« WSK2017 モーツァルトコア Bプログラムの感想 4月30日*5月4日 | トップページ | WSKコンサート オペラシティホール&所沢ミューズ*Aプログラム 第1部 »

2017年5月12日 (金)

プレミアの巣窟

モーツァルトコアの数少ないオンエアが全国ネットではないということで、録画をYTにあげようかと思い、レコーダーの機能から持ち出し番組を作るというのを使ってできるかなと・・・。しかし失敗。

モバイルで見れますと書いてありましたが、全然見えない。PCも拡張子を判別できない。なんか自分が間違ったことしてるのはわかるのですが、何が間違いか、それがわからないのです。

変換しないと動画アップできないので、てっとり早く直にビデオ撮影してしまいました。笑

本当のやり方は、いずれ研究しようかと思います。画面が暗くなってしまったのですが修正に時間がかかるので、そのままでアップしました。拡大するとテレビ画面のモワレが出てしまうと思うので、小さいままで我慢してください。

こんなに短いわけです。笑

まだあるのかと思ってずっと待っていたんですが、なかったです(泣) 去年のほうがインタビューとかあって、内容的には充実していましたね。PPAPで尺使い切ってしまったみたいで、悲しい・・・ 

ソーラン節やってほしかったな。

clover  clover  clover  clover  clover

前回はBプロの途中までお話ししたのですが、金曜日は福岡アクロスホールでのコンサートがBプロです。アクロスにはステージから客席に降りる階段はついていますか?

「兵隊さんといっしょに」を歌うときに、フローリアン君が客席の前まで降りてくる演出があるのですが、先日の武蔵野市民文化会館には階段がなく、その演出は少しアレンジされていました。

フローリアン君の定位置はアルト。そこからテケテケテケと小走りにソプラノ側のステージまでやってきます。そこから客席最前列に向かって敬礼をしていくんですね。1人1人に話しかけるような仕草で、5~6人に敬礼。アクロスはどんなふうになりますかね?

ブラジルの先住民族の伝統的な曲も、以前はステージの縁にアルト軍団が腰かけて、センターブロックの最前列と至近距離で演奏していたのですが、それも武蔵野では変わっていました。

日を追って少しずつ変わっていくステージも、またそれで楽しいもの。私はしばらくコンサートがないので、次回はAプロの感想文も書こうと思います。

ネタばれはハスという方は、ご注意ください。

|

« WSK2017 モーツァルトコア Bプログラムの感想 4月30日*5月4日 | トップページ | WSKコンサート オペラシティホール&所沢ミューズ*Aプログラム 第1部 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

動画ありがとうございます。
外録だったとは思えない奇麗な音声でしたよ。

今回のブログは私への質問のような気がしてまたコメントさせていただきましたm(__)m

「兵隊さんと~」でF君の敬礼はステージ上のみでした。
階段はあって、昇降可能ですが、常時取り付けているのかどうかは特に気にしていなかったのでわかりません。
あ、ブルコアのときはフィリップ君が降りて来ましたよ。
この曲ではやはりmaaさまもアップされているDVDのシーンが浮かんできました。
可愛くて何度でも聴きたいです←まだ言ってる
この後に、続けてハバネラとか闘牛士の歌があればもっと盛り上がり、モーコアとルイス先生ならきっとイケると思ったのですが私だけでしょうか?←これもまた言ってる

ブラジル曲のアルト君たちはステージの合唱台に腰かけて歌いました。
この曲にしても「兵隊さん~」にしても何故かだんだん引かれているような気が・・・。

実際公演に行ってmaaさまが何度も足を運ばれるお気持ちがよくわかりました。
イェトミール君以外にも、ピエ・イエスのヤコブ君は真っ直ぐで綺麗な歌声がこの曲にピッタリで、maaさまが書かれていたように羽根があるような天使の歌声が感動ものでした。

チムチムチェリーのジョーゼフ君もなかなかの声量で実力者だと思います。
それに歌っている時の笑顔がまた素敵ですよね。

他にもまだ聴きたいと思う曲が多くて書き切れません。

ルイス先生のピアノの指は真正面席で全然見えませんでした😞

最後に手拍子で歌が聞えない場面がありとても残念だったことを付け加えておきます。
また公演の様子などお時間があればアップしてください。

投稿: ABC | 2017年5月13日 (土) 15時43分

はじめまして🙂
以前から沢山教えていただいています。
ありがとうございます。
1月にソウルで子供連れでいました😅

福岡もステージの一番端両サイドには階段ありましたが、兵隊さんもブラジルの曲も武蔵野と同じだったと思います。
ステージ降りたり、座ると前の人からしか見えないからかなぁと思いました。
私は最前列でしたので期待していたのですが🤣
今年のモーコアとても素敵です。
私も小学校低学年から母に連れられて聴きに行っていましたが、ある時からあんまり上手じゃないんじゃない😓と感じてずっと離れていました。
子供が小学生になって、また連れて行くようになったのですが、私個人の感想では4年前のモーコアにがっかりして、次のハイドンコアはパスしました。テレビの録画では、それなりに良いので福岡公演だけのことであったかもしれません。
一昨年、近場の福岡公演だけはとブルコアを聴きに行って、フィリップ君にやられて2公演追加。去年は初めから7公演。ますますのって、今年は8公演購入しました。残念ながら、いくつかはいけなさそうです。九州からは大変なんです😭
でも、ますます好きになりました。ちょうど子供が少年達と同じ年頃ですから、どれだけ鍛えられているのかと感嘆してしまいます。
去年は家族で2回ウィーンに行きました。ソウルにもいきましたし、家族にあきれられています😆
でも子供がもう少し離れられるようになったら、全国で聴きたいです😉
また教えてくださいませ😊

投稿: Junjun | 2017年5月13日 (土) 16時28分

追伸

福岡のピエ・イエズはレーニ君でした。
あのレーニ君がブラジルの曲の踊りは一番力強くて意外でした😅

投稿: Junjun | 2017年5月13日 (土) 20時41分

ABC様 レポありがとうございます。

これまで数回の公演で、合唱団としても徐々に軌道修正しているのかもしれません。メンバーたちが歌いやすいかどうか、最前列の反応を見てのこともあるかもしれません。またステージ縁に座って歌うことで、遠くの客席から見えない、どんな楽器を持っているか、それもわかりにくい。
最前列の人は楽しみではありますが、近すぎて真正面は正視できないですね。笑

「兵隊さん~」は、子どもたちのちょっとした芝居も見られて楽しいですね。F君が客席に下りることはファンからファンへ伝わっているでしょうね。それを待ってる方もいるかと思います。ある日突然また降りてくるかもしれないなと、思う部分もあります。
韓国のJoseph君だけでなく、今年のコアのメンバーは表情が豊かで心打たれます。ルイス先生はかなり厳しいと思いますが、終わると拍手と握手でメンバーを労いますから、そのチームワークを見るのも嬉しいことです。

私は大阪までしばらくの間コンサートがありません。愛知や倉敷などに行く友人がいるので、演出については時々訊いてみようと思っています。

投稿: maa | 2017年5月13日 (土) 20時49分

Junjun様 こんにちは
はい、お子様と一緒にソウルでも集いでもお見かけしました。
集いはあわただしくて、自分のことしか考えてないわがままものです。笑
でもメンバーがお子様に、英語はできますか?合唱団に入りたいですか?と訊いていませんでしたか。たしかSascha君だったかな。

ブラジルの曲は歌が始まるまでに、体の部分で音を出す時間が結構長いので、目の前に座っているメンバーを正視できないかわりに、ルイス先生の動きや離れたところにいるメンバーを眺めたりしていました。ただすぐそばにメンバーが座っているという、すごくミーハーな満足感に満たされていた感はありました。
Junjunさんは最前列だったのですね。ツアーはまだ始まって幾らもたっていませんから、演出も今後変わっている可能性はあります。千秋楽は東京まで来られますか?

WSKの歌唱力についてはこれまでもいろいろ言われてきました。私も内心はただならぬものを抱えていた時期がありました。でも2012年のシューコアで心が決まりました。今はそれぞれのコアの個性を伸ばしつつ、良い方向に向かっていると思います。カペルマイスターの指導力をすごく感じていると同時に、子どもたちの可能性も信じています。
お子様と一緒に九州じから各地に行くことは、本当に大変だと思います。予定通りにいかないことも多々ありますよね。今度同じ会場でお見かけしたら、その時はご挨拶させてください。

投稿: maa | 2017年5月13日 (土) 21時46分

Junjun様
追伸ありがとうございます。
ピエイエスはレーニ君でしたか。
レーニ君は、たぶん苗字みたいです。プログラムはレーニと掲載されていましたが、集いでもらったサインはFelixでした。でも先日抽選で当たったキヤノンの色紙には、Leniと書かれていました。フェリックスが2人いるので、区別するためにそうしているのかと思われます。笑・・・。
私は時々間違えて書くかもしれません。m(_"_)m

投稿: maa | 2017年5月13日 (土) 22時07分

動画を見せて頂きました。
もう、笑いっぱなしでした。
これが現代のウィーン少年合唱の楽しい面の一つなんですね。
本当にたのしい~~~happy01
ちなみにPPAPなんて知らなかったけれど、ドイツので調べたらこんなのがありました。
https://www.youtube.com/watch?v=hcpI9auZmpI
少年達の歌を聞いた後でこれを見たら、本当は素敵な曲なのにこれにも大笑いです。
はっぴーな記事を有難うnote

投稿: ponko310 | 2017年5月15日 (月) 23時24分

ponko様
昔のことにしがみついてセンチメンタルになりがちなので、今を見て、一生懸命今のことも書いています。
PPAPはジャスティン・ビーバーがピコ太郎の動画を面白いって言いだして、なんか世界中に拡散したらしい。私が初めて見たのも、海外の人のインスタグラムでした。逆輸入みたいに日本でも広まりました。
子どもたちはテレビ局という特別な場所で、流行りのものをやるのが楽しいんでしょうね。
ご紹介頂いた動画、なんて素敵なの!でもPPAPだと思うと、笑っちゃうhappy01 国内外でいろんなバージョンが作られたそうです。再生回数がすごくてびっくりですね。
21世紀の少年たちは、この時代のやり方で「合唱団員」をやっています。見守っていきたいです。

投稿: maa | 2017年5月16日 (火) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WSK2017 モーツァルトコア Bプログラムの感想 4月30日*5月4日 | トップページ | WSKコンサート オペラシティホール&所沢ミューズ*Aプログラム 第1部 »