« パリ木の古い公演プログラム | トップページ | WSKのアメリカ公演 秋の部(ブルックナーコア) »

2017年11月19日 (日)

Christmas in Vienna

今年の「クリスマス・イン・ウィーン」は12月16日ですね。(プレビュー公演は15日)

http://www.christmasinvienna.com/#home

去年のこの時期は、モーツァルトコアのメンバーもよく知らないころでした。後でよく見るとソリストはイェトミールだし、コーラスの中にもたくさんモーコアメンバーがいて、あわててすスクショしまくったりしました。

今年のWEBサイトに出演者が記載されてます。元フローリアン少年合唱団のアロイス君が単独で出るようです。合唱団の名前はない。もしWSKと共演でフローリアンも出演してくれたら、クリスマスに素晴らしく映え渡るステージになったんですけどね。残念だわ・・・。

またORFの放送をYoutube経由で楽しめるといいなと思っています。

http://tvthek.orf.at/profile/Wien-heute/70018/Wien-Heute/13954026/Praesentation-Christmas-in-Vienna/14179022

ORFの告知だとハイドンコアが出るようですね。去年はシューコアとモーコア。2015年はシューコアとブルコアが出ているね。2014年はブルックナーとハイドン。今年なんとなくモーツァルト出そうじゃありません?

bellxmasbellxmasbellxmasbellxmasbell

これは2016年の映像です。WSKメインの部分を途中から始めます。最近のYouTubeは始点を決められるようになったので、長い動画は貼りやすくなりましたね。でも止められないので、放置すると最後までいっちゃいます。

34分ぐらいからAngela Denokeさんとイェトミールとが歌う「I wonder as I wander」があり、その曲の終わりぐらいまではWSKが続きますね。

それから男性歌手のあとに再び合唱団が参加します。

bellxmasbellxmasbellxmasbellxmasbell

イェトミールの美声は宝石のようですね。天の光をあびてますます輝いている。声に形はないのだけど、彼の声は輪郭を感じます。そして光を放っているの。・・・わけがわからん? そうかもしれない。感覚なので、言葉にしづらい。

そして前にも書いたけど、ヤコブだけが後ろで手を組んでいるでしょう? なんか昔のウィーン少みたいで、すっきりしていいなと思う。他の子たちは体の横においた腕が、もはや暇そうに見えてしまう。背中の後ろで腕を組むと、プラモみたいにかちっと組み込み完了。オールドはそこで落ち着くんです。笑

「Leise rieselt der schnee」はWSKが歌ってほしかったですね。本当にきれいな情景が浮かぶ曲で、子どもたちだけの歌声が理想です。

ウィーンアカデミー合唱団・・・と訳せば良いのか、大人たちが歌っていますね。その中にオリバー先生やルイス先生を見つけるのも楽しみのひとつ。

ここにはった動画を見終えたら、YouTubeに行ってもう一度最初からご覧ください。ランタンを持って入場するWSKは、最初の曲「ハレルヤ」のコーラスから、バルコニーに上がって歌います。長いようであっというまの1時間です。

bellxmasbellxmasbellxmasbellxmasbell

バートテルツ 少年合唱祭

テルツファンは、直接ミュンヘンに行くようだと書いたことがあります。たまたまそういう方とお話したんですね。同じ飛行機に5人ぐらい少年合唱祭に行く人がいたそうです。

その少年合唱祭が、来年から2年に一度になるそうです。テルツのFBでこのサイトが公開リンク付されていました。

https://www.merkur.de/lokales/bad-toelz/live/2018-kein-knabenchor-festival-9371076.html

諸事情についてはわかりませんが、バートテルツ市と合唱団との間で決まったことだと書いてありますね。来年は開催されません。次回は2019年5月30日から6月3日まで。

行かれなくても、参加する合唱団のことや動画などで楽しんでいたので、これは残念です。

bellxmasbellxmasbellxmasbellxmasbell

|

« パリ木の古い公演プログラム | トップページ | WSKのアメリカ公演 秋の部(ブルックナーコア) »

Tölzer Knabenchor」カテゴリの記事

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

maa様
後10日もするとAdventに入るんですね。
あちらこちらからクリスマスイルミネーションのニュースが聞こえて来ますね。街はもうクリスマス気分なんでしょうか?
今年のORFのウィーンのクリスマス番組にモーコア登場だと良いですね。
そうしたらmaaさんの懐かしい素敵な天使さんに会えるんですものね。
私もクリスマスを迎える準備を始めようとまずは「Messiah」を聴いてしまいました。 ポズナニの天使達がドイツ語で歌ってくれています。
普段Messiahは英語で聴く事が多いのでこの彼等の演奏お気に入りなんです。(ポーランド語のMessiahはどんな感じになるのでしょうね)
Adventに入ったら私もウィーンのクリスマス気分を味わっていきたいと思います。
皆様が素敵な楽しいクリスマスを迎えられますように!
ちょっと早すぎるご挨拶でしたね。

投稿: ek | 2017年11月22日 (水) 19時31分

ek様
ハロウィンが過ぎてから、もう気分はクリスマスです。

WSKのHPを見ると、ハイドンのページには、この秋はウィーンにいて、ホフブルクのミサ、Muth、クリスマスのアドベントのコンサートはモーツァルトコアとともに歌うと書いてあります。なので、クリスマス・イン・ウィーンはきっとモーコアが出てくれると期待しています。シューコアはドイツ、ブルコアはアメリカツアーで忙しい。なので消去法でモーコア出演と、かってに答えを出してしまいました。・・・ ちがったら悲しい。

メサイアは英語で歌われるのが一般的ですね。ポズナニはドイツ語で歌っているのですか? 美しい旋律の曲が多いですが、英語の滑らかな音感に慣れているので、ドイツ語だとどんなふうになるのでしょう?

去年はボーイソプラノの「How beautiful are the feet」をYoutubeでたくさん聞きました。今年もまた聴こうと思います。

12月に入ると、毎年恒例のWSK公式アドベントがHPで日々更新されます。今年はどんな曲とどんな写真が選ばれるか楽しみです。

投稿: maa | 2017年11月23日 (木) 15時01分

maa様
クリスマス イン ウィーンにモーコア登場を期待しましょう!
顔見知りのメンバーが登場したら、楽しいクリスマスが更に楽しい気分になりますものね。
そうなんです、ポズナニのナイチンゲールさん達がMessiahをドイツ語で歌ってくれています。
1985年に録音したレコードなんですが、先生が贈ってくださいました。
先生「ポーランド語ではなく、あなたが聞き慣れているドイツ語です」って笑っていらっしゃいました。(私がWSKやThomanerが好きな事をご存知だったので)。Messiahの全曲ではなく、Sinfoniaと合唱部分15曲の抜粋盤なのですがMessiahの楽しい雰囲気は十分感じられます。
確かにドイツ語だとちょっとバッハの曲みたいに錯覚しちゃいます。
でも、変な言い方ですが、ヘンデルはバッハよりスーッと心に入ってきます。
バッハは聴きすぎているせいでしょうか?(笑)
難しく感じてしまいます。

投稿: ek | 2017年11月23日 (木) 18時51分

ek様
どおりで、YouTubeを探しても見つかりませんでした。ドイツ語で、How beautiful~の曲名を調べてみました。「wie lieblich ist der boten schritt」というのですね。でもボーイズの歌唱は見つけられず・・・。
1985年のレコード録音をekさんはお持ちなんですね。先生が下さったなんて貴重な品ですね。きっと日本では手に入らない。
私もそうですが、レコードプレイヤーは必需品。質の良いものに買い換えたいくらいです。

Thanksgiving day が終わり、いよいよ本格的にクリスマスシーズンが始まりました。

投稿: maa | 2017年11月25日 (土) 03時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パリ木の古い公演プログラム | トップページ | WSKのアメリカ公演 秋の部(ブルックナーコア) »