« 黄金の翼にのって | トップページ | みんな違って みんないい »

2015年2月 8日 (日)

ソロの美しさ

もともと園芸ブログで冬もガーデニング作業はたくさんあるのですが、雨降ってるし寒いし・・・ってことで、今日も少年合唱。カテゴリー分けの意味があまりない状態です。

ソロの動画の中に、世にも美しい「アベ・マリア」がありました。

トレブル記事としては「クリント君」ですが、今を視点に書くと、カウンターテナー歌手クリントさん、ドラキー時代の声と言うことになります。「夜の女王」を歌える少年でしたから、この曲では有り余る声量をおさえながら、気持ちをこめつつ徐々に歌いあげている感じがします。(オケの管楽器はいらないなあ。)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ソロの動画をみていたら、親子の少年時代の声がありました。

以前トレブルサイトで見た気がする古い録音の少年で、ポール・ダットンさん。

1970年の録音で「Hear my prayer」ですが、この動画の説明部分に彼の息子ウィリアムが歌っているというリンクUPLが書いてありました。

それがウィル・ダットン君でした。Choirboys 2代目ですよね。

最初のChoirboysは来日してテレビに出演していました。ビデオ探さなくては・・・。VHSとDVDのダビングできる機能があるデッキを買ったのです。VHSもカセットテープも現役。世間で化石になったものが、うちでは結構生き延びてます。

話がそれました。 *~*~*~*~*~*~*

美しい声はDNAですね。

|

« 黄金の翼にのって | トップページ | みんな違って みんないい »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです(^^)
クリントさんのドラキーズ時代の音源がありましたか!ずっと気になってたので嬉しいです♪
昨年バッハコレギウムジャパンの「マタイ受難曲」でソリストとして活躍されたときに、出待ちで少しお話ができました。歌声はもちろんですがサインも快く書いて下さり、とても気さくな方だなと感じました。

前に見たことがあるかもしれませんが、こちらの記事です↓
http://ameblo.jp/kingoju/entry-11828571642.html

このときは「ドラキーズ出身の人」としか知らなかったので、今少年期の歌声を聴くとなんだか不思議な感覚です^^;
とっても綺麗!


あと前回の記事でponkoさんがコメントされていたトルコ出身のデニス君、なぜか合唱団を辞めてしまったんですよ~;;今年会えると思っていたのに、残念です。。

宗教上の理由でブタ肉が食べられなかったり、いろいろと大変なこともあったのかなぁと思います。

投稿: キンゴジュ | 2015年2月13日 (金) 01時56分

日参しております・・・lovely
クリントさんの音源を紹介下さってありがとう。

クリントさんは、ちょうど90年代初めにBoy sopranoで活躍していましたが・・・Drakies卒業後もスカラシップで南アの学校に進学でき、その後もスカラシップでイギリスのイートン校に留学できました。クリントの在学中にイートン校もDrakiesへ出向き、共演も果たしています。
いろいろな意味で、Drakiesは単なるアフリカ(南ア)の民族的な歌を歌うだけのChoirではないと思います。
これからも目を離さずに密やかに応援お願いします。
キンゴジュさんも・・・よろしくね!

投稿: natal | 2015年2月14日 (土) 02時57分

キンゴジュさんへ・・・
Clintさんのほかの少年時代のソロもご案内しますね。

https://www.youtube.com/watch?v=kyMb2cn8vwA

https://www.youtube.com/watch?v=XxYmIe0VPao

https://www.youtube.com/watch?v=rOuxLJzGWAA
(これは↑ 歌はクリントですが、動画の写真はクリントではなく、ジャックです)

投稿: natal | 2015年2月14日 (土) 18時13分

キンゴジュさん お元気ですか?
キンゴジュ・ブログは平日は通勤電車で読むのが日課。それで今日はパリ木書きたくなったの。最近はツイッターも読んでますよ。でも追いつけない(汗)

クリントさんに会ったんですね。写真見ると、目もとが少年時代のまんま。そのまま大きくなったみたいで可愛い(失礼・・・) マタイはホント長いよね。でも私も生で聴いてみたいです。ここ数年、犬の介護があったのと、年度末(マタイ、ヨハネの時期)は超忙しかったので、我慢していました。でもこの次のマタイは絶対に行きます。
デニス君のこと、残念でした。ponkoさんから聴いて名前を覚えて会えると思っていました。
誰でも才能さえあれば勉強できると思いがちですが、そうでないこともあるんですね。

投稿: maa | 2015年2月14日 (土) 22時28分

natalさん
また新たなる発見をしました。
ジャックさんの「Chessアンセム1」です。聴きました?
バニーさんのマエストロ動画の一つに、Jacques Imbrailloという名前があったので、てっきりソプラノかと思い聴き始めたら成人後の声でした。
ベンが歌っているのを聴いて、この曲が大好きになったのですが、ジャックさんの歌もいいわあ。2001年と書いてありましたから、22~23歳? ごくごく若い時ですよね。そのせいかさわやかでピュアな感じ。ちょっとしたサプライズでした。

投稿: maa | 2015年2月14日 (土) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156913/61422971

この記事へのトラックバック一覧です: ソロの美しさ:

« 黄金の翼にのって | トップページ | みんな違って みんないい »