« オール・アメリカン・ボーイズ・コーラス ☆All American Boys Chorus☆ | トップページ | NEUJAHRSKONZERT ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート »

2015年12月26日 (土)

Christmas in Vienna 2015

リベラのクリスマスコンサートのことを書こうと思っていたのですが、・・・書けない。

サイン会まで参加したのに、いつものようには書けなくて、つまりawayな感じ。名前も少ししか知らないし、本物のリベラファンに圧倒されてしまいました。気分転換にYouTubeを見たら今月19日でしたか、Christmas in Viennaがアップされていました。

こっちよ。私はやはりこっちが先です。

WSKは44分18秒ぐらいのシーンであのバルコニーに登場します。そのあと45分、56分あたりの女性歌手のコーラス、そして1時間05分から「O du fröhliche, o du selige」など全員で歌う時にバルコニーで一緒に歌っています。そのまま最後まで見ると「きよしこの夜」まで出ていました。

コーラスでの参加が多いのが残念ですね。「Maria durch ein dornwald ging」はboysで聴きたかった。

それと少し画像が粗いですね。そして時々耳触りなノイズが走る。それだけ気になりました。

 

Xmasholy

Xmasholy

それから、VULKAN TVという局の番組で、シューコアheart01のクリスマスコンサートが取り上げられていました。Feidbachという街だそうです。ハイライトシーンばかりなので、フルで歌うライブのシーンはないけれど、最初の4分間とちょっとまで登場しています。「Leise rieselt der Schnee」も少し聞こえて嬉しい。

Xmasholy

Xmasholy

なんか筆が、いやキーボードが進む。リベラのコンサレポはなんも書けなかったのに、やっぱりWSKだとスイスイ思いの丈を書いちゃえますね。リベラは後日で・・・。

|

« オール・アメリカン・ボーイズ・コーラス ☆All American Boys Chorus☆ | トップページ | NEUJAHRSKONZERT ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

こっちはまだ25日です!!!
私も今さっき、このクリスマスコンサートを聞き終わったところ、こっちは1時間ちょっとの映像でした。
やっぱりYouTubeに上がっていたのね。
私もさっき、133の記事に付け足しました。
やっぱりWSKは私たちの骨の髄まで染み込んじゃってるんだわね、わっはっは。

投稿: p | 2015年12月26日 (土) 05時01分

P様
クリスマスが過ぎてしまいました。・・・途端におせち料理のことを考えています。
クリスマスin Viennaを見ると安心しますよ。子供たち歌ってるねと確かめて、あっ半年の間に成長したねと驚いたりする。加えて、今度のお正月はニューイヤーコンサもあるから、それも楽しみでなりません。
やっぱり骨の髄までしみ込んでます。ふふふ。

投稿: maa | 2015年12月27日 (日) 00時03分

明けましておめでとうごさいます。
昨年はお世話になりました。

昨今のファンの方の熱心さ(maaさんも含めてますよ)に感動していますが、私はWSKに関しては、やっぱりOld fan かもしれません。最近は聴いていないから(あっ、昨年は本場で聴いたんでした)皆様の感動の気持ちをドキドキしながら拝読しています。ponkoさんやmaaへのWSKへの想いにも感動です。
ニューイヤーでのWSKも家族が来ていて、後半は見たのですが、WSK出演部分は見逃しました(また再放送あるよね)。
なかなか、皆さんの想いと足並みが揃わずに、どうもAwayな私ですが(なんせ、こちらにはコンサートがないのですもの)・・・今年も、よろしくお願いします。

投稿: natal | 2016年1月 2日 (土) 21時01分

いや~~だ。新年早々・・間違い多発!

「昨年」⇒「一昨年2014年」
「ponkoさんやmaaへの」⇒「ponkoさんやmaaさんへの」
失礼しました~~bearing

投稿: natal | 2016年1月 2日 (土) 21時26分

natalさん 新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。またお会いできたらいいな。

ニューイヤーの放送は夕食どきだから、私も忘れそうになりました。大丈夫。いつも再放送してますから。
私も純粋に憧れていたのは過去の合唱団ですよ。今は自分もトシをとってしまったし、気持ちは少女時代に戻れるけれど、微妙な感情は当時と異なります。でも今は毎年来日してくれるので、その楽しみと期待が新たな歓びとなっています。

投稿: maa | 2016年1月 3日 (日) 02時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オール・アメリカン・ボーイズ・コーラス ☆All American Boys Chorus☆ | トップページ | NEUJAHRSKONZERT ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート »