« アルプスの民謡 | トップページ | 春を謳歌する歌など »

2014年3月15日 (土)

Konradのソロ

 2007年来日のブルックナーコアの記憶がしっかりしている方いらっしゃいますか? カイ君が来た年です。ハナマルとかで日本人の団員が来たあっと騒がれた年です。

 当時のプログラムを見てもなかなか思い出せないのですが、「涙そうそう」を歌ったときか・・・と。おぼろげにボケボケ記憶を引っ張り出している状況です。

 Konrad君と言えば、前にコメント頂いて、「シルクロード」のCDでソロをとっているとのこと。聴きなおしてみると、トラック22、23でしょうか。

 昨年オンラインショップで、MP3の音源を購入しました。響・信太郎君が歌うメンデルスゾーン2曲、他にブルchörの「ガウダーテ」と「野バラ」。こんなところに「ガウダーテ」の録音があったという驚きもさることながら、「野バラ」が素敵でビックリでした。
 これまでにシューベルトの「野バラ」を録音した人は本当に少ないんですよね。70年代に一度・・・くらいじゃないですか。上手だなと思いましたけど、悲しいかな思いだせない…。それでも2007年のコンサート・メモを見ると、「すずらんと小さな花」を、Sebastian君とデュエットしていました。

 毎年来日して嬉しいのですが、思い返す暇もなく翌年の来日コアの情報が来てチケットの売り出しが気になってと、なんだかじっくりかみしめてないなあと思う今日この頃であります。もったいないですよね。かつて3年に一度来日していた頃、少女雑誌の写真を食い入るように見つめていた頃、よーく思いだして、一回一回の公演を大切にしなくちゃと猛省の自分であります。

Mozart "Die ihr des unermesslichen Weltalls Schuöpfer ehrt"「無限なる宇宙の創造者を崇敬する汝らが」

Herbeck "Pueri concinite"

"Kalinka"

|

« アルプスの民謡 | トップページ | 春を謳歌する歌など »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルプスの民謡 | トップページ | 春を謳歌する歌など »