« リベラ再び, スペインの合唱団 Santa Cruz & Escorial  | トップページ | トマーナを聴かなければ »

2016年1月21日 (木)

サンドロ・ボッティチェリ展

Lgp01a201304040400_2

都美術館で開催されているボッティチェリ展に行きました。

友人に声をかけたら、会期にあわせて先送りになりそうなので、待ってられない私はとりあえず一人で見てきました。

ラファエロも好きだけど、ボッティチェリはもっと好き。神です。

私にとってはそんな尊い画家ですが、世間はそうでもないみたいで、結構すいていました。フェルメールのときなんて、1時間くらい並んだけど。

今日は並ばなくてよかった・・・・でも、ちょっと寂しい。こんなに美しいのに。たぶん展示作品の中に「春(プリマヴェーラ)」とか「ヴィーナスの誕生」が含まれないからでしょうね。

ボッティチェリの描く聖母子像は格別です。

大天使ガブリエルもミカエルも素敵で、このまま映画のVHFで使えそうです。

頭の上の光輪は、金色にペッタリ塗りつぶされていることが多いですが、彼の絵は金色のレースか金細工みたいに描かれています。触ると壊れそうなくらい繊細なのですね。

そうそう、同時代の展示物の中に、豪華な写本がありました。細かい絵も文字もひとつひとつ手で描かれたものです。

それを見て思い出したのが、「モンセラートの朱い本」です。(llibre vermell de montserrat)表紙が赤かったのでそう言われているそうです。昔の楽譜集っていうのかな。500年以上前のもので、♪も今みたいなオタマジャクシと違って絵的ですね。

素晴らしい聖母子像を見ているとBGMがほしくなりました。ガイドヘッドホンを借りていたのですが、声だけの解説なので物足りない。唯一この絵「書物の聖母」のときだけ、きれいな合唱が聞こえました。でもほんの一瞬というくらい短い時間。

朱い本を思いだしたらモンセラが聴きたくなりました。

ところが朱い本の曲をモンセラは歌っていない? 前にレコード屋さんで見かけたような気がしていたのですが、Youtubeで上がっていないだけかもしれませんね。

モンセラはなかったけれど、スペイン聖十字架少年合唱のがありました。聴いてみると、さすがに14世紀の音楽で、素朴すぎてルネサンス絵画には合わないかな。

こんな演奏です。

ボッティチェリの弟子だったフィリッピーノの作品の中に、天使が歌を歌っている場面がありました。フィリッピーノは音楽に造詣が深く、楽器もたくさん所有していたと説明に書かれていました。フリー素材が見つからなかったので、載せられないけれど、天使の持っている楽譜が素敵なの。

長細い巻紙みたいな感じで、そこに書かれている音符は演奏できるくらい正確なのだそうですよ。時代は15世紀の終わりごろです。ウィーン少ができたころですよね。

そう思うとロマンですね。いや、妄想か・・・。

会期が長いので、桜が咲く時期も上野はいいですね。今度行くときはipodにパレストリーナとか入れていこう。あと2回は行きたい。

モンセラも聴きましょう。ルネサンスとは関係ないカタルニアの民謡です。この曲92年頃のウィーン少の「世界のうた」にも入ってましたね、邦題は「ウグイスはフランスへ」

|

« リベラ再び, スペインの合唱団 Santa Cruz & Escorial  | トップページ | トマーナを聴かなければ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

展示会に行ってらしたのね。
私もラファエロもボッティチェリも大好きです。
ベルリンにはこんな美術館が沢山あるの。
私はメンツェルの絵にもとても惹かれるんだわ。
ただ、こういう絵を見ると私だったらこれ一枚を描くのにも一生掛かっても無理だと思うのに、同じ画家が何枚も描いているのには超人的な才能を感じるのです。
他の事はどうでもいいけれど、絵に関しては彼らの才能に対しての妬みでいっぱいになってしまいます。

投稿: ponko310 | 2016年1月22日 (金) 21時27分

ponkoさん ボッティチェリは私にとっては神なの。同じ次元では考えられない存在なので、至近距離で絵を見られるだけで幸せです。展示されている作品の足元に低いフェンスがあるんだけど、目いっぱい首伸ばして、筆の運びを見てきました。
ルネサンスの巨匠なんて、みんな超人です。でも繊細さではボッティチェリの右に出る人はいないと思うの。
ponkoさんは仕事で絵を描いていたから、きっとそういう気持ちにもなるんですね。最近も絵を描いていますか?

投稿: maa | 2016年1月23日 (土) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リベラ再び, スペインの合唱団 Santa Cruz & Escorial  | トップページ | トマーナを聴かなければ »