« グノーのアヴェ・マリア Stefan Preyer  | トップページ | Columbus boychoir とアメリカ少年合唱団のこと »

2016年2月13日 (土)

マルセリーノを歌ったマルセリーノ君

 

先週末からどっぷりオールドな合唱世界に浸かっています。

 

子供のころに来日した合唱団のことを知りたいと書いたことがあります。

 

覚えている方があればおしえて頂きたいと思っていますが、これがなかなか難しい。

 

なにしろオオおばさんの私が覚えてないのですよ。私より記憶がばっちりで、ということはやはり年上で、今もこういった方面に関心があって、ネットも気にしている方。どこにそんな方がいらっしゃるか? たいていは、もう興味なしだと思います。復活ファンの自分には、あれこれ言う資格もありませんね。自分だって人生の大半は、彼らのことなんて忘れていたんですもの。

 

思い出せないながらも、最近糸口がちょっと見つかったので調べてみました。

 

       

 

スペイン聖十字架少年合唱隊は、1966年の来日時もESCOLANIA DE SANTA CRUZ DEL VALLE DE LOS CAIDOSとして紹介されています。テレビ出演もしていますが、自分は覚えていません。スペイン語の名前も読めませんでした。

 

でも雑誌を読んだら文通されていた方もあるんですね。文通ですよ。メールとはちがうの!ポストを開ける楽しみ、ワクワク感、若干読みにくい外国の人の筆跡。合唱団員との文通は経験ありませんが、旅先で知り合った人からの手紙とかって、楽しみでしたよね。

 

YouTubeに上がっている「マルセリーノの歌」のソロをやっているマルセリーノ君の写真が見つかりました。(合唱界 '69年10月号) 間違い!68年でした。

 

Img264

それで今日は「マルセリーノの歌」です。

 

古い映画の主題曲です。まだご覧になったことのない方は、DVDでレンタルされていますのでお薦めします。

 

ソロはマルセリーノ・ガリエーゴ・ロペス君。

 

日本語のコーラスは東京少年合唱隊が参加。

 

 

キングレコード:CD、世界の少年少女合唱団「天使のハーモニー」などに収録されています。

 

       

 

自分が唯一名前を覚えている団員の写真は今も見つかりません。密かに雑誌の切り抜きをとっておいた少年の顔を、似顔絵が描けるくらいに覚えているつもりでしたが、試してみると描けないものですね。

 

実は雑誌の集合写真の中からも、その子を識別することができなかったのです。なんか、みんな同じ顔に見えちゃう。小さい写真だからしかたないなと自己弁護してます。濃い眉毛、長いまつ毛、黒髪・・・。

 

ですがとりあえず来日した時期とか、多少の事実はわかったのですっきりしました。

 

 

Img26102_2

 

こんなふうにマンドリンやギターを弾きながら歌っていたなんて、何一つ覚えておりません。振り返ることをしないと、記憶って消えてしまうんですね。イネシーナもこうやって演奏したのかしら。(写真:合唱界より)

 

 

       

 

 

追記:2020年7月25日

東京少年少女合唱隊の長谷川新一先生の著書で、この合唱団の設立の由来を知りました。

スペイン内乱、サンタクルス教会・・・で検索するとウィキで「戦没者の谷」という結果が表示されます。スペイン語ではValle de los Caídosです。死者の谷とも言われますね。

マドリとトレドあたりの内戦で多くの人々が亡くなりました。鎮魂のために建てられたのがサンタ・クルス大聖堂で、そこで結成されたのがスペイン聖十字架少年合唱団だそうです。

Abadía Benedictina de la Santa Cruz del Valle de los Caídos というのが教会の名前ですが、このサンタクルスの部分だけが日本での聖十字架少年合唱団という名前になったようです。

少年合唱は少女ファンが多かったから、死者とか戦没者の谷というのは、夢見る乙女にはちょっとネーミングとして親しまれなかったかもです。戦没者の谷の「聖十字架聖堂」ですから、日本公演の際には場所のことは省略されたと思われます。

 

|

« グノーのアヴェ・マリア Stefan Preyer  | トップページ | Columbus boychoir とアメリカ少年合唱団のこと »

フランス・ベルギー・スペインの合唱団」カテゴリの記事

コメント

この合唱団の演奏会には行っていませんでしたが、テレビで見たのは覚えています。
みんな黒髪でちょっとごっつい(ごめん)顔つきで、ウィーン少年合唱団を見慣れていた私には取っつきにくい少年合唱団だったのです。
でも、このもの悲しそうなマリセリーノの歌だけはまだ覚えているの。
この映画は去年ドイツのテレビで再放送をしていました。
DVDも600円ぐらいで売っていたけれど・・・買わんかったわい。
スペイン語の出来る友人がこの合唱団員を訪ねてスペインまで行ったんですよ・・・懐かしい思い出です。

投稿: ponko310 | 2016年2月15日 (月) 09時03分

ponkoさん ありがとう。
「覚えてる・・・」その一言でも嬉しいコメントです。

少年たちは皆、何て言うか土臭い濃ゆい顔なのね。髪の色で見分けることもできない。でも私が持っていた切り抜きの子は繊細な感じでした。たまたま写りが良かったのかしら。ははは・・・私ったら、顔しか見ていない。

「マルセリーノの歌」を覚えていますか? 今Youtubeにあがっているこの合唱団は、がらっと雰囲気が違って親しみは感じません。マルセリーノやイネシーナの歌を歌っていたことが信じられない。当時は創立10年くらいの若い合唱隊だったから、海外遠征でいろいろチャレンジしていたのかもしれません。
スペイン語の話せるお友達と、連絡がとれるといいですね。

投稿: maa | 2016年2月15日 (月) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グノーのアヴェ・マリア Stefan Preyer  | トップページ | Columbus boychoir とアメリカ少年合唱団のこと »