« エスコリアルのCDが届いたけど。 | トップページ | 小さな町のコンサート »

2014年11月 2日 (日)

Nowak君が歌っていた・・・

バッハのマタイです。このソリストが誰なのか、ずっと知りたかった。

 

思ったところでわかるわけないんだけど、Youtubeでカンタータ聴きながらふとモニターの端を見たらWolfgang Nowakという文字が目に入りました。クリックしたらこの動画があったわけです。

 

それだけじゃない。10ヵ月前にノバーク本人から、「自分が歌った」というコメントが入っていました。なんかそのコメントを入れるためにアカウント登録したみたいで、自身の動画投稿歴などありませんでした。

 

ノバーク君は1969年に来日しています。大人になってからもコルスで歌っている姿がYoutubeに上がっていました。

 

この時期の録音は、レコードにも氏名は記載されていないのですが、どれも素晴らしいソリストばかりでため息が出ます。

 

「Matthäus-Passion, BWV 244」

 

Nikolaus Harnoncourt & Concentus Musicus Wien,   ← レコードにはこう記載
Solist der Wiener Sängerknaben (sopran)          されています。 
Männerstimmen:King's College Choir, Cambridge      参加メンバーが豪華! 
Knabenstimmen:Regensburger Domchores

 

 

 

 

 

 

もうひとつオールドな動画がありました。

 

ブエノスアイレス1980 と書いてありますね。ピアノを弾いているのは、ヨーゼフ・デラー氏に見えて仕方ない。ですが団員の顔は全然わかりません。ただ歌声は素晴らしい!練習風景なのですが、このコーラスは聴く価値があります。

 

それに先生の動きを目で追い続ける団員君たち。体の向きまでかえて先生の方を見ているでしょう。健気で一生懸命で泣かせます。

 

ところで、テレ朝の倉庫にもアーカイブ眠ってないでしょうか。
あったら放出してくれ m(_"_)m

 

|

« エスコリアルのCDが届いたけど。 | トップページ | 小さな町のコンサート »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

ブエノスアイレス1980の動画をありがとうございます。

私もデラー氏に見えますが、分かりかねます。
団員もよく分からないですが・・・
この雰囲気・・・懐かしい。手を後に組んで(当時のウィーンの定番でしたね)。ウィーンもなぜ後に手を組まなくなったのか分かりませんが、多分歌う「姿勢」として手を下ろした方が良いのかも?
指揮の先生を目で追うBoys・・・ホント健気ですね。
確かに・・こういう動画も放出してくれないと、いつか消滅してしまうでしょうし、この際「NEC時代」~「テレビ朝日」時代のお宝映像を放出して欲しいと思います。

私もDrakies・・・自分の持っている動画などUPするようにしているのは「いつか消滅する」という意識から・・です。またOld WSKの動画がありましたら是非ご紹介下さい。

投稿: natal | 2014年11月 3日 (月) 10時40分

もう一つ書き忘れました。・・・と言うか、一番のメインのことを書きたかったのですが。
これ・・・ノヴァークのソロだったのね。すごいなあ。当時、トップソリストで・・来日公演では「シューベルトの陽気ないたずら」の女の子役で活躍していました。1969年は私の初WSKコンサートでした。Nowakは私のイメージしていたウィーンのソリストにしてはヴィブラートが耳につき、迫力ある声だったのですが、それほど好きなタイプの歌声ではありませんでした。でも、今こうして聴いてみるとやっぱり上手いね!この録画紹介に感謝です!

投稿: natal | 2014年11月 3日 (月) 10時52分

69年体験者からの声、嬉しいです!
確かにNowak君の声はビブラートが強烈ですね。
でもこうして聴くと、やはり声が素晴らしいです。

過去の映像は地方局にもあり、以前64年組の映像を熊本のテレビ局が流していました。動画のダウンロードなどできない頃だったので、もうリンク切れで見ることはできませんが。
番組の一部にちょっと挿入してもらえるだけでも嬉しいんだけどな。

投稿: maa | 2014年11月 4日 (火) 00時10分

maan様

このところインターネットの具合が良くなくて時々途切れるので繋がっているうちに書いています。

マタイのソロはノヴァックさんだったのですか。初めて知りました。89年の時には素敵な青年になって再来日してくださいましたね。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月10日 (日) 00時35分

>1964-1967さま

67年や69年は結構大曲のレコーディングをしていますね。
ノバック君のYouTubeのコメントを読まれましたか? わざわざユーモラスなコメントを寄せるなんて嬉しいですよね。
1964-1967さまは89年の戴冠式ミサも行かれたのですか? 何人か懐かしい顔があったそうですね。私は行ってないので、あとから人から聞きました。

投稿: maa | 2019年11月10日 (日) 18時29分

maa 様

早速 you-tube でノヴァックさんのコメントを読みましたよ。その為にアカウントを取られたのですね。

 >67年や69年は結構大曲のレコーディングをしていますね。

どんな曲ですか?


はい、89年の戴冠ミサは2回とも行きました。(大阪の公演はスポンサーさんの味の素の招待講演でしたから行けませんでした。)懐かしい顔満載でしたよ、特に70年代の組の人達が多かったように覚えています。あと、ヤンコヴィッチ兄弟もいらしたし、確かエルンストさんではなかったかと思うのですが、(違っていたらごめんなさい)スキーで骨折してマツバ杖をついていらっしゃいました。舞台では椅子に座って歌われていました。それでも、飛行機に10時間以上乗って来て下さるなんて嬉しいですね! コーラス・ヴィエネンシスの人は、公演には自由参加ですから。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月11日 (月) 02時15分

>1964-1967さま

89年の戴冠式ミサは貴重ですね。懐かしい顔がたくさんあったのですね。(*^_^*)
ベンノ・ヒュットラー君はお父さんがコルスで来日し親子共演だったと聞きました。・・・・・またバブルの時代が来ないかなぁ。
67年や69年は、ビーバーとステファニーが私は好きです。モンテヴェルディのヴェスペレはソロだけの参加だったようです。アーノンクールがボーイソプラノを抜擢してくれたので実現したように思います。

投稿: maa | 2019年11月11日 (月) 19時58分

maa 様

はい、ヒュットラー父子は、あとおじさん(叔父か伯父かわからのいのでひらがなにしました)も来ていらっしゃいました。あとゲーリンガー先生父子も。そうそう思い出しました、あの時はスポンサーが3つも付いたのであのような招聘が出来たのだと。本当にまたああいう時代になると良いですね。
アーノンクール氏はウィーン少の歌い手が気に入ってくれたようですね。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月11日 (月) 22時15分

>1964-1967さま
>
豪華で頭がクラクラします。ゲーリンガー先生は日本に来たことないと思っていましたが・・・そうですか。89年に来ていたんですね。
招聘元がテレビ局だから、スポンサーになると公演だけでなく何かお得なことがありそうですね。
アーノンクールが抜擢したソリストは、本当に素晴らしいboysだったと思います。

投稿: maa | 2019年11月12日 (火) 18時46分

maa様

私は89年は何回も公演に行った記念の年です。コルスヴィエネンシスとの戴冠ミサも聴きました。品川の歩道橋でノヴァークとすれ違って、友だちと私はまさかと思い「ノヴァーク!!!」と叫んだのです。ノヴァークはびっくりした表情で、振り返って、ニコッとして去っていきました。ベンノのお父さんは双子ですか?ヤンコヴィッチ兄弟、オブランスキー、ペーター・ハウアー、グイド・マンクーシ、指揮がハラーさんと私でも名前を知っている方たちの共演で嬉しかったです。エルンストさんは、バスのソロでした。
upしていただいた曲、後でゆっくりYouTubeに見に行きたいと思います。

投稿: ryo | 2019年11月12日 (火) 23時48分

>ryoさま

歩道橋でノバーク君とすれ違うなんて、奇跡的な思い出ですね。そうそう、五反田のホールだったのですよね。ハウアー君やグィド・・・ヤンコビッチュさん、まあウィーン的にはスーパースターが集結したんですね。ベンノはお父さんとおじさんが兄弟ですかね。似ていましたか?そしていつかまたそんな時代が来るでしょうか。
もうみんな年を取ってしまったけれど、コルスのHPをのぞくと今も歌ってるかたがたくさんいますから、景気が良くなるまで元気でいましょう。グィド君は指揮者として活躍していますから、いつか彼が指揮者として、知っている元団員たちがコルスとして来てくれることを願ってやみません。

投稿: maa | 2019年11月13日 (水) 20時07分

maa 様

指揮者だけ取ってみても、ハラー先生、マルシーク先生、マンクージさんと、錚々たる面々が来日されたのですね。あ、そうそう59年のガラスさんもいらっしゃいましたよ。
70年代は私にとっては「近代」で、あまりよく覚えていなかったので、家に帰ってからプログラムそ引っ張り出して、ア、この人いた、この人もこの人もと一人で興奮していました。
菩提樹を歌ってくれたのがとても嬉しかったです。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月13日 (水) 23時10分

maa様

簡易保険ホールでした。
コルスのHP覗いてみます。
maa様のブログにおじゃましてから、ひょっとしてmaa様と私、行動範囲が重なるかもと思っています。みなとみらいホールとか、いつか来た道の特別上映に行かれた話とか読むと。89年の公演も首都圏なので何回も行けたのです。
コルスヴィエネンシスと少年合唱団の共演、本当に実現してほしいです。そして、成長した団員たちがコルスのメンバーとして来日する日が来たらどんなに嬉しいでしょう。

投稿: ryo | 2019年11月14日 (木) 00時57分

>1964-1967さま
>
当時からもっと先史、古代情報が来ていたら、さらに楽しかったことでしょうね。菩提樹は、ウィーンらしいパフォーマンスですね。
ふと思ったことですが、ベンノ君の父様ご兄弟は、もしか1960年前後の団員ではないかと。いくつでお子様を持ったかで違ってはきますけれど、仮に50年代後半から60年頃で、ブルックナーコアつながりだったとしたら、フロシャウアー先生のクラス・・・・と、妄想タイムに陥りました。

投稿: maa | 2019年11月14日 (木) 19時16分

>ryoさま

どこかでお目にかかっているかもしれませんね。
「いつか来た道」の上映もいかれましたか? 自分は二度も行きました。ブロ友さんともお会いしました。合唱団の出番が待ちきれなくて、「ほら、出るよ出るよ」と、小規模に2人で興奮しながら観ました。

投稿: maa | 2019年11月14日 (木) 19時59分

maa様

「いつか来た道」は、なぜかビデオを持っているので行きませんでした。でも、上映の情報を知っていて、maa様を知ってたら出かけたかもしれません。そんな情報をお持ちでしたら、教えてください。出かけます。

投稿: ryo | 2019年11月14日 (木) 23時38分

>ryoさま

そうでしたか。私もブロ友さんのご厚意でビデオを見せて頂いていましたが、劇場でやると知って、大きい画面と良い音で見たいと思い行きました。一週間やっていましたが、日替わりで上映時間が変わりました。夕方の回ばかりだったら毎日通ってもよかったです。合唱団の映画はできることなら吹き替えなしで団員が演じられたら、それにこしたことはないですね。本当に歌っている子たちは素敵でした。
野ばらとか朗らかに~とか、できることなら「青きドナウ」とか、劇場でやってくれるイベントでもあったら、一生懸命宣伝しますよ。

投稿: maa | 2019年11月15日 (金) 20時21分

maa 様

突然違ったところに出没してすみません。
80年の動画が you-tube にありました。ここで歌っているゲプハルト・ヒュットラーさんはベンノさんのお兄さんで、クナップさんとはいとこ同士とのことです。
ファンの方から伺ったのを思い出しました。
この諫早公演の内容が好きなのです。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月24日 (日) 20時55分


>1964-1967さま

諌早公演は、私がアップしたやつですか?
これは知人から頂きものです。クナップ君の従兄さんとは、おどろきました。みな音楽の才能があるんですね。
オペレッタ「おしゃまなプリマ」もありましたが、どなたかが厚生年金かどこかのアップしていたのでやめました。でもわたし的には、諌早公演のオペレッタのほうが、クロシッツ君のマルツェリーナがさく裂していて面白いです。笑

投稿: maa | 2019年11月24日 (日) 22時10分

maa 様

諫早公演はこれです。maa 様が出されたものだったのですか? 知りませんでした!

https://www.youtube.com/watch?v=0XOHhSVrFcs

投稿: 1964-1967 | 2019年11月24日 (日) 23時17分

>1964-1967さま

諌早公演は保存状態がわりとよかったので私が出しました。東京公演のはほうは画質がだいぶ劣化しています。当時はビデオが高かったから3倍モードのはいけませんね。
80年頃は家庭用ビデオを持っていなかった人は、業者にたのんで録画してもらったとか聞きました。78年が一番古いようですね。

投稿: maa | 2019年11月25日 (月) 19時48分

maa 様 

その動画を見ていて、コメント欄で見たのですが、90年代のアルトソリスト(多分)で、ルドルフ・イラフスキーさんってご存知ですか? 眼鏡をかけていらっしゃいます。


諫早の録音は本当に音がいいですね。多分元の音がクリアーで大きめに入っていたのだと思います。楽しめます。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月25日 (月) 23時54分

>1964-1967さま

90年代の団員は知らないです。来日した人ですか? それでもあまり知らないかな。
ミヒャエル・クナップとイェルク・クルシッツも同じ諌早のビデオからカットしたのですが、どうもソロのほうはノイズが多いです。でも東京公演はもっと画質が悪いのです。歌は良いのですが・・・。

投稿: maa | 2019年11月26日 (火) 00時11分

maa 様

シューベルトのミサ曲か何か大曲でアルトソロを歌っています。来日は、多分していないのでは。
前に私が質問させていただいた、メッケルさんの動画のような雰囲気です。(時代が近いのかな?)

私の持っているのは音だけなのですが、それには、うぐいすと反抗も入っています。それが音がとても良くて私は気に入っています。 動画となると音と映像の両方が問題になりますから、また大変ですね。画像の方もダビングを重ねると画質がどんどん落ちますね。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月26日 (火) 00時51分

>1964-1967さま

YouTubeにありますか?
ミサ曲はいくつか上がっていましたね。探してみます。
CDなどはありませんか?

投稿: maa | 2019年11月26日 (火) 08時56分

maa 様 

これです。テレジアミサで1982年となっていますね。すっごい間違った情報ですみませんでした・・・・・

これのコメントの所に Peter Illavsky さんが書いていらっしゃいます。私はドイツ語がほとんど解らないので意味の取り方が間違っていたらごめんなさい。

https://www.youtube.com/watch?v=rB6ji17O2_E

投稿: 1964-1967 | 2019年11月26日 (火) 22時47分

maa 様

再度失礼します。動画の情報はいろいろ間違っていて失礼しました。イラフスキーさんのご兄弟のコメントもドイツ語が正しく訳せないので、おわかりのかた力を貸してくださいね。訳したら違ってた・・というのが怖いので。

地下鉄副都心線(東急線乗り入れの)の渋谷駅の出発のベルが、ジングルベルになっていました。東急さん、乙なことをやりますなぁと嬉しく聴いていました。もうクリスマスも近いのですね。

投稿: 1964-1967 | 2019年11月26日 (火) 23時52分

>1964-1967さま

これ、思い出しました。ホルスト・シュタインの指揮のを知りあいがDVDにコピってくれたのを頂いたことがあります。たぶんこれだと思います。発掘しないと。。。。でもソリスト情報は知りませんでした。
83年組も歌っていますね。知りあいは83年ファンでした。
私もドイツ語は無理です。コメントはルドルフ君の兄弟のかたからですね。「私たちの音楽教育云々」と書いているので、兄弟2人とも団員だったかもしれない。ペーターさんはチェリストになられたのかしら。

投稿: maa | 2019年11月27日 (水) 18時26分

>1964-1967さま

自動翻訳でも、なんとか大丈夫みたいです。各自、自動翻訳しましょう。弟さんというよりお兄さんぽいですね。
東急はもうクリスマスですか? うちは千葉のどんくさいところなので、そのようなおしゃれなメロディは流れません。うらやましいです。
今年は都内でクリスマスマーケットがあるのか、ないのか、・・・グリューワインを頂きに行きたいです。とりあえず、ジブリ美術館のツリーを今年も見たいのでチケットをとりました。

投稿: maa | 2019年11月27日 (水) 18時38分

maa 様

接続今挑戦中です...
クリスマスマーケットが都内であるのですか?
どこでしょう、行きたいなぁ。
DVD 見つかりましたか?

投稿: 1964-1967 | 2019年11月30日 (土) 23時59分

>1964-1967さま

ネットの状況が良くなるといいですね。私もまだセブンのままなので、サポートが終了する1月までにはテンにしないとなりません。PCを買い替える必要があるようです。
クリマルは今年東京タワーのおひざ元、芝公園だそうです。
このあいだ図書館で見つけた61年ランク隊のことを、ほんの少し追加しました。61年の記事のところです。オペレッタで殿下の御意のままにのピヒラー君の写真も見つけて、ドレス姿があんまりチャーミングなので印刷してもらいましたが、ドカーンと1ページ分の大きな写真だったので掲載は著作権上どうかなと、今は控えています。でもその出版社がすでに解散している可能性があり、雑誌も廃刊みたいなので、どうしたらいいだろうと考え中です。

投稿: maa | 2019年12月 1日 (日) 00時40分

maa 様

言われた通りケーブルを一本変えたら少しよくなりました。
情報有難うございました。芝公園ですか、神谷町ですかnね。またジングルベルが聴きたいから渋谷経由で中目黒から日比谷線に乗ろうかな...
追支障がなければそのオペレッタの写真見たいですね。

ここの記事繋がりもあったので、今回はこちらに書かせていただきましたが、ここからは、61年の記事のことになります。追記読ませて頂きました。見たことのなかった記事を読ませていただくと新鮮な気がします。昔はけっこうインタビューの記事があったようですね。それによって少女雑誌のものとは、また違う情報があったりして良いですよね。
昔の組はずいぶんたくさん日本の曲を歌っていたのですね。聴きたかったです、すご~く!
私も61年組の情報はほとんど持っていなくて、パンフレットさえないありさまです。
こうして様子がわかってくると、ランク組もマイヤー組も実力組だったようで、もっと実態を知りたいと思います。

投稿: 1964-1967 | 2019年12月 1日 (日) 23時44分

>1964-1967さま

ネット繋がりますか?
クリマル東京の駅は都営観三田線の御成門です。12月6日から25日まで。
あと横浜のお赤レンガのところで、もう11月からやってます。シュテファン寺院のスノードームがあるみたいで、私はそれがほしい。
グリューワインもいろいろあるし、横浜行きたい。ただ遠いのです。2時間かかります。泣

ランク隊の追記を読んでいただきありがとうございます。
レセプションに出席したかたのレポだったのです。グラビアはそれとは別の一般誌でした。ピヒラー君はリースヒェンでした。校長先生の息子役の一人には、青きドナウに兵隊さん役で出演していた彼・・・名前を忘れましたが・・・横顔で一瞬の撮影ですが、なんか彼のような感じがしました。日本の歌をたくさん準備していたようで嬉しい記事でした。

投稿: maa | 2019年12月 2日 (月) 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エスコリアルのCDが届いたけど。 | トップページ | 小さな町のコンサート »