« 南アフリカのクリスマスはどんなかな? | トップページ | やっと球根を植えた日 »

2014年12月 6日 (土)

Laßt uns Lauschen(kreuzchor) * SONG FOR MARY(WSK)

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

Img048

まず最初はドレスデン聖十字架合唱団のクリスマスアルバムです。録音されたのは2002年と2004年です。

タイトルにも書いた「Laßt uns Lauschen」  そう!・・・邦題「耳を澄ませて」 が収録されていることを知り買ったものです。

クラシックな曲とトラディショナルな曲が良い感じでセレクトされているので、堅いなあと思ったあたりで、いつものクリスマスらしい曲が聞こえてきて和みます。

「Laßt uns Lauschen」  ソロ: Paul Schellong君

CD解説にはソリスト名が見当たらないのですが、YouTubeに投稿された方が書いているのでそのまま引用することにします。

CDでは、次のトラックが 「Ihr Kinderlein kommet」 ソリストの声が素朴。

この音源も同じCDからと思われます。

他に 「Leise rieselt der schnee」 「Lieb Nachtigall, wach auf」も良い。

「Maria durch ein Dornwald ging」は、もう少しboysの声を主体にしてほしかった。
こういうマイナーな曲は、少年の声が似合うと思います。

CDの最後は「きよしこの夜」 大きなカラーのこの衣装がクリスマスの正装なのでしょうか。いいよねえ・・・・・憧れ。

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

パッケージはエコな紙製。
開くとクリスマスツリーをプリントしたCDと、左側に解説が入っています。
こんな装丁は嬉しい。

Img049_2

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

ウィーン少年合唱団が昨年作ったDVD、「SONG FOR MARY」の予告編が、公式からアップされていました。1年前のものを、なぜ今?って気もしますが、それより一般のオンラインで販売すれば、より多くの人が買えると思いますが・・・。

|

« 南アフリカのクリスマスはどんなかな? | トップページ | やっと球根を植えた日 »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南アフリカのクリスマスはどんなかな? | トップページ | やっと球根を植えた日 »