« 坂道を下って思ったこと | トップページ | レコード針 »

2015年10月12日 (月)

Unter Himmlischem Engelsgesang(カイ・ポダック)

好きな動画が復活していました。

いつ頃だったか忘れましたけど、いつのまにか削除されていた動画が、再びアップされていたんですね。

当時ダウンロードした記憶はなかったのですが(忘れてるだけでしょうなあ)、パソコンのお掃除していたら、Tempフォルダーにデータが残っていたので、これまでも個人的には聴き続けていました。

ただ解像度が低くて、ワンセグサイズぐらいでないと、モザイクになってしまうんです。なので、よくipodで見ていました。

それが今回は表示サイズも改善されて、人々の表情も良くわかります。

こんな顔で歌っていたんだ・・・と、改めて感動してしまいました。

20年ぐらい前の録画ですが、クリスマスの曲としてすごく好き。トレブルでは他で聞けないんじゃないかな。

アウレリウス少年合唱団には、カルフという町の名前がついてます。

それがどこにあるのかって思っていたら、この動画の最初の画面で、(シュトゥットガルトの西33km)と字幕がありました。・・・そうなんだ。

  ♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

  ♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

Aurelius_sangerknaben_cd

1995年プレスでこんなCDがあって、以前はドイツのショップに頼まないと買えなかったのですが、今は日本のアマゾンにもあります。数年の間に海外から出店するショップが増えたんですね。

ソロだけでなく二重唱、三重唱も美しくて、内容もバラエティに富んでいます。YouTubeには、このCDからのクリップがいくつか出ていますね。メンデルスゾーンの「目をあげよ」(Engelterzett)は秀逸です。

 ♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

カイ君はキレのある声なので、バラード調よりメリハリの聞いた曲で個性が発揮されるようです。たとえばこのブラームス、カッコいい。

たぶんラファエル君と交互に歌っているのではないかと思います。

  ♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

最初のクリスマス動画にカルフの位置が書いてありましたけど、そうでもしないと世界中の人にはわからないような規模の都市です。

それなのに設立後10数年で、こんなソロアルバムを作るほどレベルが高く、今も団員たちはガンガンオペラ出ているし、ドイツの子たちの歌唱力って計り知れない。

隣り近所にもこんな美声のボーイズが、星のごとく大勢いるのだろうかと考えてしまいます。

動画を探していると、右側のサムネイルが並んでいる中に、現在のカイ・ポダックが出てくるんですね。自身のビッグバンドでジャスをやっている渋い兄さんです。

ソプラノ少年カイ君と、今のジャズマン、カイ君とのギャップが、・・・・なんかこれもYouTubeの面白いところかなと思うわけです。

そういえば、エレファントカシマシの宮本さんも、子供のころは少年合唱団でしたね。

 ♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

暇なので、しばらくぶりでこのCDを聞いています。

バッハのカンタータやメンデスゾーンのモテット、有名なオペラのアリア他、「ラウダーテ・ドミヌム」「アヴェマリア」といったby request的な曲も含め、ソリストはこの表紙の7人ですが、様々なカラーを感じさせてくれます。

|

« 坂道を下って思ったこと | トップページ | レコード針 »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

最初の動画はドイツでも有名なフィッシャーコーアなんですね。
この少年合唱団は何度かテレビでも見たことがありました・・・・もう、ずっと、ずっと前のことです。
あの頃からはもう少年合唱団に興味が無くなっていましたが、ふと彼らの美しい歌声を聞くと、昔の懐かしい思い出が蘇って来ていました。
今またこんな綺麗な歌声に出会えさせてくれて有難う。

投稿: ponko | 2015年10月15日 (木) 21時38分

こんな豪華なクリスマスコンサートがあるドイツが羨ましいな。
たまには少年たちの歌声を聴いたら、すっごく好きな声に出会うかもしれないですよ。
今年のクリスマスはドレスデン・クロイツ、ロンドン・トリニティ、オールアメリカン、モスクワ・アカデミー、リベラのコンサートが開催されます。久しぶりに12月が楽しみです。

投稿: maa | 2015年10月15日 (木) 23時47分

こんばんは^^
この記事とは全く関係ないんですが…
WSKの英語版HP(ただドイツ語を英語に直しただけなんですが)のシューベルトコアの紹介ページにニューイヤーズコンサートについて書いてあったんです!その後に日本ツアーのことが書かれていたので、流れから考えると…もしかしたら来年のニューイヤーズコンサートにWSKが出るかもしれませんよ^^シューベルトコアのみが更新されていたので他のコアは分からないんですが…。もし、出るとしたら本当に楽しみですね。

http://www.wienersaengerknaben.at/about_us/choirs/schubert
お時間がある時にぜひ見て下さい!下の方に書いてあります。

投稿: サラ | 2015年10月16日 (金) 23時39分

サラさん どうもありがとう。今、早速読んでみました。
クリスマス・オラトリオからの、勿論ニューイヤーコンサートも・・・そんなニュアンスですね。前回は2012年だったから可能性はMAXです。お正月が楽しみ。それと日本ツアーは7月9日まで? いつもより遅いですね。
団員たちの様子も、お兄ちゃんがいるという中には、アンドレアス君の弟さんも入っているのかな。
私にとっては、お父さんが団員だったという子たちの存在も嬉しいものです。親子、孫まで、ウィーン少を続けてほしい。

投稿: maa | 2015年10月18日 (日) 00時45分

あれ…ツアーは6月までだったと思うんですが…。7月は2012年の時ですよね?でも、クリスマスCDは当時ありませんでしたし…(^_^;)情報が曖昧ですみません😓

http://youtu.be/FQbnLBkglow
これ知っていたらごめんなさい

投稿: サラ | 2015年10月19日 (月) 22時09分

あああ・・・そういえば2012年は7月9日で、ニューイヤーコンサートもあった。私の頭の中が錯綜、混乱しております。
でも楽観的に考えて、そろそろニューイヤーコンサに出てもいい頃ですよね。

ホーフブルクの動画知りませんでした。どうもありがとう!

投稿: maa | 2015年10月19日 (月) 23時53分

素敵な動画、ご紹介ありがとうございました。私もKai君の声は好きだったのですが、歌っている姿は初めて見ました。当時のアウレリウスの合唱も見られて嬉しいです。

Feinsliebchenもお気に入りだったのですが、特に私はKai君のI feel prettyが好きで(笑)あの楽しく歌っているのが目に浮かぶような伸びやかな歌声を何度も聞いていました。ご本人もきっと昔から色々なジャンルの音楽が好きな少年だったんだろうなあと想像します。

アルバムも、ずっと気になっていたのですが今は日本でも買えるんですね。チェックしてみます^^

投稿: 朗 | 2015年11月 3日 (火) 02時38分

朗さん こんにちは
Kai君へのコメントありがとうございます。
I feel prettyは、本当にミュージカルを見ているみたいです。すごい歌唱力だし空気感が楽しそう!

「3人の童子」に出ているのも探すとあるようですが、ソロで歌っているのはこの動画だけかもしれないですね。喜んで頂けて良かったです。

投稿: maa | 2015年11月 4日 (水) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坂道を下って思ったこと | トップページ | レコード針 »