« アンコールの曲 | トップページ | Knabenchor Festival ほか »

2015年5月20日 (水)

ハイドンコア 2011年3月

来日できなかった2011年のブルックナーコアの動画を探していたら、見たことのなかった動画がいくつか出て来ました。

ケレム先生時代のハイドンコアですね。どこのツアーだろう。東欧かな。いやスロベニアのようです。クロアチアとオーストリアの間・・・。
なぜか全員が一人ひとりマイクで歌っています。

「ピチカート・ポルカ」 これは楽しいですね。この間のコンサートで、ロベルト君が景気良く弦をはじいていたのを思い出します。

「We are the World」は、日本でも歌いましたが、合唱メインでした。ここではソロで歌い継いでいくパターン。なんだか、去年のハイドンコアの「We are the World」にたどり着くまでに、こんな風に歌う時期もあったのかなって、コーラスの変遷を見るようで興味深いです。

双子ちゃんのソロ初めて聴きました。
(追記:歌っているのはヤコブ君の方?) 

2011年3月29日の映像でした。

|

« アンコールの曲 | トップページ | Knabenchor Festival ほか »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

maaさん 本当にありがとうございます。
そして、サラさんもありがとうございます。

ファン歴3年目の私には過去の動画を観ても
名前さえわからないもどかしさがあって、
本当にお忙しいところご面倒をおかけしました。
いつも、素敵なブログ楽しみにしています。
一つ心がクリアになって、明日は思いっきり
楽しんできます。残念ながらTOCの初めての
2階席ですが。♪

投稿: ユカリン | 2015年5月21日 (木) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アンコールの曲 | トップページ | Knabenchor Festival ほか »