでいるので、この2人のデュエットかしら?とか、妄想でおとぎ話が作れるなあ。

このCDには歌詞カードが付いていませんが、バブルの頃の日本版は豪華歌詞カードがありまして、解説も丁寧です。この部分は

♫ Lala lala lala~ Liebeslust, Liebesleid
   immer gleich jede Zeit,
   wenn der Frühling erwacht,
   holde Liebe dir lacht.

対訳は、「愛の喜びと愛の悩みは いつの世にも いつも同じ、 春がやって来た時には やさしい愛が微笑みかける」  by高橋義人

「浮気心」の原題は「Leichtes Blut」、easy-going, carefree, light of heart なのだそうで、長らくこの日本版タイトルに疑問を感じていたので、悩み解決しました。ウィーン気質を歌っているんですね。

「春の声」は、一番好きですね。アレンジがお洒落です。ソプラノとアルトの構成はわりとはっきりしていますが、ソプラノは繊細でそれを支えるアルトが安定した歌声。ソプラノ・ソロは複雑にコーラスとからみ、リズミカルで三次元的な面白さ。そのぶん歌うのはタイミングも難しいと思います。歌詞と照らし合わせて何度か聴いたけどわからん。4つ目のワルツのお終いのほうかな、♫ah ah~  あれは一人で歌っているの?と素人は思ってしまう。それとも録音技術でしょうか?(こんなオバカなこと書くと、音楽やっている人に笑われる・・・)

私が持っているこの曲のイメージは、ソプラノ歌手がトリル全開で華やかに歌い上げるものですが、このCDの春は、少年たちの合唱ありきでソロがフィーチャーされているので、さわやかさで優しいですね。これもソロが誰なのか気になりますが、Robert君だと思って聴いています。heart02

note * maple *note * maple * note

同じような感想しか書けないので、いきなり飛ばします。

最後の曲「永遠に」は、この間も書きましたが、2013年にボミ先生のモーコアが歌いました。それが日本初演で、この年はウィーンの名曲として、シュトラウスだけで6曲歌っているんですね。今思えば、頑張ってたんだと。なんか無責任ですが、歌詞の量が多いので暗譜は大変。そういえば確かこのとき、青きドナウは短くはしょられていたような気がする。

珍しい曲とあって、この「永遠に」の歌詞は調べても出てこない。歌詞も内容もよくわかりませんが、ポルカ・シュネルで勢いがあるので、エンディングにピッタリかと。・・・ほんと、歌詞知りたい。weep  おまけに私が購入した盤はライナーノートに落丁があり、「For ever」の英文解説のページが飛んでいるんです。(交換してもらえるか問合せ中)

このCD、優雅な部分とアップテンポで軽快な部分と両面を持ちますが、全般的に「圧」がなく、何度でも繰り返し聴けます。合唱の前にオケの演奏が相当長い曲も多く、合唱曲という枠を超えて新しい展開を感じました。アレンジも重くなく、ウィーンの今の空気をまとった演奏と思います。

歌声は若々しく、少年らしい。1999年の録音も再び聴いてみましたが、大人っぽくきれいですが、没個性の歌声に感じます。昔とは発声が違うのかもしれないし、自分の耳も変わったんでしょうね。

シュトラウスを歌い継ぐのは、ウィーン少のミッションでもあります。前回の録音から20年近いブランクです。次回はまた20年後では、自分は虹の橋の住人になっているかもしれない。その時は虹の橋に集うオールドWSKに、目の前で歌ってもらいましょう。

note * maple *note * maple * note

Robert君 ソロ ・・・・今年高校生になりました。


Chor Gesang - Das Magazin

| | コメント (8)

«クライストチャーチ大聖堂少年聖歌隊* New Zealand