« WSK6月7日(ミューザ川崎) | トップページ | WSK6月15日オペラシティ・・・・最高のステージ »

2014年6月15日 (日)

WSK6月14日オペラシティ

 昨日は2014年ツアーの最後のBプロでした。よかったこと、残念だったこと、少し書きます。

 ラッキーなことにアルト側の席を取ってあったので、今回初めてタミーノ君の弾き語りを心から堪能することができました。ソプラノ寄りで聴いていると声が遠く感じられ、ステージに上がるステップの段差を利用して座って歌うので、どうしても人達の頭越しに、隙間からのぞくような形で見ることになります。昨日はそんなストレスなしで、歌声もストレートに届き、素晴らしい「エーデルワイス」を聞いて感動しました。

 話が前後します。最初の「サルヴェ・レジナ」は歌いながら入場しましたが、拍手が鳴りやむのが早かったので、肝心の合唱をしっかり聴くことができました。ミューザでは拍手のために歌がほとんど聞こえませんでしたから、会場によるちがいを大きく感じます。次の「歓喜寄せ」をきいて、あっ今日は気合が入ってると思いました。集中力みたいなものがね。特にソプラノ後列はときどき厄介なんですが、昨日は良かったんじゃないかなあ。

 「スターバト・マーテル」も良かったです。とにかく3曲の合間に拍手が起こらなかったことが一番良かったです。つまり観客側の問題になりますが、一つの曲なのですから、拍手なしで通して聴きたいとずっと思っておりました。

 「金曜日の午後」、ルーカス君のピアノは熟練の域に達してる! 「サウンド・オブ・ミュージック」 アルト側で聴くとこんなにちがうのだと実感しました。視野に入るものが全然ちがうし、声量のあるソリストが二人アルトポジションですから、それを間近にきくと迫力がありました。ルーカス君の才能は計り知れないです。

 「ロンゲストタイム」の振付もだいぶ見なれてきました。(もうお終いだけど・・・) これも席が違うとまた別の面白さを発見します。ちょっとしたステップでも、どうしてもリズムに乗り切れない子がいるんですね。ジーノ頑張れ!(笑) ルイス君はダンスのセンスがありそうですね。ドリアン君はステージで動いてるときもなぜかニマニマして、ゆるい感じがたまりません。でもあれだけ動きながら歌うって、実は大変なことですから、この挑戦は続けてほしいなって思います。

 「ヨーデル」は、いつもの通りでしたが、ソプラノ側の2階通路で歌っている、ジーノ、フローリアン君の姿が良く見えました。天井から降ってくる天使のヨーデルも、今日で聴き納めですね。「おおシェナンドー」は、ベーゼンドルファーの響きがこよなく美しく、少年合唱で表現できる最高の演奏ではないでしょうか。チャン先生はファンの集いのときに、自分はベーゼンドルファが好きであると言われてました。そのお気に入りの楽器で、心置きなく演奏されたことと思い増す。

 「花は咲く」は、ステージの前方に並んで歌うため、一人一人の声が良く聞こえてきます。昨日はオチビ・・・というかミニフローリアン君のアルトに感動しました。大きな口を開け、はきりした正確な日本語で歌ってくれました。将来有望です。

 「春の声」はジーノ君が一人で歌いました。ちょっと声が小さくなったり、自分でも「そうじゃないぞ」と言わんばかりの表情になったりすることがありましたが、私にとっては心洗われるような、繊細な美しさを持った「春の声」でした。ですが、歌い終えたあとにまた退場してしまったんですね。何があったのかはっきりと見ていませんでしが大丈夫かな。

 すましていればイケメンなのに、なぜか変顔で歌うのは「トリッチトラッチ」のファビアン君です。他の曲でも表情豊かでしかも優美で、いいなとは思っていましたが、この曲では限界に挑戦的な可笑しさすらありますね。どうして?

 ラデッキーの手拍子は、背の高いダニエル君が担当。フリッツ君とはちょっと違う仕草で会場を和やかにしてくれました。

 アンコールは「尊い人生」と「Let  it go」
「尊い人生」はもともと美しい曲ですが、この日の演奏は今まで聴いた中で一番素敵に感じられましたよ。アンコールのあとで、前の方の女性からブラボーの声がかかりました。正直私はスタンディングオベーションしたいくらいなのですが、昭和のおばさんなので勇気が出ない。もっともっと感動の気持ちを合唱団に伝えたいのです。 今日もブラボーの声がかかるといいですね。

 

|

« WSK6月7日(ミューザ川崎) | トップページ | WSK6月15日オペラシティ・・・・最高のステージ »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK6月7日(ミューザ川崎) | トップページ | WSK6月15日オペラシティ・・・・最高のステージ »