« ドラキーたち | トップページ | ウィーン少とコルス・ユベントス (5月のMuTh) »

2014年10月12日 (日)

秋は来にけり

Fujibakama_2

バナーに秋の七草を描きました。

← フジバカマ 地味

ハギ、キキョウ、ススキ、ナデシコ、オミナエシ、クズ、フジバカマ。
オミナエシ、フジバカマといった風情はあるけど地味な花ってのは難しいです。七草だから生えるんです。一種だと外来種のブタクサとかと間違えそう。でも万葉の時代からあるんですね。千年・・・・・。

もうそろそろ、野紺菊や普通の小菊が咲き始めますが、明日以降の台風の行方が心配。おおごとになりませんように。

10_5

|

« ドラキーたち | トップページ | ウィーン少とコルス・ユベントス (5月のMuTh) »

Gardening」カテゴリの記事

コメント

すみません。
この最後のネリネなんですが、見たところ、こちらにあるベアラウホと言う草にそっくりなんです。
ひょっとして、葉っぱがニンニクの匂いに似ていませんか?
これから来る大型台風が被害を起こさない事を祈っています。

投稿: ponko310 | 2014年10月12日 (日) 17時28分

Ponkoさん こんにちは。
お花のコメント嬉しいです。

ネリネはヒガンバナの一種です。サイズは同じくらいですが、日本の彼岸花より優しい感じです。南アフリカ原産なので日本の多湿が苦手ですが、植えっぱなしで10年近く生きてますね。

ベアラウホって何だろうと思って、カタカナ表記のまま検索したら、ドイツ在住日本人の方のブログとかにヒットして、ギョウジャニンニクだってわかりました。

私はベルリンの気候について、あまりに無知でした(笑) 北国・・・・ですね。
なぜならギョウジャニンニクは北海道に自生しているの。ギョウジャニンニク入りの手造りソーセージを、お取り寄せで戴いたことあります。
もう一度地図を見て、ドイツの緯度を確かめようと思いました。

投稿: maa | 2014年10月13日 (月) 11時26分

こんにちわ~smile
質問の答えを有難うでした。
あぁ、ヒガンバナの一種でしたか。
へぇ~、ベアラオホは北海道に生えていたのですね。
やっぱり気候が似ているだけあります。
私はサラダに刻んで入れたりしていました。
ドイツの森にうっそうと生えている場所があって、春に白い花が咲くとものすごいニンニクの匂いがするそうです。
うちにも小さな塊になって毎年花を咲かせてくれています。
これを機会に春になったらソーセージにギョウジャニンニクの葉っぱを巻いて食べてみる事にしましょうnotes

投稿: ponko310 | 2014年10月14日 (火) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラキーたち | トップページ | ウィーン少とコルス・ユベントス (5月のMuTh) »