« 1980年来日組 テレ朝のモーニングショー | トップページ | 三人の童子の衣装 »

2013年9月29日 (日)

1954年のウィーン少年合唱団

メトロポリタン美術館で所蔵していたフィルムです。

1954年クリスマス、え~っ・・・これ本当にウィーン少ですか? と思いながら見始めました。カソックとサープリスも見慣れないし、ここまで古いとさすがに好きとか素敵とかいうことを超越して、「・・・」という感想です。ところが、最後尾の男性の横顔が映ったとき「あれ?」と思い、その人が前に進み出て指揮を始めると、「やっぱり、トラック先生だ」と、自分的には確信しました。

ゲルハルト・トラック(Gerhard Track)さんは、1955年に初来日したときのカペルマイスターです。そういう目でもう一度見てみると、列の2番目左側にいる少年が、タイマー先生(Uwe Theimer)の団員時代の姿に似ています。 (1955年来日、67年・69年にはカペルマイスターとして再び来日)

映画「野ばら」で、二人が出演しているシーンがありました。

「プエリ・コンチニテ」をソロで歌っているのがタイマー先生、そして2分13秒ぐらいからオルガンを弾いているのがトラック先生ですよね。そうしたらこの古い映像も、トラック隊なのかもしれないと思ったりします。

さて、その当時のレコードでモーツァルトの「戴冠式ミサK317」ががあります。モーツァルト生誕200年記念としてルドルフ・モラルトの指揮で録音されたものです。レコードに録音年は記載してありませんが、記念のマーク(モーツァルトの横顔)に1756-1956という文字が書かれています。そのレコードがこれです。

Moralt
サイド2だけがウィーン少年合唱団の演奏です。
珍しくソリスト団員の名前が、Friedemann Wonesch(Knaben-Sopran) Werner Krenn(Knaben-Ait) と記載されています。この名前が、1955年に来日したメンバーの中にありました。もしかしたら、このクリスマスの映像の中にもいるかもしれません。

Wsk_k317

録音風景が、ジャケットの裏面に掲載されていました。50年以上まえの写真だから載せても大丈夫でしょうかね。残された録音と写真を見たりすると、なんとなく知らない時代でも思いが馳せってしまいます。・・・・・おばさんの妄想です。sigh 今日は、妄想と推測の記です。念のため (^_^;)

|

« 1980年来日組 テレ朝のモーニングショー | トップページ | 三人の童子の衣装 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1980年来日組 テレ朝のモーニングショー | トップページ | 三人の童子の衣装 »