« パリ国立オペラ座少年少女合唱団 | トップページ | El Rossinyol * ナイチンゲール * 夜鳴鶯 * 渡り鳥 »

2016年10月30日 (日)

スロヴァキアの少年合唱団そのほか。

チェコの合唱団ですが、ボニ・プエリではなく、私はこの合唱がボニプより好きだなと思っています。

この動画は、少し前にモナコ少年合唱団の関係者の方がFBでシェアしていたのです。ブラチスラバってどこだってとこからです。私の場合・・・。

(失礼しました。チェコではなく、スロヴァキアのほうでした。ご指摘いただきました。ありがとうございます。ブラチスラバはスロヴァキアの首都だそうです。)

そして、それがチェコスロヴァキアなのだとわかり、そういえばアルファベットが独特で、全然読めません。(笑)

声はちょっと頼りないような高く細い声で、幼い印象すらありますが、その個性も嫌いじゃない。「シューベルトの子守歌」のこのアレンジも始めて聴きましたが、「Mille Cherubini In Coro」で探してみたら、パヴァロッティが歌っていました。

わたくし、三大テノールは食わず嫌いであります。パヴァロッティも暑苦しいから聴かないのですが、こんなかわいらしいのもあるんですね。

さて、ボニプは世界を意識しすぎているようなレパートリーではないでしょうかね。母語の歌があり、母国の世界感があり、それから世界の人が知っている曲もある。そんなふうであってほしいのです。

ブラチスラバ少年合唱団  Solo: Alen Imamovič   Conductor: Magdaléna Rovňáková

*****************

どこのボーイズが歌っているのかわかりませんが、素晴らしい「鳥の歌」がありました。投稿している方は、リラックス動画をたくさんアップしているのですが、「この曲の著作権をお持ちの方がこの動画を削除したいという場合はメールで連絡ください。私はいっさいの収益をYoutubeからは得ておりません」みたいな説明を、全部の動画に書いているんですね。ただし、肝心の演奏者についての説明はほとんどないのです。敢えて、していないようですね。

なので誰が歌っているのか不明。カタルニアの歌ですから、おそらくモンセラートあたりで、 ルイス君の声ではないかなあ? 特徴のある発音の部分があるんですね。スペイン語わからないくせにそう感じるけど、誰でもよろしい。美しいに変わりはない。

これがルイス君の「鳥の歌」

|

« パリ国立オペラ座少年少女合唱団 | トップページ | El Rossinyol * ナイチンゲール * 夜鳴鶯 * 渡り鳥 »

Boys choir」カテゴリの記事

コメント

シューベルトの子守歌、久しぶりに聞いて懐かしく思いました。
此処に来ると少年合唱団の心揺さぶるメロディーが沢山聞けるので私にとって癒しのページです。
ブラチスラバの少年合唱団の声は本当に幼い感じですね。
教会なのにこの拍手には驚きました。
これを見たら、教会で合唱団に拍手をしてもいいんだなと改めて思っているところです。

投稿: ponko310 | 2016年11月 3日 (木) 18時44分

ベルリンの大聖堂でレーゲンスのボーイズの演奏を聴いて、教会なのに拍手をしたponkoさん、こんにちは。(^_^)v

教会では神が最高の存在だから、人の演奏に対しては拍手をしないのが礼儀・・・なのだそうですね。そんなこと私も全然知りませんでした。
でも確かにこの動画はブラボーの嵐で、しかもスタンディングです。どうしちゃったんだろう?

今日もきれいな歌声をアップします。新しいのではないけど、ヨーロッパの鳥ナイチンゲールの歌。ボーイソプラノの一番美しいのは、こういった素朴な歌ではないかしらね。

投稿: maa | 2016年11月 3日 (木) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリ国立オペラ座少年少女合唱団 | トップページ | El Rossinyol * ナイチンゲール * 夜鳴鶯 * 渡り鳥 »