« 2014年のプログラム | トップページ | レコードジャケットにこだわる »

2014年1月26日 (日)

キルトフェスティバル2014

 NHKのキルトフェスティバルに今年も行ってきました。
誘ってくれる知人があって、ようやく小さなパッチワークを仕上げ、フレンドシップキルトに送るのが、今の私にとっては一年に一度の針仕事です。(あとはボタン付けぐらいですよ。)日本中から参加するプロ級の方々の大作を見るにつけ、定年退職したらキルト作りをしようとか思うのですが、まあ「・・・・したら」と思っているうちはだめだってことは、ちゃんとわかっております。
 今年の目玉展示はムーミンの世界を布と糸で見事に再現した、斉藤謠子さんのキルトです。ポスター等の表紙にもなっているのがこれ。

P1030938001

 この作品を間近で見るために&撮影するために30分以上並びました。想定外の行列でしたが、並んだ価値はあります。

P1030935002

 見よ!この細かなキルティングを。私にとってはミクロ世界の細かさであります。しかも雪の結晶が見えますか。このような感性で創作に取り組んでいるグループの方々の作品が、他にも多数展示してありました。ムーミンに登場するキャラクターやモチーフはいろいろあるので、「世界」 を作るのはすごく楽しいと思いますが、ここまで再現するのは容易なことではありません。すごいです。拍手です。
 一般の方の作品も勿論すばらしく、もう少しすいていたらもっとゆっくりと鑑賞できたのにと思います。とにかく年末のアメ横か、出勤時間の駅のホーム並みに人、人、人。
 今年もフレンドシップキルトに1万人以上の人が応募したことでしょう。それらを82枚のキルトにしてくださった縫い方のみなさんに感謝いたします。

|

« 2014年のプログラム | トップページ | レコードジャケットにこだわる »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年のプログラム | トップページ | レコードジャケットにこだわる »