« 今の季節 四旬節 | トップページ | ドラキーズのデジタル配信 »

2016年3月 5日 (土)

パリ木の十字架少年合唱団 韓国

韓国の教会コンサートのライブ動画がアップされました。1時間以上あります。

このあいだフランス国内でのコンサートの記事を書きましたが、ここでもやはりテナーのソロ率が高いですね・・・・・sigh そういう方向性になってしまったのかな。

歌唱そのものも途中で音がフラットする箇所があったりで心配になってしまう。ガンバレ!

第二部では宗教曲もありますが、コーラスのトーンが独特の明るさを欠いているみたいに感じます。

でも実際に聴いたら違うかもしれませんけど・・・。パリ木ほど生の迫力を持った合唱団はないと思うの。変わらないでほしいのです。どうかパリ木らしい声を、なくさないで下さい。

note note note note note

第一部

J'entends une Chanson
Méditerranée
A la claire Fontaine
Ay Linda Amiga
Berceuse des Grands Antilles
Old Abram Brown
Hatikva
Sous le Ciel de Paris
Marche Nuptiale Norvégienne
Dans la Troupe
Berceuse de Mozart

第二部

Regina Coeli
Locus iste
Ave Maria
Te Deum Guarani
Nella Fantasia
La Nuit
Douse Nuit
Les Anges dans nos Campagnes
Jingle Bells
Musique Universelle (コーラスのテンポが速いみたい。。。)
アリラン 次わからない。
cat Duo des Chatsは、アンブロワーズ君とグレゴワール君。これ聴いて安心しました。
Dream of Goose

note note note note note

元テルツのラルフ先生が指揮指導しているミュンヘン少年合唱団が、韓国に呼ばれていました。韓国には強い招へい元があるのかなあ。まず少年合唱団は絶対的人気ありますよね。

|

« 今の季節 四旬節 | トップページ | ドラキーズのデジタル配信 »

フランス・ベルギー・スペインの合唱団」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

ようやく韓国公演が公開ですね。
教会でのコンサートで、いつものコンサートホールでの公演は、アップされないのでしょうか。

 テナーのソリストくんは、2年前からインターネットでアップさらる公演ツアーに参加していますね。
 でも、ソプラノではないのですから、あまりソリストとして出てくるのもどうかと思いますよ。昔は、変声期とともに退団。変声期とかなり葛藤するのだと思います。
 あのボードワンくんすら、ソロで歌う時は違う曲で登場していました。

 新しいことへの挑戦も大切ですが、アカペラで歌うことを基盤とし、ハミングの美しさ、以前はよく歌われた「森のこだま」のようにバックでやまびこのように歌うあのスタイルも受け継いでほしいと思います。

 先生のスタイルも変わりましたよね。以前は音をとるのに、音叉で音を確認し、自分の声で音を伝えていたのに、昨年からピアノ。確かにピアノの音の方が音は間違えないでしょうけれど、味気ないというか。

 昔がよかったと語るのも、頭が硬いのかもしれませんが、ボーイソプラノの復活を切望します。

うさぎのはは

投稿: うさぎのはは | 2016年3月20日 (日) 22時34分

お元気ですか?
おっしゃる気持ちわかりすぎるくらいです。
パリ木のHPを見ると聖歌隊の説明のページで、
http://www.pccb.fr/fr/la-vie-du-choeur/la-manecanterie
Chœur à voix égales:Sopranos 1, Sopranos 2, Altos 1, Altos 2
Chœur à voix mixtes:Sopranos 1, Sopranos 2, Altos 1, Altos 2, Ténors 1, Ténors 2, Basses 1, Basses 2
と書いてあります。
最初のコアは均等の声と訳すのかしら。6èmeと5èmeの子たちは年少だと思います。完全に変声前の団員で構成されていますよね。でも韓国公演に参加したメンバーは、Youtubeにまとめてあった一覧では4èmeと3èmeの学年でした。詳しく知らないのですが海外公演ではこの4èmeと3èmeの団員による混声合唱の編成と思われます。
以前来日したメンバーには、10歳11歳の子もいたのに、何か方針が変わったのでしょうか。

パリ木の合唱は高い声が特徴ですから、テナーとバスはあくまでも低音部の支えとなって、ソプラノ・アルトに華をもたせてほしいと私も思っています。
そんな私も石頭かもしれませんが、最近のパリ木は極端に演奏が変わってしまいました。指導者が変わっても、独自の個性は絶えてほしくありません。「森のこだま」ですか。あの絶妙なハミングも変わらないでほしいですね。

今回はコンサートホールのライブがどこを探してもないんです。ハングルで検索しても出てこないので、やはりアップされていないということですかね。

投稿: maa | 2016年3月21日 (月) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今の季節 四旬節 | トップページ | ドラキーズのデジタル配信 »