« パリ木 みなとみらいホール公演 | トップページ | マイキー・ロビンソン君 リサイタル »

2016年7月 3日 (日)

ちょっと前のシューベルトコア

メキシコ公演の動画、以前紹介した気がします。

当時は知らないメンバーが多すぎたのですが、久しぶりに見たらとても新鮮。

客席から堂々と撮影しちゃってるのが、日本とは違うところで、音についてはあまり期待しないでください。

カウントで3分を過ぎたところで、ようやくボーイズが登場します。

わ~っ、いるいる今年来た団員がいますよ。


この後6分くらいのあたりで、みんなの国籍を紹介するシーンがあります。

日本と答えているのは、おお!  ミノル君じゃない?

ハイライトは、メキシコ出身のアントニオ君とイヴァン君。

アントニオ君は辞めてしまいましたが、インタビュー動画などで記憶にありますよね。

二人の紹介で会場は大盛り上がり。ヒューヒューとかいう感じで、ラテンだぁ。

クラシックのコンサートで、日本では見られない景色ですよね。

・・・いや、あった! 実はあったのです。杉並公会堂で名前を呼ぶ事件がありました。あれは「事件」でしたね。

日本的にはありえないことだったので、場内微妙な空気が漂いました。歌う前だったので、そのソリスト君は、一瞬声の方向を見ました。

時間の流れを遮られる感じがして、多くの客席は「引いた」と思う。歌う前に声をかけるのは、う~~む、日本ではアウトでしたね。

お国柄がちがうと、会場の雰囲気も全然ちがうもの。

途中でクリストフ君とイマヌエル君のデュエットがカットされていますが、別動画があります。なぜか尻切れだ(泣) きれいなのに・・・。 モーツァルトです。

heart  spade  diamond  club

もっと鮮明なのが、こちらの動画です。最初からこれにすればよかった?

「トランペットを鳴らせ」が良いですね。

でも撮影している人が何を思っいるのか、フォーカスに迷いがあるみたい。そこで止めて!と言いたくなるカメラワークなのです。

でも人のこと言えない。自分も今年ビデオカメラ初体験で、迷いまくりました。カメラの動きと心が足並みをそろえてくれないのです。

|

« パリ木 みなとみらいホール公演 | トップページ | マイキー・ロビンソン君 リサイタル »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

おはようございますsun
コンサートではお会いできて嬉しかったですhappy01

シューベルトコアの動画shine
みんなまだ小さいですね!
ラウリンくん可愛いchick
来日したときは大人っぽいと思っていたニコくんやニクラスくんは以前はもっと小さかったのですね!
私は子供のころは背が高かったのですが、14才で身長が止まりました。
男の子はこれくらいの時期にどんどん成長していきますね!

ブルックナーコアのみんなも日本公演のときはみんな可愛くてまだ幼い感じに思える子が多かったですが、韓国公演ではちょっと大人っぽくなってときめいたりしましたheart04

来年はシューベルトコアの韓国公演に行こうかなと思っています(笑)みんなの成長した姿見たいです~

投稿: まりこ | 2016年7月 7日 (木) 07時58分

まりこさん いつも会場で声をかけてくださってありがとうございます。
この時期の少年たちは本当に成長が早くて、半年で見違えてしまいますね。目の前にそんな彼らがいると、いつもドキドキワクワクです。
私など中学生のときもチビで、体重だけ増えました。(笑)

まりこさんの行動力をお手本にします。このままだと一生後悔するような気がするので。

投稿: maa | 2016年7月 8日 (金) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリ木 みなとみらいホール公演 | トップページ | マイキー・ロビンソン君 リサイタル »