« セント・ジョンズ・カレッジ聖歌隊の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 | トップページ | パウルの微笑み »

2012年8月17日 (金)

夏休み、だけど粉雪が舞う

夏休みが終わりました。今日は午後から出勤。
例年より自分の時間が多く、山積する家事をいろいろこなせた休みでした。
姪や甥も成長し、これからはこんなふうな静かな日々になるんだろうなと思います。

夏だというのに、またクリスマスの映像です。古いレコードを中古店で探し回っていた時に見つけたクリスマスアルバムは、ギレスベルガー先生の頃の録音で、その中に入っている「Leise rieselt der schnee」(邦題:粉雪が舞う)がクリスマスで最も好きな歌になりました。

イワン&マティアスの穏やかコンビに癒されます。私は虫眼鏡でパウルを探しました。エンリコとユアスの間にいる子が、チラチラと横を向いたり、体が斜めに傾いだり、顔が揺れてる・・・。でもフル画面にして確かめたら違っていました。ただこの映像は解像度が結構良いので、拡大してみても大丈夫ですね。

|

« セント・ジョンズ・カレッジ聖歌隊の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 | トップページ | パウルの微笑み »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セント・ジョンズ・カレッジ聖歌隊の「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 | トップページ | パウルの微笑み »