« やっと球根を植えた日 | トップページ |  再び "O Holy Night" »

2014年12月13日 (土)

リガのクリスマスアルバム

しんどい風邪をひいてしまいました。

職場で近隣の席3人がインフルエンザで休んでます。心配になって医者に行きましたが、潜伏期間があるので油断しないようにと言われました。インフルエンザは発熱してすぐだと診断できず、一日くらいたってからでないとわからないのだそうです。熱が出なければ週明けぐらいに予防接種は可能ですが、効き目がでるのに2週間ほどかかりますよとのことでした。(なんでもいいから、お願いしますよ・・・)

 

゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚*。,。*゚

新着動画の検索は時間がないけれど、お気に入りにあるクリスマスキャロルを、アドべントとして日替わりで貼るくらいならできるかなと思っていたのです。ですが、そんなわけで体調不良との戦いの1週間でした。おかげさまで冷蔵庫のビールが減らなかった。

Img050

リガ大聖堂少年合唱団の古いアルバムです。

このCDすべて英語なんです。フランスの曲までなぜか英語で歌っています。あと、トレブルよりテナーのソロが多いのも気になります。でも聞き流していると気持ちがいい。BGM向けかな。

パット・ブーンかと思うような声が聞こえてきたり、古き良きアメリカのホームドラマの雰囲気がする中、どこかヨーロッパの香りが漂っています。

いきなり「きよしこの夜」で始まりますが、静かにフェイド・インでスタートするのですね。これから始まる私たちの歌を聴いてくださいと言わんばかりの演出です。締めは何かというと、「いざ祝え、いざ歌え」 でも英語なので「O Thou Joyful Day」 

「きよしこの夜」が1曲目でエンディングが「いざ祝え、いざ歌え」 これって逆じゃないですか? というのは私の先入観かもしれませんが、ちょっとやられた感がありました。あえてそうしたかな・・・と思います。2008年の来日記念アルバムと一部内容がかぶっていますが、こちらのほうが一貫性がありますね。リガの優しく軽やかな歌声が生きています。

トレブルソロはこのクリップの2曲目に流れる「Bring a torch, Jeanette, Isabella」だけでした。もう1~2曲ほしかったです。

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

Jolly old St Nicholas , Bring a torch, Jeanette, Isabella

  

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪

|

« やっと球根を植えた日 | トップページ |  再び "O Holy Night" »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと球根を植えた日 | トップページ |  再び "O Holy Night" »