« レーゲンスを久しぶりに聴きました | トップページ | リベラ再び, スペインの合唱団 Santa Cruz & Escorial  »

2016年1月14日 (木)

韓国公演のプログラムが羨ましい件

ブルックナーコアが韓国に向けて出発したとか。

15日からツアーが始まるようです。

日本から行かれるファンもいるんですよね。

1月23日24日にコンサートが開催される、ソウル・アーツ・センターのHPを見てみました。

http://www.sac.or.kr/jp/program/view.jsp?seq=24865&s_date=2016114

ハングルは全くわからないので、どんなことが書いてあるのだろうと思いPCの翻訳機能に頼ってみたら、いつものようにすごい日本語が返ってきました。語順とかシャッフルしてるし。

その中で作曲家の名前は結構しっかりとカタカナで翻訳されてました。でもタイトルはなんだかチンプンカンプンのもあります。

せめてプログラムを知りたいので、自分なりに「こんなかな?」という程度にまとめてみました。

どうしてもわからない曲もありましたけど、全体的に素敵なプログラムです。

♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪

  * テーマは「美しきイタリア」 Bella Italia マノロ先生だから?

アントニオ・ヴィヴァルディ:グローリア ニ長調

トマス・ルイス・デ・ビクトリア:闇となりぬ

ロドヴィコ・グロッシ・ダ・ヴィアダナ:聖なる聖体 ・・・これはわからない。・・・と思ったけれど、探したらあった。 Ave verum corpusだ! 

ルイージ・ケルビーニ:アヴェ・マリア

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:汝、宇宙の魂に

ジョアキーノ・ロッシーニ :猫のデュエット
               :ラ・カリータ

ピエトロ・マスカーニ 「カヴァレリア・ルスティカーナ」より:イースターの合唱

ジュゼッペ・ヴェルディ「ナブッコ」より:ヘブライ奴隷の合唱「行けわが想い、黄金の翼に乗って」

フランツ・シューベルト:ゴンドラの舟歌 D.809 Op.28

ジュゼッペ・ラケル:サルデーニャ 歌曲、女神様「私はやすまらない」・・・わからん?

エドゥアルド・ディ・カプア:オーソレミオ

エマニュエル・レ・アルフレド ? 不明

チリ民謡 私の目をたたえ、? 不明

インド、マハーラーシュトラ州コールハープル地方の霊歌:ジョグワ

ヘンリー・マンシーニ:ピンクパンサー

エンニオ・モリコーネ:ネラ・ファンタジア

ドメニコ・モドゥーニョ:ポラーレ

ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ 休暇旅行 Op.133

ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ ウィーン気質 Op.354

ヨーゼフ・シュトラウス:水兵のポルカ Op.52

ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ レモンの花咲くところ Op.364

♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪*:*♪

きっとこの他にアリランなどの韓国の歌も演奏されるんでしょうね。

それにしてもイタリアの歌劇の名曲、聴きたいです。「ラ・カリータ」も聴きたい。

韓国行く人いいなあ。クレディアTVでまたYouTubeにアップしてくれますように祈るばかりです。

ケルビーニのアヴェマリアは、知らない曲でしたが、元リガのダウマンツ君が歌っていました。

この動画の2曲めで、2分30秒ぐらいからです。もちろん1曲目もきれいですよ。

私は日本より韓国のプログラムのほうが好みです。ミュージカルよりオペラの曲が聴きたいし、宗教曲ももっと聴きたいのです。

|

« レーゲンスを久しぶりに聴きました | トップページ | リベラ再び, スペインの合唱団 Santa Cruz & Escorial  »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レーゲンスを久しぶりに聴きました | トップページ | リベラ再び, スペインの合唱団 Santa Cruz & Escorial  »