« 春になりにけるかも | トップページ | マルセリーノの歌(Marcelino Pan y Vino) »

2014年4月13日 (日)

ラシーヌ雅歌 

 東北大震災の年に確か来日中止になったモナコ少年合唱団をYoutubeで検索したら、フォーレの「ラシーヌ雅歌」を歌っている映像がありました。でも自分としてはパリ木の録音が好きで、久しぶりにCDを聴いてみたのですが、やっぱりとっても良くて・・・・、でも残念ながらyoutubeには上がってないのですね。

 フォーレは美しい曲が多いですが、「ラシーヌ雅歌」の旋律は心に沁み入りますね。17世紀の詩人(劇作家)ジャン・ラシーヌが書いた詩にフォーレが曲をつけたのだそうですが、神を讃える詩で、「ラシーヌ讃歌」と訳されることもあります。

 合唱としての完成度からいえば、セント・ジョンズとかニュー・カレッジの録音は涙が出るほど素晴らしくて、youtubeのアクセスカウントも10万を優に越えています。でも大人の声が勝っているので、自分としてはもっとボーイズの声を聞かせてよ・・・と思っていたら、こんな映像がありました。

 なんて読むの?キルヤワンですか? フィリピン、マニラの合唱団らしいそうです。今日は疲れ果てているせいか、静かに目を閉じて聴いていると、細胞のひとつひとつまで、綺麗に復活していくような気がします。

 Championship round 5th World Choir Games in Graz, Austria と書いてありました。

|

« 春になりにけるかも | トップページ | マルセリーノの歌(Marcelino Pan y Vino) »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春になりにけるかも | トップページ | マルセリーノの歌(Marcelino Pan y Vino) »