« ゲンさんは元気 | トップページ | リベラ オーチャードホール »

2012年4月 8日 (日)

4月の愉しみ

 庭づくりをやっていると、春という季節が途方もなくうれしい。霜柱でがちがちだった土がほろほろと柔らかくなり、そこから芽を出したり開花する花たちに囲まれる日々。それが春。ただし、その歓びにひたるためには、秋と冬にそれなりの準備が必要になります。今年は・・・・と言おうか、今年もその準備を怠っていたせいか、庭はいまいちであります。
 我が家の老犬ゲンさんは、10月に肝臓の病でまた生死の境をさ迷いました。医療費も相当かかったし、先が見えない治療に限界も感じたし、そんな時に4月の庭のことなど考える余裕はなかった。ようやくワンコの食欲がもどりつつある中で、せめてチューリップだけでもと思い、売れ残った品種を買ってきて植えました。こだわって通販で取り寄せたり、有名デパートの球根売り場に足を運んで選びに選びぬいたりしていた過去を思うと、私にとってのガーデニングとは何ぞやという気持ちになります。醍醐味の一つであった園芸カタログをめくることも少なくなりました。園芸カタログ秋冬号は来るべき4月への計画上必須のものであり、手帳は園芸メモでいっぱいでした。
 ようするに飽きたんじゃない? と言われたら、まあ大幅には否定できないけれど、飽きたわけではなく、「慣れた」もしくは「普通になった」ので、心に余裕がないと打ち込めない。などなど、どうでもよいことを一人で問答しておりました。そんな人間のかってにはかかわりなく、今日あたりの庭は、多年草や木々の新芽、植えっぱなしの球根が律儀に花を咲かせるせる準備をしています。ゲンさんも元気になったので、昨年来の庭のかたずけをしようかと思います。まずは、古い土から。

12apr701一昨年の秋か冬に買った八重のオリエンタリスが開花。1年苗だったのでどんな花が咲くかと思っていたら、スポットのない清楚な美しさとちょっとピコティ入って素敵です。

12apr708
毎年ヨトウムシか何かイモムシ系悪い奴に食べられてしまっていたフリチラリアの花。移植したら立派なつぼみがつきました。この場所はイモムシがいないらしい。

12apr706
これは変ですね。プリムラのゴールドレース。今年一番めの花は花弁も花色も安定していない。どうしたことか。

12apr704
レギュラーメンバーのタチツボスミレ。あ~春だねと思う。

|

« ゲンさんは元気 | トップページ | リベラ オーチャードホール »

Gardening」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゲンさんは元気 | トップページ | リベラ オーチャードホール »