« WSK6月15日オペラシティ・・・・最高のステージ | トップページ | ずっと謎です »

2014年6月22日 (日)

カタルニア民謡「鳥の歌」

 Escolania de Montserrat 神戸国際会館 1982.07.04

 もともとチェロの音色が好きで、時々聴いているカザルスのホワイトハウスコンサートのCDに「鳥の歌」が入っていました。カタルニア出身のカザルスが、故郷の曲として演奏し有名になったと聞いています。

 「鳥の歌」はクリスマスキャロルで、キリストの生誕を祝福して鳥たちが集うというものです。それにしてもモンセラートが歌うと、ますます悲しげに聞こえるのですが、どうもこれこそが彼らの合唱の音みたいにも思えます。深く響く発声ですね。古い映像でかなり劣化していますが、私が少年合唱から遠ざかっていた頃に来日した合唱団の記録を、こうして共有させてもらえるのは嬉しいことです。

こちらは2012年なので新しい。でも声質はやはり深~い。奥行きを感じるアルトですね。色は青。海の底まで届く色の波長です。・・・・・ヘンテコな例えですみません。ウィーン少去って、リハビリ中ゆえ、m(_"_)m。

|

« WSK6月15日オペラシティ・・・・最高のステージ | トップページ | ずっと謎です »

フランス・スペインの合唱団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK6月15日オペラシティ・・・・最高のステージ | トップページ | ずっと謎です »