« 去年のクリスマス | トップページ | Laßt uns Lauschen(kreuzchor) * SONG FOR MARY(WSK) »

2014年12月 4日 (木)

南アフリカのクリスマスはどんなかな?

行ったことないので、南半球のクリスマスを知りません。初夏なのだそうです。

Drakiesの可愛らしい子守歌を紹介しました。(10月25日の記事) それはライブ映像ではなかったのですが、ライブもありますよ・・・とおしえていただいたのを、今日はこちらに貼ります。

イグナス君が、一番自分にぴったりの時に歌ったくれた子守歌です。ゆりかごの振付がなんとも言えない。

Drakensberg Boys' Choir - Tula Tula   1998年のクリスマスから

☆・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆

☆・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆゚・*:.。. .。.:*・☆

 

 

先日NHKのプロフェッショナルという番組で、元南ア大統領マンデラさんを取り上げていました。民放でお馴染みのプリスカさんや加藤登紀子さんも出演していたので、夜中の再放送でしたが見てしまいました。

マンデラさんは昨年の12月5日に亡くなったのですね。明日でちょうど1年です。

「Sesivuma Sigiya」  ウィーンのコンサートでも何度も見ました。このステップだね!

|

« 去年のクリスマス | トップページ | Laßt uns Lauschen(kreuzchor) * SONG FOR MARY(WSK) »

Drakensberg boys choir」カテゴリの記事

コメント

happy01
11月下旬から「Noel音楽祭」の為に南アフリカに出掛けて
居た為、暫くmaaさんのブログも読めませんでした。
また変な時差ぼけで、今も目覚めています。土曜日なので
昼間もボケボケしていたの。
南アやDrakiesをご紹介下さって感謝です。

最近、ウィーンのライブにご無沙汰な為「Sesivuma Sigiya」
をウィーンが歌っているなんて驚きでした。
それも振り付けもDrakiesと同じみたいですね。
2000年の前(何年だったかしら?)ウィーンが南アツアー
を行った際に、Drakiesの学校を訪問したことを聞きましたが
その時の隊が日本公演を行った。どうしても南アツアーの
時の指揮者にお会いしたかったのですが、お目にかかる
チャンスがあり、その時のお話なども少しお聞きしました。
そのあたりで、私はウィーンに(ヴィルド氏も少し知っていたので)
DrakiesのCDやDVDをお渡ししたことがあったんです。

ウィーンはウィーンで十分。
そのままで良いと思うのですが、他の合唱団と「交流」
を持つのは良いことだと思うのですけれど。 
たまたま、南アツアーに行かれた先生とお話できたことは
良かった・・・。
その頃の状況をすっかり忘れているのですが、確か
ピアノ伴奏(日本人女性)と指揮者2人の日本ツアーでした。

今のウィーンの状況が分からない浦島太郎より・・
PS:あっ、9月に2回ウィーンで聴いたんでした。
(浦島太郎返上~)

投稿: natal | 2014年12月14日 (日) 02時17分

お疲れのところコメントありがとう。
時差もさることながら、気候気温の違いは大丈夫ですか?風邪やインフルエンザも流行っているので気をつけてくださいね。

Sesivuma Sigiyaは、アンコールでやることが多かったかな。Yakanaka Vhangeriとかも、カペさんが一緒になって歌ってました。
世界の歌をプログラムに組み入れ、その中には南アの曲もあるんですけど、Sesivuma Sigiyaは最初から踊ってましたね。ジャンべもステージの隅に置いてあって、わりと年長さんメインでパーカッション班ができています。WSKの場合打楽器多用については、賛否両論だとは思いますけど(笑)今では必ずといっていいほど、太鼓叩いてますね。

Drakiesに影響を受けてる?と、私個人としては感じてます。第一部は教会音楽、第二部は世界の音楽やポピュラーな曲、最後はワルツとポルカ・・・最近はだいたいこんな感じです。
natalさんが差し上げたDVDを見て刺激をうけたかもしれないですよ。

ウィーンはウィーンのままで充分に素敵で、
ウィーン情緒は彼らにしか醸し出すことができないものだと思うけど、彼らは彼らなりにいろいろ模索しているのかもしれないね。

投稿: maa | 2014年12月16日 (火) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 去年のクリスマス | トップページ | Laßt uns Lauschen(kreuzchor) * SONG FOR MARY(WSK) »