« Süßer die Glocken nie klingen  | トップページ | The State Moscow Chorus Arts Academy モスクワアカデミー合唱団 »

2015年8月31日 (月)

Heidenröslein ウェルナーの野ばら

昨日はクリスマスキャロルのビデオから1曲選びましたが、今日は「ウィーンかたぎ」の方から「野ばら」をアップしてみました。

このビデオには斬新な撮影のクリップもいつくかありました。アーティスティックというか、実験映画っぽいのです。おそらく当時は、そんなコンテンポラリーな映像が流行っていたのでしょうね。

極端なロングショットで顔が見えないどころか、人物かどうかもわからないくらい引きで撮ってるのとか、ネガポジ反転させたようなのもあって、ちょっと凝り過ぎかなとも思ったり・・・。

その中でこの「野ばら」の映像は、素直に美しいと感じました。冬枯れの木々、鏡の枠はきっとゴールドで、赤やピンクのバラが飾られているのでしょうか。ガラユニフォームの団員たちがシンメトリーに並んでいる光景はため息ですね。

欲をいえば片側だけでなく、両側の団員たちを入れてほしかった。せっかくアップで撮影しているのに、全員写してよ~と、すがりつきたい気持ちで見ているうちに曲は終了してしまいました。

でもきれいなコーラスで、とても気に入っています。

モノクロ映像ですが、すこしパープルピンクっぽく色相が変わっているのは、私が手を加えたわけではなく、もともとのビデオの色合いです。

これ、フルカラーで見たかったけど、カラーにしたらこの雰囲気は出せないかもしれない。

|

« Süßer die Glocken nie klingen  | トップページ | The State Moscow Chorus Arts Academy モスクワアカデミー合唱団 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

これは64年組が日本から帰ってかなり時間が経ってしまった頃の動画なんですね。
沢山の新しい団員の顔が写っています。
ミュルナー君がいないのは判りますが、ネンメルト君はどこ?っと目を凝らせて見てしまいました。
ほんと、反対側も映して持たいたかったです。
一番最初に映った少年は西ドイツから来た子でしたね。次はレーベル君、そしてビュヒラー君、マルシャート君、チェルニー君、そこからあとは新しい団員たちでした・・・懐かしくってもう、体が震えています。
この子たち、なんて美しい歌声だったんでしょうね。
maaさん、本当に有難う。

投稿: ponko | 2015年9月 9日 (水) 20時52分

ごめんなさい、興奮のあまり誤字が・・・あ~、なんて大人気ないんだろう。
でも、64年組は、もう特別です。

投稿: ponko | 2015年9月 9日 (水) 20時55分

ponkoさん 再びこんばんは。
この撮影は64年の秋から冬ぐらい? ミュルナー君をはじめ、来日した上級生がいなくなって新入生が増えてますよね。先頭の子は、確かR.ヴァインベルガー君。西ドイツから来たなんて知らなかった。
本当に全員をズームで撮ってほしかったです。

投稿: maa | 2015年9月10日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Süßer die Glocken nie klingen  | トップページ | The State Moscow Chorus Arts Academy モスクワアカデミー合唱団 »