« パリ木の新しいアルバム * a Cappella * | トップページ | フーゴ・ヴォルフ五重奏団 コンサートとウィーンの音 »

2016年10月10日 (月)

ハノーファー少年合唱団のプレトリウス

ずいぶん前に注文したCDがようやく届きました。マーケットプレイスは海外便が多いから時間がかかりますね。

今日届いたのはハノーファー少年合唱団の「MICHAELISVESPER」

プレトリウス(Michael Praetorius)をメインにした16世紀ごろの宗教曲集です。

ハノーファーのHPに行くと、試聴できるページがあり、「今月の試聴盤」みたいな感じでさわりだけ聴けるんですね。それでこれは好きだなあと思いました。(今は月もかわったのでこのCDは試聴できません)

体感的な印象だと、北ドイツの合唱団だしドレスデン・クロイツに近いのかなと。正統派で若干地味めで、丁寧に宗教音楽に取り組んでいる。

ただ大幅に違うと思ったのは、ソロの起用が巧みであること。クロイツは何度かコンサートにも行きましたが、合唱だけで完結しておりソロは少ない。一人か二人は聞けますが、合唱との関わりは感じられず、流れの中のソロではなく、あくまでもソロで1曲歌うという感じでした。

このハノーファーのCDでは、古楽器独奏とソロ、そしてアンサンブルから合唱へのつながりがすごくいい。専門知識のない私でも、その編曲の豊かさに面白みを感じます。

それとソロの声質が他の声を阻まない協調性のある声であること。合唱とも楽器ともなじむ声でありながら、もっと聴きたいと思わせる魅力のあるソロであること。このような16世紀の宗教曲では、そんな声で歌ってもらえるのが最高です。

古い宗教音楽は単調な繰り返しが多いですね。ソリストたちの声は特段スーパーでなくとも、単調な旋律に華を添える濁りのない歌声です。それは大人だけの演奏では得られない現象で、聴いている者たちの心を自ずと浄化してくれる。

全編をとおして、ソロとコーラスの掛け合いのような形式で、古楽器の音色が優雅ですね。飽きないですよ。何度も聴きましたが・・・。



このCDのPVです。ケースの角がRになっているのが見えますか?ちょっと贅沢なつくりのケースなのです。シックなボルドーカラーで、この秋に聴くにはびったしの雰囲気といえましょう。

✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧✿ฺ ♧✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧

解説書きに、演奏者の写真が掲載されていました。団員たちも無名扱いでないのが嬉しい。録音:2008年10月2日~5日

Img315_1024x512

✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧✿ฺ ♧✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧ ✿ฺ ♧

追記!!!
本日は月曜日です。今夜11時25分からNHKEテレの「旅するドイツ語」をお忘れなく。またウィーン少の子たちが発音のお手本で2秒か3秒出るかもしれません。


|

« パリ木の新しいアルバム * a Cappella * | トップページ | フーゴ・ヴォルフ五重奏団 コンサートとウィーンの音 »

ドイツ・オーストリアの合唱団」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

ここで視聴可能です↓

https://www.amazon.de/Michaelisvesper-Joerg-Breiding/dp/B007AH0UOC/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1476103401&sr=8-1&keywords=MICHAELISVESPER

男声(1曲目など)はグレゴリア聖歌を思い浮かべました。
古楽器と宗教曲の組み合わせは当時の雰囲気を体感できて好きです。

投稿: ABC | 2016年10月10日 (月) 22時21分

ドイツで試聴できましたか。ありがとうございます。
グレゴリオ聖歌、そうですね。そこにボーイソプラノがアクセントになって、テナーやバスと紡ぎだす私の好きな音の世界が生まれます。

投稿: maa | 2016年10月10日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリ木の新しいアルバム * a Cappella * | トップページ | フーゴ・ヴォルフ五重奏団 コンサートとウィーンの音 »