« リベラ オーチャードホール | トップページ | 満州黄が満開 »

2012年4月22日 (日)

また春に

 3月の三寒四温のように寒い日が時折入るせいか、玄海ツツジなどは例年よりも花もちがよいように思われる。それでも小さな草花は日ごとに形を変えていく。園芸熱を維持するため、節約を少し解禁して、メリーさんでクレマチスの苗を4種類も買った。メリーさんは私が知っている花屋で一等安い。それからホームセンターでバラの1年苗を2種類購入。これも1年物だから、いきなり花は咲かないけれど値段は安い。何より育てる楽しみが増す。来年、再来年が待ち遠しくなり、モチベーションをさげずに引っ張るのだ。
 これだけはと思いフリチラリアを撮影した。かわいいシックなチェッカーの模様は誰が作ったのか、空に向かって問いたくなる。センスありすぎ。
 そしてアメモネ・ネモローサ。八重咲き一輪草。これは園芸種と思うけれど、ちょっと野性味があって、毎年会えるのが楽しみな花。素朴なヒトリシズカも、この時期に土くれを葉の先につけたまま、背比べをするように現れる。ひ弱そうだけど、ずいぶん増えたと思う。そのうちこの白い花穂が虫に食われてしまうのだ。今が一番可愛らしい。

12apr1501

12apr2103

12apr2102

|

« リベラ オーチャードホール | トップページ | 満州黄が満開 »

Gardening」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リベラ オーチャードホール | トップページ | 満州黄が満開 »