« 庭の千草 「夏の名残りのバラ」 | トップページ | エストニアのソリスト »

2014年8月31日 (日)

ポーランドの合唱団

 本日はステファン・ストリグロシュ氏のドキュメントをYoutubeで見ました。52分程あるのでここには貼りませんが、ストリグロシュ氏の人となりを感じさせる良いビデオでした。私はポーランド語は全くわかりませんので、おおむね想像の世界で理解したつもりでいます。思っていたよりもずっとパワー全開で、合唱の指揮指導をしていること、そして笑顔がチャーミングだということ、遅まきながらファンになりましたが、すでに2012年6月に92歳で亡くなっています。

 実はポーランドの合唱団について、私は間違って認識していました。ストリグロシュ氏が若干19歳で立ち上げたのが「POZNANSKIE SLOWIKI」、1939年にポズナン大聖堂のドイツ人司祭が追放され、自身も聖歌隊員であったストリグロシュ氏が引き継ぎ正式に合唱団を設立したとウィキに記載がありました。そして70年余、一貫して同合唱団の指導を貫いたわけです。すごい!! この合唱団は、またの名を「POZNAN NIGHTINGALE」と言います。

 私が勘違いしていたのは「POLSKIE SLOWIKI」です。こちらは、「POLISH NIGHTINGALE」と呼ばれています。ポズナン・ナイチンゲールとポーランド・ナイチンゲールの違いですが、Youtubeでも勘違いしている人いるかなあ。そうして、1969年の来日時には、ポズナン・ナイチンゲールではなく、ポーランド・ナイチンゲールと紹介されているので、ますます厄介です。「POLSKIE SLOWIKI」は、一身上の都合があり、2003年から「POZNAN BOYS CHOIR」として再生しています。モーツァルト風の古風なユニフォームがポルスキーの方ですが、今はさっぱりしたスーツ姿です。

 ポズナン・ナイチンゲールは、1969年の来日では(国立)ポーランド少年大合唱団という名称で公演を行っています。90年代にもストリグロシュ氏が率いて来日しています。ドキュメントを見ると、指揮者としてとっても魅力があるんですね。是非この方の指揮でポズナンのライブを聴きたかったと思います。残念ですね。もう他界されてしまって、私の願いはかなわない。歴史の一部分がポツンと消えてしまったみたいで本当に残念です。

 左端の人がストリグロシュ氏です。Ave verum corpus (Mozart )

|

« 庭の千草 「夏の名残りのバラ」 | トップページ | エストニアのソリスト »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

 この記事には実は何度かきてたのですが、やはりお礼を言いたくてコメント書くことにしました。以前からストリグロシュのこの合唱団の「アベ・ベルム・コルプス」は素晴らしいに違いないと思い、聞いてみたかったのです。この動画載せてくれて、ありがとうございます。思った通りの素晴らしいものでした。この合唱団を取り上げてくれる貴重なブログです。
 最近の記事でモンセラートがでてたのもうれしかったですね。彼らの初来日の公演を思い出しながら見ました。

投稿: ヤマチャン | 2016年4月15日 (金) 18時23分

ヤマチャン様 こんにちは。
Youtubeを知る前、Live365というインターネットラジオをいつも聴いていました。(今年の1月にこのラジオは終了)。あるクリスマスシーズンに何度も流れていたポーランドのクリスマスキャロルのソロが好きで、この合唱団のCDを買いました。すばらしい指揮者のもとに、素晴らしい合唱が生まれ育つと思います。

モンセラートの初来日を聴かれたんですね。いいなあ・・・。限られた期間の公演だったそうですね。昔の録画で音はあまりよくないですが時々聴いています。
https://www.youtube.com/watch?v=L1KQwD3qAqw

投稿: maa | 2016年4月16日 (土) 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庭の千草 「夏の名残りのバラ」 | トップページ | エストニアのソリスト »