« 日本の少年合唱団の歌声 | トップページ | リセットした »

2015年3月26日 (木)

鎌倉雪ノ下教会の聖歌隊:グロリア少年合唱団

鎌倉は遠かったです。いや、私のうちが遠いの。どこから来ても、どこに行ってもうちは僻地です。再びブロ友さんにおともさせて頂きました。

定期演奏会は駅前の生涯学習センターで行われました。教会ではないのでした。たぶんクリスマスと違って教会行事ではないから。演奏は「マリアさまの歌をあつめて」というタイトルでした。

最初に登場したピッコロクラスとCクラスは幼稚園生です。こんな機会でもないと園児の歌は聴くことはないので、学芸会のようでしたけど微笑ましかったです。全部で7名のチビッコたち。がんばれ!

その上のクラスはBクラスで、小1~小2のボーイソプラノ準備段階。こちらも7名でしたが、表情もきりっとして歌うためにここにいるという意識を感じます。ここまでは半ズボン隊です。

小3以上変声までがGクラス。変声後から高3までがMクラス。また大人の男声もいて、彼らが合同で歌うとかなりの迫力です。

Facebookにレパートリーの中で好きな歌の順位が載っていました。一位が映画「天使たちにラブソングを」で歌われた「Hail Holy Queen」で、2位がファティマのアヴェ・マリア「ああ うるわし」なのだそうです。

私がこの日いいなと思った順位は逆でした。
一位が「ああ うるわし」で、2位が「Hail Holy Queen」

教会に所属する合唱団の演奏会ということで、信者の方も多くいらしていた様子。なので、皆さんもご一緒に歌ってくださいというシーンがありました。

それがルルドのアヴェ・マリア「あめのきさき」と、最後の曲「ああ、うるわし」だったのですが、恥ずかしくて声は出せません。でも日本語の聖歌ですから、言葉の意味も理解でき、本当に美しい曲でしたから、ウルウルしてしまいました。

その「ああ、うるわし」が、この日ロビーで販売していたグロリア少年合唱団のCDに収録されていました。海外の教会コンサートでアンコールに歌われたものですこちらで視聴のボタンを押すと聴くことができます。Youtubeにあるのはボーカロイドで、私は電子音は好きじゃないのであまりお勧めしません。

「Hail Holy Queen」は、手拍子を打ちながら楽しそうに歌っていました。3人のソリストが前に立っていましたが、ちょっと緊張気味だった? WSKでも2012年に来日公演で歌いましたね。アレンジも少し似ていたかな。違うのはGクラスの兄さん声が入ること。より迫力が出ました。

これもシューコア。2014年ですね。カメラ遠くて顔が見えないし、ちょっと元気ないかなあ・・・。日本で歌ってくれたほうが元気だったと思われませんか? 

 ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

先日TOKYO FM合唱団の記事を書きながら、貼った歌は東京少年合唱隊だったので、前に載せたことのあるマルセリーノをもう一度貼ります。

投稿してくださったtreblechoirさんは、このCDをeBayで入手されたらしい。日本では勿論廃番で復刻もなし。

河村卓也が歌った'Marcelino Pan y Vino'と、久世基弘が歌った'Carrisimo Pinocchio'ですね・・という日本語でのコメントが入っていました。

|

« 日本の少年合唱団の歌声 | トップページ | リセットした »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156913/61422957

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉雪ノ下教会の聖歌隊:グロリア少年合唱団:

« 日本の少年合唱団の歌声 | トップページ | リセットした »