« Musique universelle | トップページ | Escolania de El Escorial 王立修道院少年合唱団 »

2018年1月 7日 (日)

ハイドンコア RECENT!

今年来日するハイドンコアをフランスのテレビ局が訪ねています。

明けましておめでとうございます。今年最初のご挨拶は、来日間近のハイドンコアの映像から。

ティナさんと共にフランスのお客様を迎えたのはレオ君のようですね。

ユニフォームの説明で乗馬学校で着用するものや、ツアーで来ている白いガラユニフォームのこと、それからメンバーの国籍のお話もされていました。

ソロで歌っているのはモーリッツ君。きれいな声ですね。

ミサの風景もありました。彼らの姿が少しずつリアルになってきた感じがします。

|

« Musique universelle | トップページ | Escolania de El Escorial 王立修道院少年合唱団 »

Wiener Sängerknaben」カテゴリの記事

コメント

maa様
新年おめでとうございます。今年も宜しくお願いします。
ブログ始めのハイドンコアの記事、ありがとうございます。昨年のモーコアの感動がまだ冷めやらずで、引きずって悶々としていましたが、少し頭の切り替えができた気がします。
モーリツ君?がソリストなのかな?生声を聴くのが楽しみになりました。
チャン先生も今回はどんな演出を企画されているんでしょうね。
これから正式にメンバーが発表されたり、公演地が出揃って来たりするうちに季節は変わり、キャッチフレーズそのままに初夏の風とともにやって来る天使君たち。
月日の経つのが早いことと言ったら、毎年「あ、という間」にWSKの季節が訪れます。

投稿: | 2018年1月 8日 (月) 00時18分

ABC様 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

公演地によってはすでにメンバーを掲載しているフライヤーもあるようです。クリスマス・イン・ウィーンではリシャン君がソロでしたね。きっと何人かソリストがいるのでしょう。前回来日したアッティラ君が二度目の来日となります。前回はそういえば9歳ぐらいだったのかな。今回は最年長ですね。ガブリエル君も楽しみな存在です。
歌声は素晴らしくジミー先生の世界も作り上げられている感じがします。日本は二度目でホールの音響なども経験されていますから、きっと前回にもまして空間の魔術師的な演奏も繰り広げてくださるのではと、期待大にして待っております。

投稿: maa | 2018年1月 8日 (月) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Musique universelle | トップページ | Escolania de El Escorial 王立修道院少年合唱団 »