« WSK 杉並公会堂 6月4日 | トップページ | WSK 6.5 ミューザ川崎 第二部 »

2016年6月 6日 (月)

WSK 6.5 ミューザ川崎

Bプログラムでした。待ったぁ! サントリーホール以来です。

まず入場とともに歌うのは、シャインの「息のあるものはみな、主をほめたたえよ」

いつのころからか皆静かに歌を聴いてくれるようになりました。嬉しい!

これまでのホールでは後方から入場しましたが、ミューザは構造上後ろに扉がありません。それで後方の階段を伝って、2階から入場したことが昨年以前にありましたね。

今日はまずオリバー先生がステージに登場します。ここで客席から拍手が送られ、そのあと会場に向かって指揮をするポーズ。

するとステージ袖の左右の扉から一列になった少年たちが歌いながら現れました。

続いて客席の左右の扉から、第二陣の少年たちが歌いながら入場し、ステージに上がります。シーンとした会場に少年たちの聖歌だけが響いていきました。

指揮をする先生の姿と、いつもの隊列に次第に整っていく少年たち。明るいミューザのステージに、それはもう完璧な美しさでした。

このコンサートホールは、ステージが一般のホールより低く、客席はステージを螺旋にとりまくように設計されています。後方席(P席)は勿論あるのですが、真四角なカッティングの構造ではないので、ステージに立つ合唱団をすべての角度から見ているような感じがして、しっくり収まる印象を与えます。

今日3階の席をとったファン友さんから聞いたところ、てっぺんなので高さと距離もあり顔は見えにくいようですが、音響は素晴らしかったそうです。中央に向かって歩く4つの列が、ちょうど交わるときに響くコーラスが本当に美しかったとか。前の方に座りたいというこだわりを捨て、音を楽しめるその席にも一度は座ってみたい。

クリスマスCDに収録されてたのを聴いてから、大好きになった曲。ヘンデルのメサイアから「主は羊飼いのように、その群れを追い」He shall feed his flock

デュエットは、ヨナタン君とイヴァン君。サントリーではヤ-コプK君が歌いましたが、ヨナタン君は不動です。アルトではなくメゾソプラノぐらいのヨナタン君の声は、ソプラノとの相性が良いみたい。昨日と今日とでヨナタン君フルコース、堪能しました。

続く三人の童子は、ハリーN君、ルカV君、マルコ君。 ルカ君の声はどこかせつない。マイナーな響きなの。それと真逆なのはハリー君で、明るいうえにも明るい声。マルコ君はその両方を融和させる声。ソリストの選択はどこにあるのかって思いますが、わかる気がする。なんて思うけど、勘違いかもしれない。

ウィーン少のドキュメンタリーの中の、トリスタン君たちの三人の童子も素敵ですよね。本物のオペラでは、彼らくらいの迫力がほしいかなという気がします。

ソロ曲が続いて気持ちが高揚しているところに、「アヴェ・ヴェルムコルプス」を持ってくるこの構成が素晴らしいです。ここでしばしのカームダウンで、心を整えることができました。

「フィンガルの歌」の前にヤーコプ君が曲の紹介をします。長い挨拶をメモを見ながら案内してくれました。歌う時とはちがって、ポソポソ話すやさしい声でした。

彼が一番好きだと言っていたこのブラームスの曲は、本来は2台のホルンとハープが一緒に演奏されるそうです。Youtubeでほかの合唱団が歌っているのがあって、ホルンの音が良いですね。これも次回のCDに是非収録を検討してほしい。ピアノも伴奏を超えた美しさがあって、コーラスの妙をじっくり味わえる曲です。これを聴くとこのコアがいかに実力を持っているかということがわかります。

「ピエ・イエス」 サントリーホールではパウルとイヴァン君で歌っていましたが、この日はパウルとヤーコプ君。パウル君のハイソプラノは、ハリー君よりも高くよく伸びる声です。でも彼だけだと単調に感じることもある。イヴァン君やヤコプ君の自在な声が、すごくいい感じでパウル君の声と交わり、ハーモニーを作っていると思いました。

第一部で圧巻の仕上がりを見せたのは、最後のスピリチャルでした。前列の並び順が少しかわっています。ハリーN君とイマヌエル君のソロは同じでしたが、エンディングのコーラスがすごい。・・・すごいとしか言えない。パワー全開で圧倒されました。

11時を過ぎてしまったので、今日はこのへんで。

土曜日の杉並公会堂の帰りに、ファンからのプレゼントを両手いっぱいに広げて見せてくれたヤコプ君の雄姿をご覧ください。もとはビデオを撮ったのですが、このショットが素敵なので、画像をはることにしました。バスの窓越しなので、くすんで見えますが・・・。

Jakob


|

« WSK 杉並公会堂 6月4日 | トップページ | WSK 6.5 ミューザ川崎 第二部 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK 杉並公会堂 6月4日 | トップページ | WSK 6.5 ミューザ川崎 第二部 »