« Drakies 45周年のCD | トップページ | 黄金の翼にのって »

2015年2月 4日 (水)

ハイドンコア 韓国から2曲

WSK韓国公演の様子が、YouTubeにも上がっていました。
映像がクリアでカメラワークもいい感じ。

ルーカス&タミーノ君のデュエットは健在です。まだまだ歌ってください。

ジーノ君も元気そう。でも、もう生であの声を聴くことはできないと思うので、それが寂しい。

   ♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪

   「雨に歌えば」 と 「山賊のギャロップ」

ルイス君はここでも楽しそうに歌ってますね。いい笑顔。

ソプラノ側には新人君たちの顔も見えます。

|

« Drakies 45周年のCD | トップページ | 黄金の翼にのって »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

こんばんは・・・世界の情勢を思うたびに、昨今の韓国や中国のBoys Choirツアーや音楽祭など、とても活発に行っていることに感心しています。
また、テレビなどでも、しっかり放送されているんですね。Youtubeでも、いろいろUPされているようですね。そして、こうしてmaaさんのブログなどで、ご紹介いただけることで、何の苦労もなく拝聴&拝見できることに感謝です。
実際に生でコンサートを聴くチャンスが少ないと思いますが・・・やっぱり楽しいですね。・・ありがとう! 今年は、果たしてウィーンは聴けるかしら?

投稿: natal | 2015年2月 6日 (金) 22時32分

こんばんは。
韓国はTV放送があるので羨ましいです。日本も2012年の公演を少しでもいいので残してくれたらな…としつこいくらいよく考えてます^^;それか音源を…と。シューコアは私にとって初めてのWSKコンサートだったんですが、公演中は感動し過ぎて余裕がなくて、実はコンサートの内容自体はあまり詳しく覚えてないんです…。ヒルナンデスも見ていないので、いつか彼らの歌声を忘れちゃうんじゃないかって心配してます。
ラジオではなんだか落ち着かない様子でしたが、ジーノ君が元気そうで良かったです^^日本公演から時間はそれほど経っていませんが、みんな少し大人っぽくなってますね。子供の成長って早いな。映像にはいない子もいるみたいですが、韓国公演が無事に終わってよかったです!

p.s.ドラケンスバーグ少年合唱団の記事にコメントしたのは私です。名前を書き忘れてしまってすみません(>_<)

投稿: サラ | 2015年2月 7日 (土) 19時09分

natalさん
今や中国も韓国も毎年贅沢な少年合唱団ツアーを行っておりますね。安定した招聘元があるのかしら。中国なんて観客数もすごそうですよね。

韓国の感心するところは、パリ木でもウィーンでもテレビやラジオで放送することですね。招かれる側も嬉しいと思います。私たちも録画や録音ができれば、こんなに嬉しいことはないですもの。

投稿: maa | 2015年2月 8日 (日) 01時05分

サラさん Drakiesへのコメントありがとう。
日本ではなかなかCDも買えないし、私もじっくり聴いたのはこれが初めてでした。

ハイドンコアの動画、たくさんアップされてましたね。ジーノ君とニコラス君のアリランも素敵でした。できれば「シェナンドー河」を聴きたかったけど、贅沢を言えばきりがないですね。
初めて聴いたコアの声を忘れたくないというサラさんの気持ち、とてもよくわかります。自分もそうでした。テレ朝が招聘していた時代は、必ず公演のテレビ放送があったから録画していた方も多いし、市販もされてました。今ではYouTubeでも見れます。
最近は寂しいですね。ヒルナンデスは私も見ていなくて、誰かがYouTubeに上げてくれるのを期待していたけれど、結局何もないまま3年になります。2012年はどうしても都合がつかず、集いに参加できなかったのですが、パウル君のようなソリストがいたので、あわててチケットの追加オーダーした年でした。誰か録画見せてくださ~い。
せめてNHKぐらいは、もっと積極的に取り上げてほしいですね。

投稿: maa | 2015年2月 8日 (日) 01時30分

maaさん、そしてサラさん・・・ありがとうございます。
Drakiesのコメント下さったのは、サラさんだったのですね。本当にありがとうございます。
かつての日本は「少年(少女)合唱団」ツアーが目白押しで、世界一「少年合唱ファン」大国だと思っていました。ほぼ来日毎に、テレビでも放送されましたし・・・中国や韓国でツアーをしてもギャラも違っていたはずですし。でも、今や中国、韓国の方が、先を行くようになってしまいましたね。Drakiesでさえ、9月は韓国ツアーです。http://www.pro-art.co.kr/eng/concert_world/draki2015.html
3日くらいで韓国に行けそうなので(飛行機、宿泊込み3~4万円)是非、お時間がありましたら、お出かけになって下さい。マネージメントは「クラシック」畑のところのようですが、前回韓国に行った時、感じたのはスタッフはお一人で(英語はできる)後はコンサートでのパンフレット売りなどは、大学生の女の子2人がバイトでついていました。そういうところにお金をかけていない・・と感じました。そして、気さくなマネージャでした。ウィーン辺りですと、結構韓国までお出かけになるファンもいるかと思いますが・・・もし、お時間がありましたら、是非Drakies「韓国公演」においでになってください。
さて・・・長らくご無沙汰でしたが、今年はウィーンも当日券で良いですが・・・コンサートに行こうかな?なんて思っております。maaさんとお会いできるとしたら、嬉しいですし。そう・・行くとしたら「東京」しかないですね。もっと地方にもコンサートして欲しい。こちらにありましたら、絶対に行くんですけどね!

投稿: natal | 2015年2月 8日 (日) 11時29分

natalさん、日本ってそんなに凄かったんですか⁈法律が厳しいのでTV放送もほとんどないんだと思っていました。 Drakiesの公演情報ありがとうございます!Drakiesはあまり日本には来ないんですか?WSKなんですが、私が初めて行った2012年公演と比較すると、毎年少しずつですが、ファンの方は増えていると思います…が、maaさんはどう思いますか?^^;ぜひWSKの公演に来てくださーい‼︎natalさんの住んでいらっしゃる地域には来ないんですね(>_<)

maaさん、公演のビデオが売られていたんですか!だから、オペレッタなどがYouTubeにアップされているんですかね?実は、2012年のツアー中の写真が載った会報を友人が写真を撮って見せてくれたんですが、結構来日中のブログにあっま写真と変わらなくて驚きました(^_^;)2人のお話を聞いていて、こういうところも以前と比べると変わってしまったのかな?と思ってます。
パウルなんですが、maaさんでも素晴らしいと思うんですか?もっと前のWSKを知っている方からは「近年のウィーン少年合唱団はレベルが落ちた」や「良いソリストがいない」とか言われているみたいなんですが…。

投稿: サラ | 2015年2月 8日 (日) 15時59分

サラさん、かつてのWSK の招聘がテレビ朝日だったこともあり(2000年までは)必ず、来日前に前宣伝の特集があり、なおかつ、来日してすぐに朝番組にゲスト出演、滞在中にコンサートの録画、放送するのが一般的でした。招聘が終わるあたりは以前よりも熱心に取り上げていない感じもありましたが。テレビ朝日主催の場合は、各地方にテレビ朝日系列のネット局があることも幸いして、日本中、ほぼくまなくコンサートがありました。勿論全ての町でコンサートできはしなくとも、一県一コンサート的な.....ね。私は新潟なのですが、はるか以前は県内で3コンサートがあったこともあります。広く日本中に響きわたった彼らの歌声だったわけです。その昔は、3年に一度の来日で3ヶ月の滞在でした。3年のうちにおp小遣いを貯めて、コンサートに行く。それが若かりし頃の私のライフワークでもありました。ウィーンの来日の次の年がウィーンの森という図式の頃もあり、それ以外でも、夏は色々な合唱団がツアーでやって来ました。少年少女合唱団も含め、夏は親子でコンサート、って感じでしたね。私は地方在住なので、全てこちらに来てくれるわけではなかったですが、それでもウィーンの森、モーツァルト、オーストラリアのNBC,トマーナ、パリ木、チェコ少年少女、プラハ少年少女、ハンガリー少年少女、リガ等、色々楽しみに聴いていました。かつて、子どもの合唱団も、キチンと収益が出ていたのだと思います。最近は有名なところは高いチッケット代でも大丈夫ですが、ちょっとした合唱団のチッケット代はお安いですものね。集客が大変なのかもしれませんね。中国は何度も「世界音楽祭」を開催したり、合唱を人々に浸透させているのを感じます。人が入ってくれれば、ツアーもやりやすい。日本ももう少し、多くの人が関心を持ってくれると、もっと沢山の合唱団がツアーに来てくれると思うんですが。
ウィーン少年合唱団が各地でコンサートを行なわなくなって、地方の隅々へ浸透していないような気がします。これは残念ですね。地方の主催者が呼んでくれないって事もありますが。
Drakies は、3回のフルコンサートと愛知Expo での招待公演で来たことがありますが、もう10年来日していません。そろそろ来て欲しいものです。
かつてのウィーンと比べて、レベルが落ちたとか、そういうお声を聞かれるとか。確かに、以前と比べて印象は変わりました。それでも、コンサートの善し悪しや感動は、それぞれの感性ですし、今、サラさんが感動していることそれこそが真実。昔のファンがかつてを恋しく懐かしむことも真実。今、かなりドラキー的な歌を歌ってるWSK で驚きもしましたが、時代と共に変化していくことは自然なことだと納得しています。今、皆さんが、WSK に感動されて、熱心に聴かれる姿勢を嬉しく思います。沢山良い音楽を聴いて、いっぱい感性を磨いて下さいね。私もWSK がスタートで、その後、オペラ、オーケストラ、ピアノ、色々な音楽を聴くようになりました。私もチャンスがあれば、ことしのWSK 聴けると良いなあ\(^o^)/

投稿: natal | 2015年2月 9日 (月) 10時33分

サラさん こんばんは
natalさん 長く熱心に合唱団を応援し続けているnatalさんらしいコメントを頂けて、本当に嬉しく思います。

市販されていた公演ビデオは89年、92年、94年、96年があります。2000年はライブCDですね。ご存じかと思いますがドラえもん歌っているCDです。
1980年前後から家庭用ビデオが普及したので、個人でも録画している方が多いと思います。そういったものが一部YouTubeに上がっているようです。

合唱団の実力が下がったという意見も聞きますが、そこには昔を懐かしむ郷愁とか、初めて日本にボーイソプラノを聞かせてくれた頃の強い印象などもあるように思われます。また子供たちの合唱は、指導する大人によっても変わりますよね。少年合唱に対して求めるものは、聞く人それぞれ違っていて良いと思います。
パウル君が歌った「ワハビビ」に関しては、2010年にも同じ曲を歌ったソリストがいて、美しかったせいか涙している方もあったようです。でも私はパウル君の「ワハビビ」が好きでした。声の揺れとか、微妙なところで好きでした。
昨年のジーノ君も声量が足りなくて、ここ一番で声が出ないこともありましたが、私の気持ちには彼の声がすんなり入って来ました。それは理屈ではないと思います。なのでまたコンサートに行きたいと思ってしまうのです。

ただ一つ、これだけは昔がいいなあと思うこともあります。それは歌うときの姿勢ですね。後ろに手を組んで立ち、指揮者をじっと見て歌う姿は、貴公子のように思えました。それこそ郷愁かもしれませんが・・・。

こちらの動画は、1967年のヨーロッパの音楽祭の様子です。ウィーン少年合唱団が大勢の観衆の前でライブで歌う映像としては、おそらく最も古いものではないかと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=IfTmk_WZ74s

投稿: maa | 2015年2月10日 (火) 01時00分

サラさん
WSKの公演ビデオですが、92年組は出ていませんでした。
間違えました。ごめんなさい。

投稿: maa | 2015年2月11日 (水) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Drakies 45周年のCD | トップページ | 黄金の翼にのって »