« 大天使たち | トップページ | キャットニップ (=^・^=) 大島弓子 »

2014年10月 3日 (金)

田園ミサ曲 アウグスブルグ大聖堂少年合唱団

Img043

アウグスブルグ少年合唱団のCDを初めて買いました。初めてです。今さらながら・・・。

しかも1984年の録音です。目下のところ、「Die Chorjungen」 が旬なのにね。
いいの、古いところからスタートします。でも30年前の録音が廃番にもならずに、順調にプレスを重ねていますよ。(*^^)v

PASTORAL MESSEN  ⓟ1984 ⓒ2008  232130
KARL KENPTER Pastoralmesse in G-Dur op.24
ANTON DIABELLI Pastoralmesse in F-Dur op.147
指揮:R.Kammler

いや、実は数枚のCDを視聴したのです。その結果、今はこの声を聴きたい。「トビアス君だ」と思ったわけです。何人かの方の感想を読んでも、やっぱりトビアス君なのね。

どんな声かというと、あくまでも私だけの見解ですが、1981年のウィーン少のアルバム「Volks & Kinderlieder」の中で、「春への憧れ」とか「眠りの精」を歌っている声です。女声と少年の中間くらいの明るい声・・・・・姿見えないけど、オーラがすごいです。 (^^♪ 

まずは、トビアス君の声。ディアベリ作曲の田園ミサです。弦楽器が軽快です。

私のポイントを言います。クレドの「et incarnatus est de Spiritu Sancto ex Maria Virgine」の部分です。ここに入る前に休符らしき小休止。そうしてバイオリンソロが入るのですが、もうほとんとコンチェルトのように華やいで聴かせるメロディです。ミサ曲じゃないみたい。

で、そのあとに始まる重唱は、本当に素敵。この部分はシューベルトのミサ曲6番がどれよりも美しいと思っていましたが、そうじゃなかった。これも素敵。私は好き。

前置き長くなりました。ちなみにクレドは、8:09から始まります。直接Youtubeに行くと、投稿された方が時間ごとにリンクを張っているので、聴きやすいと思います。

ケンプターの田園ミサは、クラリネットが活躍するのどかな雰囲気です。
こちらのソロは別の少年で幼さが残るくらいな声ですが、それが羊飼いの可愛い少年を連想させて(私がかってに妄想してるんですね)、荒れ果てた心も平穏を取り戻すというものです。

これも拝借してきました。クレドのみ。

全曲は、こちらです。→ https://www.youtube.com/watch?v=2vCRgtEAUqc

先日J.ハイドンの「ニコライミサ」が好きだと書きましたが、トビアス君はこれも歌っています。ただひとつ残念なのは、録音が1985年か86年で、若干声変わりに入っているようにも感じられること。

>

総じて思うのは、ソプラノとアルトがどれも良いということ。アルトは時として存在が弱かったり、逆に強すぎたりします。今回聴いたのはどれも良かった。

まずは、この時代のアウグス大好きです。これから徐々に新しい音も聴いて行こうと思います。

クリスマスアルバムも買いました。それは、またクリスマスのときに・・・。

|

« 大天使たち | トップページ | キャットニップ (=^・^=) 大島弓子 »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

やぁ~~~~
maaさん、見つけました
偶然ですよ、偶然。
キンゴジュ君のサイトでした。
あっ、maaさんのコメントだぁって。
ちょっとウキウキしながらmaaさんの記事を遡って読ませていただきました。
落ち着いて読める私好みのブログです←失礼
でも、音楽に関してプロフィ―のような観賞力のあるすごい記事ばかりでビビってしまいました。
私は評価とかは全然だめで、好きか好きでないかの全く助けようのない単純な聞き方です。
残念ながらドイツではGEMAのせいで聞けない動画が沢山ありますが、maaさんの載せて下さった曲は・・・ウフフ、随分私の脳波に沁み込んで来ます
これからも失礼ながら図々しく読ませていただきますね。

投稿: ponko310 | 2014年10月 4日 (土) 20時17分

Ponkoさん こんにちは
なんか、恥ずかしくてURL載せなかったのです。キンゴジュさんのブログはいつも楽しく訪問してます。情報もあるし、お話しやすい感じで。
私は音楽ど素人ですよ。ただの園芸好きなおばさんで、ピアノもバイエルでこけた人です。なんでも「美しい」「天上の声」基本はそんなです。
合唱団暦も、子どもの頃はミーハーだったので(いや、今も・・・)、本当に一生懸命聴くようになったのは、最近なんです。実体験値ゼロに近いくらいで、コンサートたくさん行った方や、Ponkoさんのように交流のある方のことを思うと、感想文書いても絵空事だなあって思うんです。
でも、日本ではYoutubeで古い録音も探せるし、良い時代になりました。(おばさんの本音)
ただ日本には最近、ウィーン少以外の少年合唱の来日が少ないので、ちょっと寂しい今日この頃です。(ドイツが羨ましい~)

投稿: maa | 2014年10月 5日 (日) 18時20分

コメントのお返事を嬉しく読みました。
何だかオールドファン同志と言う共通点に乗じてしまい、調子の良いコメントを書いてしまってバツが悪いです。
私にURLを載せて下さったら嬉しかったですのに。
私のアホブログを読む人は、どの方も自分に優越感を持つと思うんですけれどね
私は実際、記事を読んでいてmaaさんの聴覚は天才的なものだと思いました。
羨ましいぐらいです。
それに、動画やインフォメーションの検索もびっくりしています。
キンゴジュ君もすごいですよね。
私は60の手習いでPCをやり出したので、呑み込みが遅くて見つけるブログは少数ですし、そのブログも読むと疲れるので(あまりにもドキドキして来るのでm9(^Д^)プギャー、殆ど行っていません、あはは。
私はミーハー族ではなかったので、団員との思い出は他の熱狂ファンよりもずっと少なかったのですが、すごいミーハーに友人がいたので、楽しいお話は聞いていました。私も一緒にやっていたらもっと楽しい思い出話が書けたろうにと思います。
maaさんの当時の思い出話を沢山聞いて是非ドキドキときめいてみたいです。
懐かしいドキドキは大いにウェルカムです

投稿: ponko310 | 2014年10月 5日 (日) 19時09分

Ponkoさん 速攻でご返事が来てビックリです。

私、超オールドファンですよ。(笑)

先週FMラジオで「魔笛」の放送があったのですが、1969年10月のライブ録音でした。ウィーン少が「3人の童子」だったので、嬉しくて。もしかしたら69年組の誰かが歌っているかもしれないとか、かってに妄想しまくってました。60年代の声大好きです。

昔のことは友人から聴いた話ばかりです。ただただ懐かしく思うばかりです。
あっ、そうだ。Ponkoさんのブログから画像1枚ダウンロードさせていただきました。ヨハンが法衣をまとった神父様の姿。感涙ものでした。

投稿: maa | 2014年10月 6日 (月) 00時58分

え~、ヨハン・R君を知っていらっしゃる?
もう、泣きますよ・・・嬉し泣きです。
小さい写真で御免なさいね。
見つけたどの団員も今と全然違っているので絶対に判りませんよ。
な~んて、私も歳取って全然違っているんですけれど。
でも、思い出は忘れていません。
maaさんは本当に誰にも会っていないのですか?

投稿: ponko310 | 2014年10月 6日 (月) 03時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大天使たち | トップページ | キャットニップ (=^・^=) 大島弓子 »