« テレビ番組から(ORFなど)オールドファンに朗報 | トップページ | いろいろ振り返った。 »

2016年1月 4日 (月)

動画で鑑賞したハイドンコア香港公演

昨日は懐かしい少年たちをWSKのビデオで見つけて、すっかりミーハーおばはんになり果てました。

いや当時は思春期の少女でありました。ミーハーゆえに、やたらと名前を覚えています。九九の暗誦のようにスラスラどんどん出てきました。

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

今はすぐに忘れるので、若いファンのかたに教えてもらわないとついてゆけませぬ。

昨日URLを貼ったハイドンコアの香港公演の動画を、ゆっくりと見ました。Youtubeのコメント欄からわかったのが、この動画のソースです。

こちら→ rthk.hk香港電台網站
 http://programme.rthk.hk/rthk/tv/programme.php?p=6685&d=2015-11-28&e=330027&m=episode

もともと小さめの動画をDLしてYoutubeにアップしたので、クオリティが下がってしまったみたい。rthk.hk香港電台網站のサイトで小じんまり見るのも、鮮明な映像で宜しいと思います。

第二部で共演しているのは、香港児童交響楽団という青少年のオーケストラです。

印象に残った曲をいくつかあげます。

「Ego sum panis vivus」カルダーラの曲で、シルクロードのDVDでヒビキ君とカイ君が歌うシーンがありました。我は生けるパンなり・・・といった意味だそうです。YouTubeにあるのはほぼパレストリーナのもので、カルダーラは珍しいのかな・・・これは私の素人印象です。アルトとソプラノの対象感が素敵ですね。ピアノ:フローリアン チェロ:ジミー先生

Ego_sum_panis_vivus

ハイドン「 Abendlied zu Gott」 ゆったりときれいでした。中国語でハイドンは海頓と書くのですね。

ジーノ君の「鱒」 声量が増して、あのか弱いほどの声ではなくなりました。嬉しいような、悲しいような。日本で聴かせてくれたあの声は、私にとって儚い夢であったのね。

ジーノ君は全体に何曲もソロ曲を持ち、牽引力がすごいです。彼とルイス君、フローリアン君の頼もしい姿に男気を感じるね。

Ginoryan_2

ヨーデルは日本公演と同じように、1階・2階の客席とステージを使って、会場の音響をフルに生かしていました。ヤッホーを言うときのように、両手をメガホン替わりにして、ヨーデルの雰囲気も出していた。

「ビッテ・シェーン」・・・なんか久しぶりに聴いて嬉しかった。

モーツァルトのカンタータ「無限なる宇宙の~」 K619 タイトルが長いので省略しました。ジーノ君とフローリアン君のデュエットは黄金コンビですね。

同じくモーツァルトの「御母の庇護のもとに」K198 これはジーノ君とニコラス君のデュエットでした。ニコラス君もソプラノのソリストとして繊細な歌声を聴かせてくれました。

メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」から、「妖精の歌」  この曲は古いレコードでよく聴いていました。ライブで聴くと新鮮ですね。ニコラス君と一緒に歌っている少年は、名前を何と言うのでしょう?「Ego sum panis vivus」では、アツシ君、ジ-ノ君とともに歌っていました。 

Photo

オッッフェンバックの歌劇 「ホフマン物語」より「バルカローラ」 日本でも是非演奏してほしい曲です。ジーノ君とフローリアン君のデュエットです。フローリアンのアルトは低すぎず、太すぎす、少年らしい声質でいいですね。 この二人は不動です。 下の動画はエル・エスコリアル修道院少年聖歌隊。

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

オケとWSKとの演奏会を、中国では普通にやっていますね。単独がいいという方もいらっしゃると思いますが、私は聴いてみたい派です。この演奏会のようにオペラの曲を選んだりするのも、オケがあってのことだと思いますから、日本の青少年よ協力して下さい。

メル友さんから、ジーノ君が暗譜でたくさん歌っていると連絡ありました。どうもありがとう! 

*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

WSKのテレビドラマも見ましたよ。微妙なところはわからないのですが、大筋はOK。音楽が良いですね。ヘンゼルとグレーテルをもっと聴きたかった。映画「美しく青きドナウ」よりは、歌のシーンがすくないかなと思いました。

|

« テレビ番組から(ORFなど)オールドファンに朗報 | トップページ | いろいろ振り返った。 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

私が一番驚いたのはオーケストラの演奏も上手いけれど、それにかき消されずに響くウィーン少年合唱団の力強い歌声だったわ。
幾つかの曲に目をつぶっても、この演奏会は昔の水準に匹敵すると思いました。

投稿: ponko310 | 2016年1月 4日 (月) 23時52分

ponkoさん いつもありがとう。
去年の秋の公演なので、来日時には11~12歳くらいだった子たちが上級生になって、歌唱力だけでなく精神的にも充実して、すごく良い状態なのではないかと思います。
合唱団は上手な子が卒業して、新人たちが成長するまでが大変なんでしょうね。でも子供たち頑張っていますね。
この演奏を聴けて、私も嬉しかったです。ジーノ君は来年卒業だから、その前に聴きたかったの。

投稿: maa | 2016年1月 5日 (火) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレビ番組から(ORFなど)オールドファンに朗報 | トップページ | いろいろ振り返った。 »