« Ständchen セレナーデ(シューベルト) Regensburger Domspatzen | トップページ | アクセル君のCDを聴きました »

2016年9月13日 (火)

2014年シューベルトコア、アメリカ公演の音

画像を探していたら、音が見つかりました。

ミネソタ州ミネアポリス、セントメリー大聖堂・・・でいいのかな。ライブ音声がラジオで放送されたのか、よくわかりませんがそのまま残されていました。

2014年11月のシューコアなので、イェレミアスやバスティアン、クリストフがいるころ。

動画ではないので物足りない向きもあるかもしれないですが、音フェチの私には充分です。

http://www.classicalmpr.org/story/2014/11/07/vienna-boys-choir-photos#gallery

Monneapolis_wsk

これはサイト画面です。画像の下のlistenをクリックすると音が流れます。スライドショーと書いてあるのですが、どこを押してもスライドになりませんね。

画像にはマルコやイヴァン、ミノル君がいる。ラウリンもいます。今年の卒業生たちも歌っています。プロのカメラマンが撮ったとのことなので、転載は控えます。後ろからとか、斜めからとかアングルが凝りすぎで顔が見えにくいのですが。

「Tomorrow Shall Be My Dancing Day」のソロがとてもきれい。誰だかわからないのですがきれい。想像するのはクリストフとかイェレミアス・・・。

カウントで27分ぐらいのあたりで、ヘンゼルとグレーテルの「Abendsegen」 のデュエットにうっとりです。

「一人ぼっちの羊飼い」は、イマヌエルの声がすぐにわかります。歌いかたも日本で聴かせてくれたときと同じ。レイオラ・レイオラ・ルッ  と止めるのね。

「サウンド・オブ・ミュージック」も美しいですね。それからシスターアクトもありました。

シューコアの歌声とオリヴァー先生のピアノで心が和みました。

それからこれも2014年ですが、フィラデルフィア小児病院で治療を受けている、子供たちのためのミニコンサートのようですよ。

先にあげたミネアポリスと同様、アメリカ公演の最中のコンサートと思われます。こちらは動画なので、歌っているシューベルトの皆の顔が見えます。歌はほんの少し。

http://6abc.com/family/vienna-boys-choir-visits-patients-at-chop/439349/

Chop_2

歌はほんの少しですが、クリスマスキャロルなので素敵。1分40秒ほどで画面が次に進んでしまうので、何度もリピートしないとね。

|

« Ständchen セレナーデ(シューベルト) Regensburger Domspatzen | トップページ | アクセル君のCDを聴きました »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Ständchen セレナーデ(シューベルト) Regensburger Domspatzen | トップページ | アクセル君のCDを聴きました »