« 秋の庭園で | トップページ | Unter Himmlischem Engelsgesang(カイ・ポダック) »

2015年10月11日 (日)

坂道を下って思ったこと

昨日うちの法事がありました。

お寺は都内ですが、タモリさんが喜びそうな細い坂道がたくさんある寺町で、大通りから1本入っているので、メジロやオナガなどの野鳥もみられる静かなところです。

お墓参りの帰りには、駐車場の完備された品川近辺のホテルや商業施設で、よく昼食をとります。

昨日も品川に向かいましたが、時間が早すぎたので白金を経由していつもと違うルートで車を走らせていました。と書くと、まるで私が都内をスイスイ走行しているようですね。

coldsweats01 私は、ほぼほぼペーパーです。もう首都高なんて、死んでも無理・・・あんな狭い曲がりくねった道! せいぜい近所のスーパーぐらい。 いやそれも最近は怪しい。

ブレーキがどっちか迷うことがあって(超危険・・・)、ようするに才能がないんです。

 *** ・ *** ・ *** ・ *** ・ ***

運転は人任せで、いつも助手席ですが、ナビの使い方もわからないので役立たずです。

ふと気がつくと、左側に高輪プリンスホテルが見えました。

大きな曲がり角の向かい側には、カトリック教会があります。

品川駅まで続く長い坂道をおりながら、かつてこの道を何人のファンたちが行き来したことだろうと思いました。

NET(現テレビ朝日)が招聘していた頃の、東京での宿泊先高輪プリンス。

ウィーン少ファンの聖地だったのですね。

私はホテルを訪ねたことはありませんから、なんの思い出もありません。

でもこの瞬間に1980年にワープできたら、この10月・・・坂道を上がってくるファンがいたでしょうね。珍しく秋に来日しているのです。

YouTubeにどなたかが、コンサートをまるまる1本アップしていたのですが、いつのまにか削除しちゃったみたいで、見つかりません。

ダビングしてもらった古いビデオでノイズがありますが、限定公開で自分でやってみました。

80年組のミヒャエル・クナップ君のソロ。WSK史に残る名ソリストと、断言できます。

自分はちゃんと聴いていなかった時代が長いので、リアルタイムでの記憶はないのですが、誰も異論はないですよね。

「荒城の月」とか、素晴らしかったと聴いています。その動画はなくて残念です。

Pueri concinite Michael Knapp

|

« 秋の庭園で | トップページ | Unter Himmlischem Engelsgesang(カイ・ポダック) »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

今出先ですので 詳しくコメントできませんが、思い出の高プリの事を思い出しました。
私は72年のラストと、75、78とちょっとだけですが顔を出しました。
その後は94年に復活?
96.98,2000年とちょっと顔出したかな?
ってくらいですが あのホテル周辺は静かで良い雰囲気で好きですね。音楽話題ではないですが。

投稿: natal | 2015年10月11日 (日) 20時48分

コメントありがとうございます。
高プリに集った(群がった?)ファンが見えるようです。natalさん何度も行ったのね。
あのホテルのお庭には、ウィーン少の姿が本当によく似合うと思います。
ちょっと横に入ると御殿山の瀟洒な住宅街があって、ホテルも緑が多くて環境は素晴らしいですね。宿泊は無理でもレストランは行ってみたいです。

投稿: maa | 2015年10月12日 (月) 15時42分

高輪プリンスホテルがウィーン少年合唱団の聖地だったと言う表現に感激して思わず鳥肌が立ってしまいました。
maaさんは何の思い出もないのですね。
残念で仕方ありません。
私には64年から72年までそこに素敵な思い出が有り過ぎて胸が痛いくらいです。
ミヒャエル・クナップ君の名前は聞いていましたが、これが彼の歌声だったのですね・・・素晴らしい。
アップしてくれて有難う、maaさん。

投稿: ponko | 2015年10月15日 (木) 21時19分

ponkoさん、コメントありがとう。
長年のファンの心にはあの坂道が焼き付いているでしょうね。桜の木もずっと昔からあったのかしら?
思い出がないのはつくづく残念だけど、時間は戻らないので仕方ないですね。
今の宿泊先ANAホテルにはない情緒が、高輪にはあります。
クナップ君のソロはYouTubeで他にもアップされていますが、まわりの団員たちも皆美声です。

https://www.youtube.com/watch?v=1CC1OAP28ck

投稿: maa | 2015年10月16日 (金) 00時04分

maaさん、あの坂道に桜があったかなんて、覚えているわけがないっしゃ。
ウィーン少年合唱団の事で頭がいっぱいだったのだもの。でも、72年の写真を見ると、ホテルの庭には桜が咲いています。
きっと、坂道にも咲いていたんでしょうね。
思い出はこれからも作れるよ。
ね、私と一緒に元64年組に会いに行かないかなぁ。

投稿: ponko | 2015年10月16日 (金) 06時23分

本当に素晴らしかったですねー今聴いても、やはり感動します。アップしてもらい有難うございました!!

投稿: チロ | 2015年12月20日 (日) 12時51分

チロさん はじめまして。
コメントありがとうございます。
昔のことを覚えている方がいらして嬉しいです。
向かい側に立っている、イェルク君の「ブラームスの子守唄」のソロもあるので、それもアップしようと思っています。
マイナーブログですが、また遊びにいらしてください。

投稿: maa | 2015年12月20日 (日) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の庭園で | トップページ | Unter Himmlischem Engelsgesang(カイ・ポダック) »