« ドリームライブ2014~(NHK)を見て | トップページ | WSK6月7日(ミューザ川崎) »

2014年6月 1日 (日)

5月31日(土)WSKオペラシティ

 昨日は今年初めてのオペラシティ公演でした。

 サントリーホールでのヨーデルのパフォーマンスが素敵だったので、こちらの会場ではどうするのかなとか、いくつか違っていた点、それから同じだけどやっぱり素敵だったところなど感想書きます。

 「サルヴェ・レジナ」は左右の通路から歌いながら入場しました。ソプラノ側の1番前はフローリアン君でした。(きらきらして見えたdiamond)先生はアルト側の通路の最後尾でゆったりと歩いていました。「アヴェ・マリア」の前に挨拶と曲の紹介があるのですが、先生の手からメモ用紙が消えて、かっこ良くマイクを持って余裕の雰囲気でした。日本語もなめらかで、いったいどうされたのか。練習?

 「スターバト・マーテル」 これは私見ですが、ピアノの伴奏の音量がコーラスやホール全体の音響などにしっくりとあってきたように感じました。すごい上目線な言い方で怒られそうですがm(_"_)m、最初の頃はパワーがありすぎるように思っていたんですね。
 「金曜日の午後」を演奏するルーカス君のピアノは本当に素晴らしいです。伴奏でありながら、ピアノ独奏の響きもあり、合唱とあいまって情景が浮かぶようです。彼はウィーンでピアノの賞を受賞しているそうですね。

 「サウンド・オブ・ミュージック」から3曲。ドミミ・ミソソ~で誰が歌ったか、早すぎてやはり覚えられませんでしたが、ラシシはヴィンツェント、ジーノ、ニコラス君並んでる3人でした。「エーデルワイス」、今回は近くの人々の頭の間からちょうどタミーノ君の指先が見えたので、それこそがん見してしまいました。ネックを押さえる指が美しく、また結構複雑なコードを押さえていましたよ。

 「ザ・ロンゲスト・タイム」 前回のBプロでは、ずいぶん思い違いというか記憶違いをしておりました。おばさんなので乞う、ご容赦。m(_"_)m 
 「ウィーン」を歌い終えてステージ袖に向かうフローリアン君。ピアノの陰からトランクを出して先生が後を追います。肩をたたいて呼びとめ、「トランク忘れてるよ」みたいな感じでフローリアン君に見せます。トランクを渡すと先生はそのまま舞台裏に撤収。フローリアン君は口笛を吹きながら舞台中央に戻り、トランクにまたがって歌いだします。・・・こんな筋書きでした。あっ、歌う前にガブリエル君が「ボンボンボン」の出だしやってましたっけ。駄目ですね。やっぱりおばさんのメモリー機能はこれっくらいです。で、あとは踊る踊る。振付もね、ちょっと思いだしました。脇を占めてぎゅっつと力をいれる振りが可愛かったです。

 ヨーデルは、1階のSブロックとAブロックの間の通路アルト寄りに。ルーカス、タミーノ君、ソプラノ側2階席にジーノ、フローリアン君がいました。2階からの声が響き渡ってる感じでした。この日は民族衣装は無しです。

「オーセ・シャローム」 初めて聴いたときから気になっていたのでググッてみました。これはイスラエル語ですか?
 ♪Osse shalom bimromav ~イライジャ君のソロで始まり、♪Iaasse shalom Iaasse shalom Shalom aleinu veal Kol Israel の繰り返しがアップテンポになっていきます。最初は物哀しい旋律ですが、次第に力強くなっていく印象に残る曲でした。

 「おお、シェネンドー」 ジーノ君の声は、何度も言いますがすごく好きな声です。かれは「春の声」でもトリルをきかせた喉を披露してくれるし、ポテンシャルの高さを感じているのは私だけでしょうか。もう少し声が大きければ言うことないのですが。

 「花は咲く」「ふるさと」「ひこうき雲」 どんどんに日本語が上手になって、歌に込められた気持ちへの理解も、きっと深まっているのではないでしょうか。
 アンコールは「尊い人生」「Let it Go」 

 先生の終盤の挨拶は、やはりメモ用紙なしでやるぞっという心意気でいたのですが、途中2度忘れて、結局メモ用紙を取り出して話していました。照れくさそうでしたね。

 この日公演終了後に、団員たちはホワイエには出てきてくれませんでした。待っていたファンはがっかりです。(セイラー服のJKがたくさんいました。合唱部とか?)

 でもツアー日程を見ると、今日は愛知、明日は岡山、明後日は山口となっていますから、移動時間が押していたのかもしれません。ホントにハードなスケジュールなので体力のなさそうな子たち、大丈夫かなあ。ジーノ君がちょっと心配です。

|

« ドリームライブ2014~(NHK)を見て | トップページ | WSK6月7日(ミューザ川崎) »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドリームライブ2014~(NHK)を見て | トップページ | WSK6月7日(ミューザ川崎) »