« メガネツユクサなど | トップページ | VIEVOX かつてのsängerknaben »

2012年10月 7日 (日)

植物の生命力

 庭に植えっぱなしのロリーポップのような色合いのユリがあります。どこから来たのか不明です。実生の頼りない芽は、最初の年は父が雑草と一緒にちぎってしまいました。ユリみたいだと気づいていたのは私だけでした。翌年も芽を出したので、掘り起こして場所を変えてあげました。たぶん三年目ぐらいにようやく花が咲きました。まだ細く折れそうな茎にようやく一輪だけ咲いたのです。今では3本の茎が立ち、毎年たくさんの花をつけてくれます。父が他界して13年になりますから、このユリがうちの庭にやってきたのは、15年前かそれ以上になるかもしれません。

 今、実生で旺盛に育っているのはアケビです。どこかで見た葉の形、サンキライかなと思っていました。りース作りでよくサンキライを花屋で買っていましたから、あの赤い実が落ちて芽が出たのだと思っていたのです。でも近所を散歩していたときに、同じ葉とツルをフェンスに絡めているのが目に入りました。そんなお宅が何軒かありました。そうして、サンキライではなくアケビだとわかったのです。いったいどこからアケビの種がうちの庭にやってきたのでしょう。アケビは食べたこともないので、ちょっとがっかりもしましたが、せっかくここまで育っているのだから、来年はツルを誘引してあげようかと思っています。

 一時間ほど前に雨があがったので庭に出てみました。そこでおかしな場所からアジサイの葉が出ていることに気づきました。どうしたんだろうと、そばに寄ってみて思い出しました。クレマチスの支柱にと、冬の間に枯れ上がったヤマアジサイの枝を数本折って、地面にさしておいたのです。この暑かった夏の日にも水をやるでもなく、ただの棒っきれと同じようにしか思っていなかった枯れた枝から、綺麗な緑の葉っぱが出ています。「黒姫」です。あの青い花がいずれ咲くでしょうか。
 「すごいにもほどがある。」植物の生命力に、感動というより、なかばあきれて脱力してしまいました。

P10208101
                   アケビ

P10208081
               ヤマアジサイ

P10208111
            こぼれタネから鉢いっぱいに増えたスィートアリッサム

|

« メガネツユクサなど | トップページ | VIEVOX かつてのsängerknaben »

Gardening」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メガネツユクサなど | トップページ | VIEVOX かつてのsängerknaben »