« Knabenchor Festival ほか | トップページ | WSK * みなとみらいホール * Aプロ »

2015年5月23日 (土)

1950年代のレコード

最新ウィーンが来日中に、なんでこんなに古いのって言われそうです。最新ネタが見つからないし…。

このレコードが好きなんですね。海外の方がYouTubeにあげてくれました。私はこれをオークションで買ったんです。誰からも入札がなくて、私一人がポチっとクリック。普通のCDの値段ぐらいで買えました。

こんなにレアな10インチ盤なのに、保存も良くてお買い得だったと思っています。

アメリカのプレスで30センチLPにも同じようなラインナップがあるのですが、なんか10インチ盤のほうが可愛い。ビニールレコードではなく、重量盤っていうのかな。厚みがあって小さいのにずっしり重く、落としたらパッカーンと割れそうな感じがします。それほどに、古いの。33回転ですがモノラルみたいです。

時代は1950年代の前半ではないかと思います。ちゃんと調べてないので、はっきりとはわかりませんが、指揮者のLacovich氏の略歴から、それくらいの時期かと思いました。

実はGWのウィーン少のコンサートで、ミヒャエル君の声を聞いたとき、このレコードのソロをちょっと思い出したのです。似ているわけではないけど、あっ・・・・明るい系! 話し声まできれい!

高くて明るい華やかなイメージ。合唱団のコーラスそのものも、声が高めで懐かしさを感じる響きでもありました。

聞く耳は人それぞれなので、「そんなこたぁなかろう・・・」と思う方もあるでしょうね。それはそれで全然OKなのです。あくまでも私の感想なので、はい。気にしません。

(あるいはこの音質は、当時の録音技術の具合から来るものかもしれませんが。)

シューベルトとモーツァルト

          **********

今日は、みなとみらいです。happy01 notes

|

« Knabenchor Festival ほか | トップページ | WSK * みなとみらいホール * Aプロ »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

あれれ、コメントを書いた筈なのに、送信を忘れてPCを消してしまったようです。
私も昔の少年達の歌声は今より高めだったような気がするんですよ。
昔の映画を見ていても、俳優たちの声が高い・・・。
この動画の他に後三つ見つけましたので、私も早速「南国のバラ」をブログに取り入れました。
今、古い映画をmaaさんの為に編集しているところです。

投稿: ponko310 | 2015年5月25日 (月) 19時36分

コメント届いていますよ。大丈夫です。

古い映画?何でしょう。

「南国のばら」の、のびのびした声は本当に素敵。ponkoブログの編集追加も楽しみになってきました。どうもありがとう。

投稿: maa | 2015年5月26日 (火) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Knabenchor Festival ほか | トップページ | WSK * みなとみらいホール * Aプロ »