« 明日の「世界ふしぎ発見」を、楽しんで! | トップページ

2017年9月10日 (日)

ずっと昔のカペルマイスター

探し物をしていて偶然見つけた記事でした。

https://slippedisc.com/2017/09/death-of-a-viennese-conductor-84/

ウィーン少年合唱団のカペルマイスターだった方が.去る9月4日(9月3日の誤りでした。)に亡くなったという内容でした。古いレコードで見たことのあるお名前ですが、昔のことなので詳しくは知りません。

Dsc01221_640x480

調べてみると、1959年に来日したコアの指揮者でした。

WSKのFBでは取り上げていませんでしたが、日本に来られた方でもあるので訃報のみですがここには残したいと思いました。

フランツ=クサヴァー・マイヤーさん。Franz=Xaver Meyer

これは海外の古い公演プログラムのコピーですが、そこにマイヤー氏が載っていました。わ~っ すごい・・・と引いちゃうくらい、オールドなプログラムです。1960年頃かな?

表紙以外はモノクロで、初来日の写真なども載っていますが、今日はごく一部のみ掲載します。

Img355_457x640

Img356_443x640

4枚の写真は1950年代後半から60年代前半に活躍したカペルマイスターです。

上段左から1955年初来日のトラック先生、右1961年ランク先生、下段左1964年フロシャウアー先生、右1959年マイヤー先生となります。

昔の方は落ち着いて見えますが、皆さん20代なんですね。すごく若いの。

記事を見ると、享年84歳とのこと。ご冥福をお祈りします。

shadow night  night  night  night

何か古い録音がないかと探していたら、1959年ではないのですが、SP盤でソロが見つかりました。1945とレーベルのところに印刷されています。1945年?

昔の録音技術の時代なので、ベターランド的な揺れる細い声ですがあっきれいだな、好きだなと一瞬で思いました。例えばヤコブ君の天性の声なら、これくらい歌えそうな気がして放っておけなくなりました。SP盤は78回転なんです。今のレコードプレイヤーは33回転と45回転なので、専用のプレイヤーがないと聞けません。昭和30年代に消えた回転数かな。笑

spade  spade  spade  spade  spade

spade  spade  spade  spade  spade

最後は、マイヤー先生におくります。少し前のシューベルトコアの優しい歌声と、まだ幼さの残る懐かしいメンバーで、モーツァルト 「アヴェ・ヴェルム・コルプス」

シューベルトコアお好きなかたは、どうぞ全画面でご覧ください。

|

« 明日の「世界ふしぎ発見」を、楽しんで! | トップページ

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

マイヤー指揮者がお亡くなりになった事、誰よりも先にmaaさんが教えてくれました。
ありがとう。
マイヤーさんは72年来日組のプレフェクトが団員だった時の指揮者だったんですよ。
その隊は日本で映画「いつか来た道」でものすごく美しい歌声を聞かせてくれました。
しんみりしているところにレコードのプライヤー指揮者の隊の元団員だった方からマイヤーさんの慰霊式が10月8日にウィーン少年合唱団のMuthで行なわれると通知が送られてきました。
プライヤーさんの前がマイヤーさんだったそうです。そしてその隊は72年組と繋がっていて・・・・。
この動画の歌声はすべてこの指揮者たちが引き出してくれたんだなぁ、と益々しんみりしています。

投稿: ponko310 | 2017年9月12日 (火) 03時17分

こんなに同じタイミングで、ponkoさんのご友人の少年時代とつながっていく記事になるとは、思ってもみませんでした。

マイヤー指揮者が逝去された記事を偶然見つけましたが、知識も思い出もなく、どうしていいかわからずに数日が過ぎました。でもフルトモーザー先生が亡くなった時には、WSKのFBに当時の写真迄載せられ、その中にはフルトモーザー時代のタイマー隊の団員を見つけたりしていました。
それを思うと訃報を知らされないことに違和感を覚え、お知らせだけでもしておきたいと思ったのです。

10月8日に追悼式が行われるんですね。それを聞いて安心しました。

72年組のプレフェクトはHさんですね。あの方はマイヤー先生の教え子だったんですね。映画「いつか来た道」のオペレッタシーンは、映画の一部にしておくのが惜しいほど素晴らしいです。

今は4つのコアが交替で毎年来日する。でも不在の3年間に様々なことがおこります。まして、4コアが3年に一度の来日だったころには、どれだけ多くのことが起こり、大勢の団員たちが入団し退団していったか。その中でこんなふうにつながったことが不思議です。

ponkoさんがドイツ語に翻訳したブログの記事を、マイヤー先生も虹の橋で読んでいらっしゃるかもしれない。ライニーさんへの感謝が、マイヤー先生にも伝わりますように。

投稿: maa | 2017年9月13日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日の「世界ふしぎ発見」を、楽しんで! | トップページ