« ロシアの番組から、モーツァルトコア | トップページ | PCCB ロッテコンサートホール(ソウル) »

2017年12月23日 (土)

パリ木の十字架少年合唱団 韓国公演の16日、17日

bell xmas heart bell xmas heart bell xmas bell

bell xmas heart bell xmas heart bell xmas bell

この動画、今年の韓国ツアーに参加したメンバーですが、「アンニョンハセヨ」の前の言葉が日本語のコンニチハと聞こえてしまう。

12月16日城南アーツセンター、17日ソウル市内ロッテ・コンサートホールでの公演に行ってきました。

Youtubeにはまだ動画は上がっていませんが、ロッテのホールにはカメラが入っており、そのMBSのFBで少し映像を見ることができます。←MBCTVshowにリンク

コンサート全般の動画がアップされたら、後日詳しく書くつもりですが、去年の日本ツアーに引き続き、今年も彼らの演奏を聴けて本当に嬉しかったです。

昨年の日本公演は地味コンと評されましたが、こちらのリクエストに応えてくれて、「ミュージック・ユニベルセル」と「猫のデュエット」がアンコールで加わり、最終的な印象としては伝統とモダンとで、パリ木らしい優雅さと気品に満ちたコンサートになりました。

bell xmas heart bell xmas heart bell xmas bell

韓国でのプログラムはフランスのクリスマス・キャロルもありますが、英語の曲がアンコールで数曲、それからミュージカルの曲など、昨年の日本公演とはかなり違って楽しめる要素がふんだんに散りばめられていました。

ソプラノの中心はマクサンス君とポール君、今年からツアーに参加しているセレスタン君がソリストとして歌ってくれました。彼の声がクラシックなパリ木の感じで、クリアな高い声で素敵でした。ポール君は風邪気味で何度か咳をしていましたが、歌声は泣かせる声でした。風邪のせいであの声になったのかもしれない。韓国の懐かしさのあるメロディを歌った時の彼の声は、涙声とでもいうのでしょうかね。よかった・・・・・。

なんといってもアルバン君のソロが素晴らしくてうるっときました。なぜなら彼は来年卒業ですから、韓国ツアーで歌うのはこれが最後です。自分自身がここまで旅して聴きに来ることができたという感慨もあり、自己満足ですけれど、すごくすごく感動。実は私の隣の席にはアルバン君のご両親がすわっていらしたのです。それもあって、もったいないくらいの現実に、誰に何を感謝したらいいのかって思うほど世界中にありがとうという気持ちでした。

彼のソロは一度だけでしたが、曲は勿論「ミュージック・ユニベルセル」   昨年横浜では2階席の距離から聴きました。今回は目の前数メートルから届く声。アルトの落ち着いた響き、声の揺らぎと緊張感とが触れたらこわれそうなくらい繊細に伝わってきます。恵まれた容姿のアルバン君の姿は、合唱団の隊列の先頭で堂々たるオーラを放ち、長いソリストの経験から生まれた誇りにあふれた見事なステージでした。

韓国のお友達に大変お世話になりました。彼女のおかげで実現したんですね。

またパリ木を招聘している韓国のスパ・エンターテイメントさんがフレンドリーに接してくださり、わたくしのへたくそな英語に対応してくださって感謝しております。本ツアーのポスターを頂きたいという申し出に快く応じてくださいました。
韓国を旅していやな経験が一度もないのです。政治的には云々言われているのは確かですが、民間ベースでは忘れた日本の面影を宿す心根の方も多く、今回も街中で心温まる経験をしました。本当に楽しい旅でした。

bell xmas heart bell xmas heart bell xmas

Dsc_0236_640x480_3

Dsc_0237_640x482_2



Dsc_0260_640x640_2

Dsc_0261_640x640_2


Dsc_0262_640x640_2

Dsc_0263_640x640_3

Dsc_0264_640x640_2

Dsc_0265_640x640_2

|

« ロシアの番組から、モーツァルトコア | トップページ | PCCB ロッテコンサートホール(ソウル) »

PCCB」カテゴリの記事

コメント

ソリストのご家族がお近くにいるなんて。
 ご家族も最後の公演に韓国まで行くんですね。

 昨年の日本のプログラム、確かに派手ではないけれどパリ木らしいですよ。でも、コンサートなんで受ける曲も歌わないとということなんでしょうね。なら「森のこだま」歌ってとリクエストしたい!

 昔の日本公演のラストは「蛍の光」で会場の私たちも一緒に歌って締めるというのが定番でした。サイン会がなかったので、着物を着た追っ掛け女子が次々と前に出てきて、プレゼントを渡していました。

 パリ木の韓国バージョンを生で聴けて羨ましいです。
 
 

投稿: うさぎのはは | 2017年12月24日 (日) 13時42分

パリ木のメンバーは、韓国で本当に愛されています。同じ子が続けて来韓するわけですから、今年もこんにちはってことになりますよね。そんな状況ですからご両親を歓迎するファンもいらっしゃいます。
日本でもブルックナーやシューベルトの時に、ご家族が観光をかねてコンサートに見えていました。在籍期間の限られている少年合唱団ですから、きっとその間に是非ということなんでしょうね。

去年も着物女子が会場にいました。2008年もいましたね。彼女たちはパリ木一筋なのかな。昔はサイン会がなかったんですね。知りませんでした。韓国ではサイン会にすごい行列でした。思うに、主催者さんがとてもファンに優しく、ピリピリした空気がないので、会場を出るまでずっと和やかな気分なのです。
クリスマスシーズンなので、私は2008年の時のように、クリスマスイヴをまた聴きたいです。

投稿: maa | 2017年12月24日 (日) 19時19分

ご無沙汰しています😅
昨年末は多忙で なかなかコメント残せずっとすみませんでした。
私もね〜、パリ木の韓国語の挨拶の前 絶対に コン二チワ〜〜って言ってると思います。近い国だから、意外に言語も理解し合えていると感じる外国の方もいますものね。
何れにしても ちょっと遠出すれば 外国まで聴きに行ける今 幸せですね。maaさんの行動力に乾杯🍷 そう〜僅なことを我慢して後悔しないことですよね。沢山良い音楽を味わえる幸せを思いっきりEnjoyして下さい。Let's enjoy 🎶🎉

投稿: natal | 2018年1月 7日 (日) 21時30分

natalさん お元気ですか?
韓国は海の向こうですが、あっというまに着いてしまいます。冬は寒いけどね。今回は雪も降って、飛行機が飛ぶかどうか心配でした。笑
行動力は全然ないのですが、知りあいがチケットを手配してくれたので、なんとか行くことができました。これから何回聴けるかな?と思ったら、できるだけのことはしたいと思う今日この頃です。
招聘元が親切でありがたいです。城南アーツセンターで作業服みたいなジャンパー姿のおじさんが、ファンの方に「ファミリー、ファミリー」とかって声をかけ、団員と記念写真を撮っていました。遠方からグループで見えたファンでしょうか? 良く見るとそのおじさんが、なんと社長さんでした! ロッテホールでもロビーに出てらっしゃいましたよ。コンサートも、終了後のサイン会もなごやかでしたね。

投稿: maa | 2018年1月 8日 (月) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロシアの番組から、モーツァルトコア | トップページ | PCCB ロッテコンサートホール(ソウル) »