« 優しい子守歌がありました。 "Thula Baba" | トップページ | Nowak君が歌っていた・・・ »

2014年10月27日 (月)

エスコリアルのCDが届いたけど。

Img044

CDが届いたけど、1枚だけでした。数日前にメーカー在庫なしでキャンセルしますというメールが入ったのですね。

2か月近く前かと思うので、もう何を注文したか忘れてるくらいでしたが、パスカルさんで在庫なしって書いてあったから、日本から発注しても無理だろうとは思っていたの。

一番聴きたかったのは、「In Paradisum」で、フォーレの曲が多くメロディが親しみやすい感じです。これはMP3販売してるようなので、そのうち考えよう。

Img045

聴くことだけ考えたらMP3で充分なんですね。充分なんだけど、エスコリアルはジャケットデザインが素敵なの多くて、外側だけじゃなく、開いてみたら中も凝っていたり。CDにもおそろいの印刷がしてあったり。まあ、とにかく心をくすぐられます。CD出すと動画サイトにアップして宣伝するし、チーム一丸となって頑張っています。資金が潤沢なのかな。

一昨日届いたCDは「Tenebrae」 レスポンソリウム集。ビクトリアだけでCD1枚とは、スペインの合唱団ならではでしょうね。
復活祭の前の宗教的な行事でもあり、ジャケ写は雪景色に十字架で至って地味ですが、粒子を粗く加工したモノクロ画像に赤い文字はインパクト強いです。雪ってのは写真で見ても静けさが漂う。

1曲目がこれ。

5曲目は、有名な「ウナ・ホーラ」 ウィーン少でよく聴きました。

想像できると思いますが、ルネサンス期の厳かで静かで正統派な宗教曲のため、しっかり聴きこんでいると、途中で眠くなります。
また私程度のレベルですと、今何曲めだったっけ? というくらいに、わからなくなったりもします。ただ、時おり聞こえてくる繊細なソプラノがこの上なく天上の声であり、ふっと我に返るのです。

合唱の緻密さはセントジョンズっぽいですが、解説を見るとボーイズが25名、兄さんは10名。このバランスが声の透明度をあげている気がします。

特にトラック8の「Tenebae factae sunt」は、boysのソプラノとアルトソロが秀逸。
アカペラで雑味がなく、声のみで構成されたこのような楽曲集も、たまには良いものです。

でも、「In Paradisum」』のほうが品切れってことは、一般的にはフォーレやフランク、メンデルスゾーンやシューベルトを聴きたいってことで、それは自分も否定できません。視聴したらこっちの方が全然甘いです。(笑)

ライナーノートはスペイン語、英語、ドイツ語、フランス語に対応しており、歌詞カードはラテン語他これら4カ国語に対訳されてます。1ページ目をめくると、まず合唱団員の集合写真、途中にも集合写真、最後のページには全員の名前が記載されていました。なんびともアノニマスにはしない姿勢が嬉しかった。

|

« 優しい子守歌がありました。 "Thula Baba" | トップページ | Nowak君が歌っていた・・・ »

フランス・ベルギー・スペインの合唱団」カテゴリの記事

コメント

載せてくださったYouTubeを聞かせていただきましたよ。
まるで昔のウィーン少年合唱団を聞いているのかと錯覚しながら今もまた聞いています。
ほんとうに心が癒される素晴らしい歌声ですね。
載せて下さって有難う。
私もこのCDを探してみます。


投稿: ponko310 | 2014年10月30日 (木) 18時30分

こんにちはPonkoさん
昔のウィーン少・・・・・そうかもしれない。
自分が信じている声を探すとこのへんにたどり着きます。でもCD1枚この雰囲気なので、本当に眠くなりますよ(笑)
ウィーン少だと、72年録音でガルスとパレストリーナの宗教曲集がありましたね。

実はエスコリアルもgoes popみたいなのに挑戦しているんですけど、やっぱりクラシックのほうが100倍上手です。
たぶん子どもたちは、合唱団員からシンガーに変わる自分も演じてみたいんじゃないですかね。

投稿: maa | 2014年11月 1日 (土) 00時13分

やはり舞台に上がる子はその希望があるみたいですね。
毎年ドイツでも”Kits of Germany"と言うTv番組があって、14~18歳までの子達が自分の歌唱力を為すために出ます。
みんな驚くほど才能があって、去年はレ―ゲスブルグ少年合唱団から入団を勧められている少年も出ました。
残念ながら落ちましたけれど。
自分が信じている声・・・私もこのCDの声で留まっています。
南アメリカでのモ―コアがワルツの青きドナウを歌っている動画がありましたが・・・・、う~ん。
私の信じている声ではありませんでした。

投稿: ponko310 | 2014年11月 2日 (日) 17時59分

あ、間違った。
モ―コアじゃなくてデニスのいるブルコアでした。
もう、ウィーン少のクラスの事は全然分かりませんじゃ。

投稿: ponko310 | 2014年11月 2日 (日) 18時03分

ドイツにはそんな番組あるんですか。
Kidsだけっていうのが面白そうで、見てみたい。
ちょっと下手でもボーイソプラノだったら、(あと、可愛かったら)いくらでも聞いていられます。

最近のCDでも昔とは歌声は違いますね。ただ来日コアが録音していると、実際にコンサートに行けば愛着がわいてしまうのね。今のコアはライブで楽しみ、昔の歌声はCDやレコードで楽しむという感じです。どちらも生きがい!

投稿: maa | 2014年11月 2日 (日) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 優しい子守歌がありました。 "Thula Baba" | トップページ | Nowak君が歌っていた・・・ »