« ドラキーズ 日本ツアー千秋楽 文京シビックホール | トップページ | 明日の「世界ふしぎ発見」を、楽しんで! »

2017年8月20日 (日)

イネシーナ Inesina * Escolanía de El Escorial

rainthundertyphoonthundertyphoon お天気が定まらず、昨日は多摩川の河川敷がすごい嵐でしたね。

昨日は葛西臨海公園に行きましたが、夕方5時ごろ雲行きが怪しくなり急いで帰ってきました。電車移動中に、大きな雨は去っていたようです。

note  note  note  note  note

スペインのエルエスコリアル少年合唱団・・・ Escolania del Escorial

まあ、私がCDのジャケ買いで散財しているという意味では、ナンバーワンの合唱団です。

とりあえずは飾っておきたい欲望にかられ買っちゃいます。外見も中身もグラフィック的に充実しております。レコーディングに参加したメンバーの名前もきちんと印刷されています。これは私にとって大切なこと。

誰が歌ったかということを、風化させないでほしいから!

ジャケット写真は単純に少年たちがそろって撮影するとか、ロイヤリティなしの宗教画をつかったほうが、安くあがるんですよね。少年合唱のCDはもともと初回生産数だって少ないはず。そして売上も限りがあって、そのまま廃盤のみちをたどることが多い。(その割に廃盤CDは、後にコレクターズアイテムとして高額になることもあります。高額で取引されても、合唱団側はもうからない現実。)

そんな現実をうっちゃって、とてもチャーミングなデザインのジャケットを作ってくれて、レパートリーもありきたりじゃない曲を取り上げたりする。WSKのGoes popみたいなのもトライしているんですね。あまり上手とは言えないけど・・・笑  ですが王立修道院付きの聖歌隊なのに企業努力を怠らないところが気に入ってます。

そんな彼らの動画に、「イネシーナ」がありました。

調べているうちに、イネシーナには原曲があることがわかりました。

勝手にリンクさせたらまずいかな? 怒られたら消します。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1340005758

そこで「Tres Hojitas」で検索すると、いくつもありました。埋もれた名曲かと思っていたら、全然メジャーだった。「Inés」で上がっているのもあり、意外と検索不足だったことが判明。「Tres Hojitas」としてエスコリアルが歌っている動画もありました。

さて、こちらの動画は20分以上あります。ソロ歌唱はありませんが、合唱が充実してチームワークの結集という感じがします。

「イネシーナ」は3曲目、カウントで1分54秒  最後の曲アルカデルトの「アベ・マリア」も素晴らしいです。


2016年11月の収録

note  note  note  note note


「魔笛」と言えば、3人の童子ですが、この愛らしい「きれいな鈴の音」を選曲しているところが、この合唱団のなせる技なのです。映像と録音は別物ですが、良い動画だと思います。

音源はEMI パニス・アンジェリクス

note note note note note

実は検索中にもう一つ珍しい音源に出会いました。かなりあ少年少女合唱団のFBですが、2013年8月22日付で公開になっています。FB上ならシェアも可能かと思いますが、ここにはもってこれませんのでURLを貼りますので興味のある方は聴いてください。

ただし音源だけで映像はありません。1982年頃の録音とあります。真っ黒い画面ですが、クリックすると音が聞こえます。

合唱団のボイストレーナーさんがトレブルの頃に、そのお兄さんとデュエットで歌っている「きれいな鈴の音」、魔法の鈴ともいうのかな。アルトとソプラノで、古い音源ながら素敵でした。ドイツ語で歌われています。

https://www.facebook.com/canariachor/posts/640286482655967


|

« ドラキーズ 日本ツアー千秋楽 文京シビックホール | トップページ | 明日の「世界ふしぎ発見」を、楽しんで! »

フランス・スペインの合唱団」カテゴリの記事

コメント

maa様
続けてコメントごめんなさい。
前のお話でmaaさんがアフリカの楽器をとの事、maaさんのお熱とお力がどれほどか更に理解出来ました。
マリンバは良く知っている楽器ですが、カリンバという楽器はmaaさんに教えていただくまで知りませんでした。
maaさん 楽しみながらお勉強なさって いつかお会い出来た時 ぜひ聴かせてくださいね。
さて イネシーナ!懐かしい曲名にどきっとしました。
昔むか~し 50年以上前 スペイン聖十字架少年合唱隊来日の際のプログラムの一曲でしたよね?
イネス シネシーナ シネシーナ イネスって歌声 が心に残っています。(歌詞違って記憶しているかも)
maaさんがお話なさっている合唱団とは違う合唱団のお話でごめんなさい。
でも なんだかとても嬉しかったんです。この曲やグラナダとかアディオスとかマルセリーノとか大好きな歌が浮かんで来てしまいました。
カリンバの伴奏ではなかったですが(笑) 伴奏付きの素敵なステージでした。
maaさんも聴かれましたか?

投稿: eK | 2017年8月20日 (日) 20時31分

ek様 うれしいコメントありがとうございます。

スペイン聖十字架少年合唱団の名前が出てきました。数年前にオムニバスの復刻盤CDを買って、イネシーナやマルセリーノを聴いていました。
親と一緒でなくては何もできなかった頃、コンサートなど夢の夢。いえ夢にも考えなかったですね。たぶんテレビは見たのでしょう。でも忘れてしまいました。少女雑誌の切り抜きを随分長いこと持っていましたが、それも今はなく・・・。

以前このイネシーナのことを少し記事にしたことがあります。

http://pommier.cocolog-nifty.com/pointvirgule/2016/01/post-c9d0.html

カリンバはシンプルな楽器です。お土産用に2~3千円で南アに行くと買えるって、友人が笑っていました。

投稿: maa | 2017年8月21日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラキーズ 日本ツアー千秋楽 文京シビックホール | トップページ | 明日の「世界ふしぎ発見」を、楽しんで! »