« 皇居 乾通り (紅葉) | トップページ | クロイツコアのアドベント »

2015年12月20日 (日)

暁星小学校聖歌隊 クリスマスコンサート

P1050850001_2

チャリティの趣旨で玉川高島屋が主催しているWhite Angel Concert。

本日は13:30と15:00の2回、暁星小学校聖歌隊のコンサートがありました。30分くらいで8曲歌ってくれました。

念願だった日本の少年だけの聖歌隊の歌です!

12時半ごろからリハーサルがはじまりました。その時は学校の制服でしたが、本番ではパリ木みたいなアルバを着て、ウエストを紐でしばり、胸には十字架を下げていました。

十字架の中心には聖歌隊のシンボルマークがついていておしゃれ。暁星学園はもともとフランス人の神父様が設立した学校なので、フランスの聖歌隊と同じようにアルバと十字架を身につけているのかと思います。

P1050848001

最初に演奏された曲はタイトルがわかりません。3人の生徒がリコーダを吹き、それにあわせてステージにセットされた壁が開いて、歌いながら聖歌隊が入場しました。リコーダーで奏でられる旋律は、パッヘルベルのカノンのような感じで誰でも好きになりそう。詞は日本語で、クリスマスにちなんだ内容でした。

続いて、「It came upon the Midnight clear」 日本語のタイトルを知らないのですが、イギリスのクリスマスキャロルです。これもリコーダー担当のメンバーがステージの右手に並んで美しい演奏をしています。歌は複雑な和音を作らず、シンプルで声を揃えて歌っている様子がいいですね。美しい旋律で大好きな曲です。

「天のみつかいの」 聖歌隊なので、基本的には賛美歌名で曲紹介をして下さいます。
これは、私たちが「荒野の果てに」と呼んでいる曲。

「きよしこの夜」これも、賛美歌名で「しずけき・・・」なんとか言ってましたがよくわからず、「きよしこの夜」のことでした。一番は英語、2番はフランス語で歌いました。暁星では10年ほど前までフランス語を小学校から取り入れていたそうですが、今は英語になってしまったとか。それでもなるべくフランス語で歌うようにしているそうです。素敵!

「もろびとこぞりて」の次は、「来たれ友よ」 これは「Adeste Fideles」でした。日本語とラテン語で歌いました。

次は「O Holy Night」 これはもともとフランス語で書かれた詞なのだそうで、珍しくフランス語の歌詞で聴けました。

途中、司会の先生がチャリティについてのお話をされ、募金のお願いとか、とてもユーモラスに話されます。最後の曲は「いのち」 この曲はこの聖歌隊のメッセージ的な存在のようですね。心が洗われるというのは、こういうことなんだと思います。世界中の子供にきいてほしい曲。

♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬

せっかく千葉のド田舎から、こんなおしゃれな二子玉川まで来たので、15時からの回も聴きました。

同じ内容かと思っていましたが、少し増えてた・・・というか、メドレーにして曲目増やした感じです。司会の先生が大サービスで、限られた時間内でなるべく多くの曲を歌いたかった様子でした。

楽器は一番大きい(子供の身長よりも大きい)リコーダーは、コントラバスリコーダー、次はバスリコーダーなのだそうです。席の近くにた制服姿の小学生に訊きました。彼はこの聖歌隊の予備隊でしょうか。楽器隊のほうを見て、すごい・・・とかってつぶやいたりしていました。いつか君もあのステージに立ってね。

2曲目までは同じ進行でしたが、3曲めはクリスマスメドレーです。

「荒野の果てに」 「天には栄え」(Hark! the Herald Angels sing) 「牧人羊を」(The First Nowell) 「もろびとこぞりて」 「きよしこの夜」 

次はトナカイのお話をしたあとに、「赤鼻のトナカイ」 これは日本語で。

続いてサンタさんのお話をしてから、「We wish You a Merry Xmas」 

「Adeste Fideles」 この曲は、英語・日本語・ラテン語で歌いました。

それからフランス語の「O Holy Night」 今度は ノエル、ノエル と歌っているのがわかりました。

最後は再び「いのち」で締めくくられた・・・というミニコンサートでした。

♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬

司会の先生はときどき学校のことも話されましたが、15時からの回のときに、たしか「君たち3月21日に文京シビックホールでコンサートがあるんだよね」という発言をしていらした。

その時期が毎年恒例のようです。行きたい。でも東京FMとかぶりませんか・・・。

♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬

「It came upon the Midnight clear」 の賛美歌名がわかりました。

天なる神には 賛美歌114番

ボーソプラノがなかったので、テナーのソロです。

♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬...♬...*...♬

暁星小学校聖歌隊 「いのち」

新しい映像です。今日ステージにいた少年たちもいます。

|

« 皇居 乾通り (紅葉) | トップページ | クロイツコアのアドベント »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

日本の少年聖歌隊のコンサート、聴けて良かったですね。
やっぱり東京は、いろいろなコンサートが聴けて羨ましい。
新潟少年合唱団のコンサートが12月26日にあるので、私は、そちらを聴くつもりです。こちらも皆一生懸命で頑張って欲しいのですが、メンバー減少が心配です・・・・!

投稿: natal | 2015年12月21日 (月) 11時56分

natalさん 読んで頂きありがとう。
暁星は小学校の特別教育で聖歌隊活動をしているそうなので、一般の合唱団と違って隊員の希望者は大丈夫だと思います。いや、実情は知りませんが・・・。今回のように楽器演奏で参加する子もいるんですね。
高島屋で歌ったのは30人ぐらいだったかな。学校のHPを見たらもう冬休みに入ったようですが、これだけ集まるって親御さんたちの協力も必要だし、先生がたも大変だと思います。東京FM少年合唱団も小学校卒業で退団です。日本の子供たちが歌い続けるのは至難のことですね。
新潟少年合唱団は人数が減っているのですか。世界中でホントにDrakiesだけが志願者に困っていないかもしれないね。
日本は合唱団の子にスポットライトが当たる機会も少ないし、活動の場が増えれば楽しいと思うんだけど、そんなこと「言うは易し」ですよね。
新潟少年合唱団の撮影可能なコンサートがあったら、またご紹介下さい。

投稿: maa | 2015年12月21日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皇居 乾通り (紅葉) | トップページ | クロイツコアのアドベント »