« マイキー・ロビンソン君 リサイタル | トップページ | もうじきモナコ少年合唱団です。 »

2016年7月 4日 (月)

NHK世界ふれあい街歩き アウクスブルク

待ちに待った(私が・・・)番組放送のご案内です。

実は一度書いた記事がエラーで消えたので、もう同じ内容では書けません。がっかりして根性がなくなりました。なんでだろう? 保存しないで確認状態で文字をさわるとページが飛んでしまうみたいです。下書きモードにして保存しながら書けばいいのね。

番組はタイトルの「世界ふれあい街歩き」というドキュメンタリー。今回はロマンティック街道をゆくというテーマで、アウクスブルクを訪れます。下記は番組HP。

http://www6.nhk.or.jp/sekaimachi/index.html

放送時間は7月5日午後8時からですが、再放送もあるのであわてることはありません。

コンサートに行ったことにない合唱団の中で、一番聴きたい少年合唱団です。CDや古いレコード、Youtube動画でしか知りませんが、何度も聴き、見て、いいと思いました。同じ指揮者が長く指導しているということも大きなポイントです。

バートテルツの合唱祭のころはいくらも知らなかったのに、CD買い込んであっという間に好きになりました。教会付きのコアの中では華やかさもあって惹かれます。

旅番組の中で、どれくらい時間を割いてもらえるかわかりません。1曲以上は聴きたい。インタビューもいいのですが、演奏を聴きたいですよね。

ハイドンの小オルガンミサ  (ミサ曲第5番 変ロ長調)
「神なる聖ヨハネのミサ・ブレヴィス」

この動画ではキリエ、クレド、サンクトスが割愛されていますが、音が断然いいのです。
ベネディクトスでは、ソプラノソロが聴けます。


あっ、揺れてる。地震ですね。でもたいしたことないようです。

|

« マイキー・ロビンソン君 リサイタル | トップページ | もうじきモナコ少年合唱団です。 »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

ハイドンの小オルガンミサ、数年前にセントジョンズが来日した際に歌ってくれましたよ♪
神奈川でのリハーサルの映像です。
https://youtu.be/3glXj2_P8SA

投稿: ルイス | 2016年7月 4日 (月) 23時02分

maaさま、一度書かれたブログが飛んでしまった?
まぁ、何てことに!!
な~んて○○○ギャグを言っている場合じゃありませんね。
失礼しました。
アウクスブルク少年合唱団の歌声、初めて聴きました。
小オルガンミサ、いいですねぇ。
私も早速録画予約しましたよ。
アウクスブルクは当然プロテスタントと勝手に決めつけましたが、ここはドイツでも2番目にカトリックが多い地らしいですね?
それでこの曲、ガッテンです。
願わくば、少しでも多く彼らの歌が放映されることを祈るばかりです。

投稿: ABC | 2016年7月 5日 (火) 00時17分

ルイスさん すごい!良く覚えてましたね。
セントジョンズはサントリーホールだけ行きましたが、「アヴェ・ヴェルム・コルぷス」だけが鮮明で、ハイドンのことは忘れ去りました。(-_-;) こんなにきれいだったんだ。
時々思いだすことも必要ですね。せっかく聴いたのに忘れるなんてもったいなかった。どうもありがとう。

投稿: maa | 2016年7月 6日 (水) 18時14分

ABC様 録画予約してくださったのに短い露出でした。ドイツでもバイエルンなど南の地方はカトリックが多いそうです。
こんなことがきっかけで、来日なんてことは夢すぎますかね。^^

今、性懲りもなく考えているのは、7月9日放送のTBS皇室アルバムと、10日放送の日テレ皇室日記です。どちらもウィーン少年合唱団のコンサートに行かれたご様子が放送予定内容に含まれているので、ほんの一瞬でも団員と先生が画面に現れたらいいなあと思っているのです。15分番組だから無理かしら。早朝なので勿論録画ですけど。

ブログを書いている方は、書いた記事がエラーでとんだ経験を少なからずお持ちのようです。保存しながら・・・基本ですね。

投稿: maa | 2016年7月 6日 (水) 18時40分

maaさまアウクスブルクの少年達、短い時間でしたが、
綺麗な歌声でしたね。
「事実は小説より奇なり」
世の中何が起こるかわかりません。
来日を期待しましょう。

皇室アルバムとは思いつきませんでした。
こちらも期待しましょう。

投稿: ABC | 2016年7月 6日 (水) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイキー・ロビンソン君 リサイタル | トップページ | もうじきモナコ少年合唱団です。 »