« 別れの寂しさをもう感じてるらしい | トップページ | ソフィア少年合唱団 »

2015年6月 4日 (木)

テレビの感想

タイミングずれてますが、先日のテレビ放送の感想。

「エンター・ザ・ミュージック」は結構長く時間をさいてウィーン少を紹介してくれました。

定番の合唱団についての解説(有名作曲家との関係とか)をしながら、サントリーホールのライブとインタビューが流れます。

曲は「野ばら」「カルミナプラーナ」「エーデルワイス」「雷鳴と稲妻」 

この選曲はちょっと物足りない感じです。今のWSKを語るには、当たり前すぎるラインナップになりました。でもライブ映像を残せただけでもうれしい。

インタビューは、マノロ先生の他に団員は3人。マグナス君、リュウセイ君、ラファエル君。

内容は日本の印象、入団のきっかけ、将来の希望とか・・・。

放送時間は20分ぐらいはあったかと思います。最後は関西フィルの演奏で、シュトラウスのポルカ「憂いもなく」 全体にウィーンを醸し出して、とりあえず満足でした。

  ********・*************・*******

「トラベリックス」 こちらは音楽番組ではなく世界体感旅行という趣旨なので、ウィーン少が出演した部分は数分だけでした。

ほとんどウィーンの街歩き、主に旧市街を取り上げていました。

で、ホーフブルクカベレの礼拝堂が映ったところで、初めてウィーン少の礼拝ミサが映し出されます。時間は短かったけれど、3階バルコニーの内部でウィーンフィルの演奏とともに歌っている風景は素敵でした。モーコアでしたね。今も残っている来日団員だちが本当に成長してしました。

H*momomoさんが、また素敵な動画をアップしてくださいました。

レバノン聖歌「ワ・ハビビ」 (私の最愛の人)

この曲はかつてルーカスが歌いパウルが歌い、いつも心にしみる美しさで、私にとってはとても大切な曲です。

|

« 別れの寂しさをもう感じてるらしい | トップページ | ソフィア少年合唱団 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 別れの寂しさをもう感じてるらしい | トップページ | ソフィア少年合唱団 »