« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

Adolf Fredriks Gosskör アドロフ・フレドリクス音楽学校少年合唱団

スウェーデンから来日しているアドロフ・フレドリクス少年合唱団の歌を聴きに行きました。

非公開の学校コンサートでしたが、事前にお願いして入場許可を頂くことができました。ファン友さんの計らいにいつものことながら感謝です。お世話になりました。

案内された会場は、昭和レトロな講堂。天井にクラシックな照明があり、えんじ色のカーテンがすごく懐かしい感じです。古い校舎で階段の手すりも、昔通った小学校を彷彿とさせる。木の部分に施された彫刻に味があって、手入れをしながら使ってるという印象です。

ステージの前の部分には、この学校の吹奏楽部の皆さんがすでに席についていました。その後ろが観客席で、最前列の真ん中が空いていたので、しっかり4人で並びました。

撮影OKでしたが、ど真ん中すぎて恥ずかしい。携帯で少し撮影して、あとはおとなしく聴いていました。

最初に校長先生が日本語と英語の両方でご挨拶されました。

この合唱団は東京国際合唱祭に参加するために来日しました。合唱団の一部の団員たちは在校生宅でホームステイを体験しています。そのご縁で今回のスウェーデン交流コンサートが実現したそうです。

司会進行は在校生の方でしたが、英語が堪能で驚きました。帰国子女のコースもあるようなので、そういう生徒さんかもしれませんね。

名前すらも初めて聴く合唱団で、Youtubeで数曲聴いただけのまっさらな頭で行ったので、せめて曲名ぐらいはわかりたかったのですが、頂いたプログラムには曲名が書かれていないので、それが残念でした。スウェーデンの歌は、本当に知らないです。アニュスデイがあったけれど、誰の曲だろう。それもわからん。

あっ、日本の曲がひとつありました。Maybe you understand・・・ maybe と先生がおっしゃっていましたが、いやいや日本語はとても上手な発音でしたよ。「会津磐梯山」 ですね。小原庄助さん、なんで身上つーぶしたという、あの曲です。

全体に高音のハーモニーがきれいでした。40人ぐらいの大所帯なので、全員の声があわさるとかなり迫力ありました。団員たちは個性的で、肩までの長い金髪の子や、パープルにカラーリングしている子、黒髪の子も少し、黒人少年が一人、北欧らしい背高色白プラチナブロンドの少年が多かったような印象でした。



合唱団の歌のあとに、吹奏楽部の演奏がありました。

1曲めは「たなばた」、2曲めは、ゆずの「夏色」  ゆずの曲のときには合唱団の団員たちものりのりで聴いていましたよ。

昨年のアラバマ少年と習志野高校のコラボ以来の生吹奏楽でした。習高は何十名もいるので圧巻で、一人一人に目がいかない。でもこの学校の演奏メンバーは30人ぐらいだったかな。目の前で、同じ床の高さで演奏されると、マーチのような曲も繊細に感じます。でもその人数でも打楽器が入ると、木造の床に響くの。足元まで演奏に浸りました。

コンサートのあとに、ランチタイムがあるのでお待ちくださいみたいなことを司会の生徒さんが言いました。

暫く待って案内されたのは食堂です。団員とホストファミリーの皆さんが好き好きに席についていました。がやがや楽しそう。

でも私たちはちょっと場違いな感じもしたので、係りの先生に申し出ると、「いやぁ、いて頂いて構いませんよ」とのこと。お言葉に甘えて、いさしてもらいました。なんてフレンドリーな学校だろう?!

周囲を見ると、パック入りのサンドイッチや、手作り弁当が目に入りました。そっかぁ。みんな用意してきているんですね。

私たちは何も持たず、暇をもて余していましたが、ランチタイムも佳境に入ったころ、合唱団の先生が何かおっしゃって、団員たちも一斉に立ち上がって歌い始めたのです。

自分の周囲にいる少年たちの歌声が、、後ろからも横からも聞こえてきました。

もうなんでしょうかね。この 「幸せ感」   その時のが、これ。


少年たちの背中を見ながら、スマホを目の上あたりにかざして、テーブルに頬杖をつき、超リラックスして聴いていました。音は良くないですが、雰囲気だけ感じて頂ければと思います。

コンサートを聞かせて頂いたばかりか、親睦会の場所にまで案内して頂いて、本当に恐縮です。昨日は猛暑でもあり、旅の疲れで気持ちが悪くなってしまった少年がいました。今日は長野県のレザンホールで、東京よりは涼しいと思いますが、スウェーデンと比べれば、日本の暑さと湿度はかなりつらいはず。休みながら日本を楽しんでください。

* Youtubeに、モナコとアドロフたちの動画がたくさんアップされているので、このブログで足らない部分や端折った部分が十分に補えます。投稿された皆さんの動画は素敵なので、時間のあるときにお楽しみください。

| | コメント (2)

2016年7月25日 (月)

モナコ少年合唱団来日公演 3日間

7月22日から24日まで、モナコ少年合唱団の歌声を楽しみました。

プログラムは先日書いたとおりで、宗教曲から王道のシャンソンまで幅広く、また他の合唱団では聴いたことのない曲もあり大満足です。

ソリストたちの声も堪能できました。3回聴けば満足するかなと思っていましたが、3回聴くうちに徐々に団員たちにも親しみがわき、メンバーの名前も数人はわかってきたりで、できればあと1回でも聴きたいと思わせる魅力があります。

合唱の構成は9歳から15歳までの少年で、ソプラノ12名、メゾソプラノ6名、アルト6名です。

アルトパートの6名はおそらく上級生たちと思われますが、ファルセットで歌うため絶対にそうとは言い切れないかも。

22日の会場は紀尾井ホール。ニュー・オータニのすぐ向かい側にありました。木材を使用した内装で、「ウィーン学友協会のホールみたい」と思いました。(行ったことないけど)

この形、シューボックススタイルというそうです。長四角・・・直方体です。音響がすごくいいそうですよ。天井にはシャンデリアが輝きシックな雰囲気で、この会場は一度来るべきです。会場を体験するだけでも価値がありそう。

最初の曲はシャルパンティエの"Serve bone et fidelis"  この言葉が繰り返されます。Serveが(主に)仕える、boneが善良に、fidelisが忠実に。力強く声が合わさっていました。ハイソプラノは聞こえてこなかったですね。ファルセットで歌うよ・・・  という情報は得ていましたが、年少クンたちの高いソプラノは感じられず上品な大人っぽい合唱でした。これがモナコ少年たちの歌声なんですね。

ペルゴレージのスタバトマーテルのあとは、ミヒャエル・ハイドンのマニフィカート。いきなりドイツ風になり、ここで聞こえてきたのが脅威のソロ。ファルセットで歌う上級生とのハーモニーも美しく、完成度が高くてすごいです。

note heart note heart note heart note heart note



note heart note heart note heart note heart note

最近聴いた中ではピカ一的張りのある声で驚きました。私の好きな儚さはないのですが、正確無為で高くクリアで迫力がありました。でも目立つ声なのなのに、不思議と合唱には溶け込んでいます。歌い方を工夫しているのでしょうか。

フォーレの小ミサはベネディクトスのみ歌われました。ファルセットで歌うのが金髪の美形少年で、トップソリストのようですね。少年といっても180cmぐらいあるかな。

その次の船乗りたち"Les Matelots" は、水面の輝きが見えるよなうな華麗な曲でした。シャンソン以外で、フランス語の曲が聴けたのはうれしい。

次は「ドリー組曲」から、1番の「子守唄」  フォーレが知人の娘さんの誕生にあわせて贈った曲で、ドリーというのは、その娘さんの名前エレーヌの愛称だとか。

今回のプログラムですごく気に入った曲です。ピアノ曲をあまり聞かない私は知らなかったのですが、もともとピアノの連弾のために書かれた組曲で6番まであります。先生と上級生と思われる少年(右ブロックの後列一番右端にいた、ニクラスのそっくりさん)が2人でピアノを弾きました。

ピアノだけでも素敵なんですよ。この兄弟デュオを聴いてください。コンサートではこれに合唱が加わりました。

note heart note heart note heart note heart note



note heart note heart note heart note heart note

テリーの小ミサ曲。前知識がなかったのですが、フォーレと言ってもいいくらい、柔らかできれいな曲でした。今回の選曲が、全体的に優しい旋律が多くて、それもモナコカラーなのかしら。サンクトスとアニュスデイは、ハモラズに歌うのがかえって統一感があって綺麗でした。最後に「アーメン」じゃなく、それに似た言葉で静かに歌い終えました。

カザルスの「ニグラ・サン」は、モンセラの印象が強いですね、カタルニアなので。

モナコの演奏は明るい印象ありでした。結構はっきりと歌っていました。モンセラの歌が悲し気なので、よけいにそう感じるのか。声質が違うのでこれはこれで素敵。

そのあと、ほとんどの団員が退場し、ステージに7人の少年が残りました。

名前がわかると説明しやすいのですが、全員までは把握できてない。左ブロックからトップソロのJonathan君ともう一人上級生、12歳のJulien君、右ブロックから、Noé、Kevin、Pablo君ともう一人。

そして歌ったのがメンデルスゾーンの"Tolerunt dominum meum op39-3"と、フォーレの"Ave verum corpus"

7人という人数が作り出す歌声は、この動画よりくっきり、はっきりと美しかったです。Jonathan 、Pabloの歌唱力の強さはすごい。今回の来日メンバーは、かなり洗練されていると思います。

メンデルスゾーンが修道女が歌う聖歌として作った「3つのモテット」の中の一つですが、この曲の由来が面白かったです。

歌は1分30秒あたりから始まります。



note heart note heart note heart note heart note

第二部では、「ジェリコの戦い」が迫力のあるスピリチャルでした。

これは24日の恵比寿ガーデンプレイスで行われたライブを撮影したので、後日載せたいと思います。

そして最も感動した曲、「戦場のアリア」から故郷を夢見て"I dreaming of home"

この間映画のテーマを紹介しましたが、あの中で女性のソプラノで歌われたパートは、勿論少年のソロで歌われました。これは涙なしでは無理。本当に心が洗われる。彼らの演奏で、CDにはなっていないのでしょうね。

まだDVD借りてないので映画は見ていません。なのでストーリーをすべて知っているわけではない。でも動画で使われた当時の写真を思い出すだけでも、昔の人々の愛の深さを感じます。戦場に行きたくて行ったわけではなく、殺したくて人に銃を向けたわけでもない。戦争という避けられない大きな運命の歯車に、やむを得ず動かされてしまった人々の気持ちが、100年後の私にも伝わってくるようでした。

night  night  night  night  night  night  night

今日はここまで。     紀尾井ホールホワイエにて。

00001mts_000002811
                Hugo、Julien、Lawrence 君たち

00001mts_000014473

兄さんたちは、ほぼほぼ名前がわかりません。

00002mts_000000773

先生の横にいる背の高い少年が、Jonathan君。

00106mts_000019857_2

中央の少年が、Alexandre(Alex)君 いつもニコニコの愛され、いじられキャラみたい。

note heart note heart note heart note heart note

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

モナコ少年合唱団来日に先立って思うこと

Petits Chanteurs de Monaco   モナコ少年合唱御団、いよいよ来日が迫ってきました。

中国公演の記事を見るとすごい歓迎ぶりですね。

ファン 友さんのツイッター情報ですが、紀尾井ホールでのチケットを割引販売しているとのこと。さっそく調べてみました。

チケぴ ⇒   http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1617341

当日引換券という形で販売中です。3500円での販売です。

もしこれを読んでくださっている方で、金曜日の夜に素敵な声を聴きたいという方があれば、是非是非是非 ・・・・3回書いた  ・・・・・ 足を運んでください。

一週間の仕事を終えた後に、いかがですか? ボーソプラノで疲れをいやしましょうよ。

土日もお仕事の方、その前にちょっとリフレッシュしませんか。

紀尾井ホールは、JR四ツ谷から徒歩7分、上智大学とホテル・ニューオータニの間ぐらいの場所ですから、東京周辺のどこからでも行きやすいと思います。

思春期の子どもたちのことですから、空席があるとないとでは、モチベーションも違うと思うんです。是非いらしてください。主催者じゃないけど、たくさんの方と一緒に聴きたい!

happy01  happy01  happy01  happy01  happy01

日本でのプログラムには含まれていませんが、フォーレの「タントム・エルゴ」のソロ素晴らしいので貼りました。

ああ、でもこの黒い画面にちょっと待ってね・・・みたいな小さいメッセージは、前にも貼り付けたかもしれませんね。でもきれいだから。


note note note note note

今回の日本公演のプログラムは、全部は発表されていないみたいなんですね。

  シャルパンティエ: 善良で忠実に主にお仕えし

  ペルゴレージ:スタバト・マーテルから2曲

  メンデルスゾーン:おお主よ、な汝はわれをみいだしたまえり

  フォーレ:小ミサ、アヴェ・ヴェルム・コルプス、子守唄~ドリー組曲

  サウンド・オブ・ミュージックからは、「ドレミ」と「私のお気に入り」

ここまでがちらし等に印刷されている曲で。

中国公演の内容を載せているブロガーさんがありました。同じかどうかはわかりませんが、かなり近い内容と思われます。日本での演奏曲の他に、

  スタンダードなシャンソンから、「男と女」「愛の讃歌」「おおシャンゼリゼ」

  ミヒャエル・ハイドン:Magnificat

  カザルス:Negra sum

  ラフマニノフ:Slava op15,1

  ビージーズ:愛はきらめきの中で

  I'm Dreammig of Home:映画「Joyeux Noöl」より

  他にモナコ民謡やスピリチャルが演奏されていました。

この中で気になったのが、「I'm Dreammig of Home」で、この映画を私は見ていないんですね。第一次世界大戦が舞台になっていて、邦題は、「戦場のアリア」

フランス北部の戦場で、クリスマスには家に帰れると思いながら戦っていた兵士たち。

ところがクリスマス・イヴになっても戦争は終わらず、あるドイツ軍兵士が、塹壕を出てアヴェマリアを歌いながら中間地点まで歩いた。

フランス・スコットランド連合軍の兵士がパイプを吹いてこれに応え、いつしか皆でクリスマスを祝い、つかの間の休戦になったという。

その主題歌なのだそうです。すごく優しいメロディなので、これも日本で歌ってくれたらいいなあと思っています。

clip clip clip clip clip  歌ってくれますように。clip clip clip clip clip


pencil  pencil  pencil  pencil  pencil

当時ヨーロッパ各地でこのようなミニ休戦があったというエピソードが残っているとか。

テロを実行する人たちに、こんなふうに人として人を敬い愛する気持ちがあるのだろうかと思う、今日この頃です。

コンサート来てね。

present  present  present  present  present  present  present

追記です。(^_^)v

フィリアホールのちらしに、全プログラムが掲載されていました。なんてこった!

すべて日本語のタイトルになっています。

第一部

シャルパンティエ:善良で忠実に主にお仕えし

ペルゴレージ:悲しみの母は立っていた、燃え上がらせてください

ハイドン:マニフィカート

フォーレ:小ミサ曲、船乗りたち、子守唄~ドリー組曲

テリー:小ミサ曲ハ短調

カザルス:私は黒い「エルサレムの乙女たちよ」

メンデルスゾーン:おお主よ、汝はわれを見出したまえり

フォーレ:アヴェ・ヴェルム・コルプス

第二部

ラフマニノフ:人民をたたえよ

黒人霊歌:ジェリコの戦い

モナコ民謡:みんな歌いにおいでよ

日本民謡:ソーラン節

サウンド・オブ・ミューッジックより:私のお気に入り、ドレミ

ロンビ:「戦場のアリア」より、 故郷を夢見て  ← あった!(^_^)v

ビージーズ:愛はきらめきの中に

フランシス・レイ:男と女

ピアフ&モレー:愛の讃歌

ウィルシュ&ディ-ガン:オー・シャンゼリゼ

なお、フィリア・ホール公演では、地元のフィリア・ジュニア合唱団が一部共演します。

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

もうじきモナコ少年合唱団です。

あと10日ぐらいですね。

私は7月22日23日24日の3日間行く予定でいます。

フィリアホールという会場のことを良く調べもせずに予約したら、青葉台というのはうちから2時間コースの道のりでした。遠いですね・・・。すごく親しい友人が住んでいる街で、そういえば八千代市つまりうちの近所まで、2時間かかると聞いたことがあるような気がします。すぐ忘れる。sigh・・・

24日の日曜日は恵比寿ガーデンプレイスの無料イベントなので、混雑も予想されますが、とにかく行く。頑張って並ぼう。整理券とか出るのかな。調べなくてはいけませんね。

モナコ少年合唱団は2011年に来日が予定されていましたが、東北地震のため中止になり、今日まで日延べになっていました。

100年以上の歴史を持つ合唱団ですが、来日は30年ぶりだそうです。公式HPはこちらです。→ http://www.lespetitschanteurs.mc/

カソックを身に着けている写真があります。真夏の日本で暑いけれど、この姿見たいです。青いカソックは、トリニティを思い出しますね。

今回はモナコと日本との国交10周年を記念しているそうで、こんなページもありました。
  http://www.visitmonaco.com/jp/10th/event.html#lpcm

招聘元は、ムジカアキラさん

モナコの公用語はフランス語。プチ・シャントゥールたちです。お国柄を思うと良家の子息っぽい感じがします。あと10日では、ボンジュール!  しか言えない。

韓国での公演録音と思いますが、動画として構成されたものがありました。最初の画面が創立当時の画像でしょうか。セーラー服の少年たちですね。

歌声は明るく、フランスの合唱団と同じ系。韓国の人熱いので、演奏後の声援がすごいです。日本はもっと大人しいって、彼らは知っているかしら。

今回私に与えられた時間は3日間しかありません。されど3日、とても濃い日々になりそう。

 

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

NHK世界ふれあい街歩き アウクスブルク

待ちに待った(私が・・・)番組放送のご案内です。

実は一度書いた記事がエラーで消えたので、もう同じ内容では書けません。がっかりして根性がなくなりました。なんでだろう? 保存しないで確認状態で文字をさわるとページが飛んでしまうみたいです。下書きモードにして保存しながら書けばいいのね。

番組はタイトルの「世界ふれあい街歩き」というドキュメンタリー。今回はロマンティック街道をゆくというテーマで、アウクスブルクを訪れます。下記は番組HP。

http://www6.nhk.or.jp/sekaimachi/index.html

放送時間は7月5日午後8時からですが、再放送もあるのであわてることはありません。

コンサートに行ったことにない合唱団の中で、一番聴きたい少年合唱団です。CDや古いレコード、Youtube動画でしか知りませんが、何度も聴き、見て、いいと思いました。同じ指揮者が長く指導しているということも大きなポイントです。

バートテルツの合唱祭のころはいくらも知らなかったのに、CD買い込んであっという間に好きになりました。教会付きのコアの中では華やかさもあって惹かれます。

旅番組の中で、どれくらい時間を割いてもらえるかわかりません。1曲以上は聴きたい。インタビューもいいのですが、演奏を聴きたいですよね。

ハイドンの小オルガンミサ  (ミサ曲第5番 変ロ長調)
「神なる聖ヨハネのミサ・ブレヴィス」

この動画ではキリエ、クレド、サンクトスが割愛されていますが、音が断然いいのです。
ベネディクトスでは、ソプラノソロが聴けます。


note cd note cd note cd note

あっ、揺れてる。地震ですね。でもたいしたことないようです。

| | コメント (5)

2016年7月 3日 (日)

マイキー・ロビンソン君 リサイタル

Illust322

O0664096013679553017_2

10月23日(日) 会場: studio RiRiTa

  名古屋市  地下鉄鶴舞線 浄心駅下車8分

     ① 13時~     14時40分~  

    * 入場無  * heart02当日でも入れます!heart01

(クリックすると拡大されます)

note note note note note

  【プログラム】

1. Voi Che Sapete from Marriage of the Figaro - Mozart
2. Ave Maria - caccini
3. Mandoline - Faure
4. ふるさと(一回目)      浜辺の歌 (二回目)
5. 君をのせて
6. ピアノ演奏(ピアニスト:鋤柄 知里)
7. For the beauty of the earth
8. Roselein Roselein - Schuman
9. Bright eyes - Mike batt

**********

私も聴きに行きます。まだ席には余裕がありますので、マイキー君の歌声を是非聴きにいらして下さい。

詳しくはルイスさんのブログEternal Brightnessをご覧になって確認してください。

Illust322_2

| | コメント (0)

ちょっと前のシューベルトコア

メキシコ公演の動画、以前紹介した気がします。

当時は知らないメンバーが多すぎたのですが、久しぶりに見たらとても新鮮。

客席から堂々と撮影しちゃってるのが、日本とは違うところで、音についてはあまり期待しないでください。

カウントで3分を過ぎたところで、ようやくボーイズが登場します。

わ~っ、いるいる今年来た団員がいますよ。


この後6分くらいのあたりで、みんなの国籍を紹介するシーンがあります。

日本と答えているのは、おお!  ミノル君じゃない?

ハイライトは、メキシコ出身のアントニオ君とイヴァン君。

アントニオ君は辞めてしまいましたが、インタビュー動画などで記憶にありますよね。

二人の紹介で会場は大盛り上がり。ヒューヒューとかいう感じで、ラテンだぁ。

クラシックのコンサートで、日本では見られない景色ですよね。

・・・いや、あった! 実はあったのです。杉並公会堂で名前を呼ぶ事件がありました。あれは「事件」でしたね。

日本的にはありえないことだったので、場内微妙な空気が漂いました。歌う前だったので、そのソリスト君は、一瞬声の方向を見ました。

時間の流れを遮られる感じがして、多くの客席は「引いた」と思う。歌う前に声をかけるのは、う~~む、日本ではアウトでしたね。

お国柄がちがうと、会場の雰囲気も全然ちがうもの。

途中でクリストフ君とイマヌエル君のデュエットがカットされていますが、別動画があります。なぜか尻切れだ(泣) きれいなのに・・・。 モーツァルトです。

heart  spade  diamond  club

もっと鮮明なのが、こちらの動画です。最初からこれにすればよかった?

「トランペットを鳴らせ」が良いですね。

でも撮影している人が何を思っいるのか、フォーカスに迷いがあるみたい。そこで止めて!と言いたくなるカメラワークなのです。

でも人のこと言えない。自分も今年ビデオカメラ初体験で、迷いまくりました。カメラの動きと心が足並みをそろえてくれないのです。

| | コメント (2)

2016年7月 1日 (金)

パリ木 みなとみらいホール公演

またベン君の歌を聴いています。最近の再生回数は私だけかもしれない(笑)
「いいね」も私だけだわ・・・。

シューコアのヤコプK君の歌を思い出しながら聴いています。別に似ているわけじゃない。でもバッハのこの旋律はヤコプ君が歌っても素敵だろうなと思って聴いています。

イギリスの無名の少年のひと時の歌声が、アジアの片隅で暮らしているおばさんの心を温めてるんです。ネットはすごいですね。


note  note  note  note  note  note  note

神奈川芸術協会からパリ木のチケットが届きました。

今回の公演はアフタヌーンコンサートという企画の一環なので、一連のアフタヌーンコンサートすべての公演(セット券)を希望する人が最優先されます。

パリ木だけ聴きたい人は、その余りってわけ。ファン友さんからもセット券だけでほとんど席が埋まっていると聞いていたので、最初から期待はしていませんでした。

支払いの段階で頂いた席は、1階の後ろから2列目!  そっかぁと思い、芸協に電話で相談すると、「2階バルコニー席で一列目が空いているところがあります。ステージにも若干は近いと思われますが・・・」とのことでした。

即決! さえぎるものが無いバルコニー席で聴くことにしました。

東京芸術劇場もなんとかなったので、今回は2回聴きにいけます。

2008年のオンエア録画を直撮りしてみました。結果、画質がひどい。放送の一部ですが、限定公開です。FBに載せようと思っていましたが、まだ始めたばかりで混乱しているのでこちらにしました。

2012年BS朝日さんで再放送がありましたが、それは聞き逃しました。今年、来日記念でまた放送されるといいなあ。

これが初めてのパリ木コンサートだったので、クレモン、ブノワ、マチュー君たちは、忘れられないソリストになりました。今は別の合唱団の指導をしているベロニクさんの指揮で演奏が聴けたことも、今になって思えばよかったと思います。

カテドラルでは中央通路の左側3列の2番目の席だったと思います。通路を歩くボーイズ、当時11歳で小柄なクレモン君の姿も印象に残っています。

ボードゥアン・オーブ君はこのあとに出てくるんですね。もし連続的に来日していたら、彼の声も聴けたのに残念です。

このぶんだとみなとみらいホールは、たぶん満席になるでしょう。前回の入りを思えば、希望の席を取れなかったことより、満席の会場でパリ木の子たちが歌えることのほうが嬉しい。負け惜しみじゃないです(笑)   昨年のトリニティも空席が結構あったので、一人でも多くの人が聴いてくれますように願っています。

カテドラルは残響が大きいので、リハで入念に調整したそうです。さすがの演奏でした。

コンサート終了後にサイン会がありました。リベラみたいに並んで座ってサインをしてくれました。それがパリ木のファンサービス。

また今年もそんなふうにしてくれるといいですね。すっごく楽しみです。

| | コメント (2)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »