« SCHOLA CANTORUM OF THE LONDON ORATORY | トップページ | 今の季節 四旬節 »

2016年2月28日 (日)

ブルックナーコア 

最近のブルコアは、韓国ツアーのあとカナリア諸島にいると、公式に書いてありました。それらしい動画がありました。

テレビ局のサテライトスタジオかロビーみたいな場所でしょうか。子供たちは制服ですがマノロ先生はカジュアルです。

実をいうと歌は今いちそろっていないのです(泣)。擁護するようですが、音響の良くない会場でマイクの位置も微妙なのだと思います。 ちょっと母心が入ってしまいます。

ღ¸.•°*♥ ღ¸.•°*♥ ღ¸.•°*♥ ღ¸.•°*♥ ღ¸.•°*♥ ღ¸.•°*♥

そして2月20日から22日にかけて、ブダペストにブルコアと一緒に行きませんか? というツアー企画のご案内があったそうですね。ウィーン近辺に在住だったら余裕で行かれますが、日本からは遠い。

http://www.wienersaengerknaben.at/jart/prj3/wsk_website/data/uploads/downloads/BLAGUSS_saengerknaben_A4_v3.pdf

そのブダペスト公演の前後かと思います。ハンガリーのテレビ局ジェールプラスから、リハーサルかな・・・。オケと共演のグローリア、豪華ですね。日本でもやってほしい。音楽と関係ないのですが、ヴァレンティン君のコーデが目をひきます。特に足元・・・キッズモデルみたい。

|

« SCHOLA CANTORUM OF THE LONDON ORATORY | トップページ | 今の季節 四旬節 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

おはようございますsun

はじめまして!キンゴジュさんのところから来ました。
トーマス教会の記事を読ませていただいていたら、ブルックナーコアの記事が目に入ってしまい...

すみませんsweat01私、ブルックナーコアが大好きで、ブルックナーコアにいちいち反応してしまうのですheart04
私もブダペストに行きたかったです::

私服姿も可愛い!と思ってしまいましたlovely
貴重な映像をupしてくださり、ありがとうございますshine

投稿: まりこ | 2016年2月29日 (月) 08時34分

まりこ様 こんにちは。こちらでははじめまして。
トマーナのマタイをライブで聴くのは初めてなので、楽しみと言いながらちょっと緊張感もあります。DVDは心が温まりますね。あれを見たら、なんとしてもCDを聴いて予習しておかなくちゃという気持ちになります。

ブルコアの件、ハートマークいっぱいで嬉しいです。heart04 ←私も
見た目に惑わされるのも、このトシでなんですが、セーラー服も私服も冬のコート姿もそれぞれにチャーミングなんですよね。こればかりはしかたないです(笑)
でもこれから来日するシューコアも、そろそろ名前を覚えなければと思います。去年ブルコアのメンバーの名前は、一夜漬けどころかコンサ初日まで覚えきれなかったので、今年は頑張ります。

投稿: maa | 2016年2月29日 (月) 20時33分

おはようございますsun

お返事ありがとうございます^^

すみませんsweat01ブルックナーコアの記事に気を取られて、トーマス教会について書くの忘れてましたwobbly
失礼いたしました。

私も前回、トーマス教会が来日した時はコンサートに行けなかったので、今回はとても楽しみですnote

maaさんの記事を読んでお勉強になりました!
コンサートに行く心の準備も必要だと思いました。

私は何も考えていなくて、気軽に友達を誘い、(用事があると断られましたが^^:)サントリーホールのコンサートの座席は真ん中からは外れますが、最前列を取ってしまいましたsweat01

大丈夫かしらとちょっとドキドキしてますsweat01

DVDすごくいいですよね!私はそれを見てすっかり彼らのファンになりましたshine
私もCDを聴いて予習しておこうと思います。

ウィーン少年合唱団は実は私...前回のときはまた何も考えてなくて、名前も予習せずに行きましたweep
今では全員の名前がわかるほど大好きですheart04

今回はシューベルトコアのメンバーの名前覚えたいと思いますcoldsweats01


投稿: まりこ | 2016年3月 1日 (火) 08時00分

まりこさん 再びこんにちは
まずはライブを聴きたいという思いが一番だと思います。強いて言えば長丁場なので、前の日に睡眠不足だと辛いかも・・・という可能性もありますが(笑)
まりこさんもトマーナのマタイが初めてということで、同じ同じと安心しました。ドイツ語わからないしと思っていましたが、日本語字幕が掲示されるそうです。最前列は舞台の人たちの表情も見えるし、プラスアルファで楽しみですね。私はサントリーは行かれないので残念ですが、ミューザ川崎は前のほうなので、そちらでしっかり目と耳でマタイの世界に浸りたいと思います。

団員たちの名前って不思議なもので、写真だけ見ている間はなかなか区別もつかないのに、一旦ステージの姿を見てしまうと、すらすら覚えられるようです。ただ私の場合は許容量が少ないのか、新しいメンバーをクリアすると、前のメンバーが出て行ってしまう。
でも1年たった今もブルコアの少年たちの記憶は鮮明なので、今回は大丈夫かな。

投稿: maa | 2016年3月 1日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SCHOLA CANTORUM OF THE LONDON ORATORY | トップページ | 今の季節 四旬節 »